« 高天神城 | トップページ | 小鳥の救助 »

2008年10月17日 (金)

掛川城

Kakegawajo1 11日夜に実家でいっぱいやっていたら、明日は掛川城の見学へ行こうということになりました。

掛川城は掛川の中心にある城跡で、全体が公園になっていて、昔から市民に親しまれたところです。私が小さい頃には公園の入り口付近に猿やクマカラスまでが檻に入れて飼育され、動物園だと思っていました。確か猿の名前は『カニクイザル:モモコ』だったです。

よく考えると、その頃からウン十年も訪れた事がありません。

Kakegawajo2 兄嫁と私達夫婦の三人が掛川城に着くと、迎えてくれたのは兄です。そうそう、どのような経緯でこうなったか知りませんが、兄は退職とともにここで観光案内をやっているのです。特に歴史に詳しいというよなことはなかったと思うのですが、スペインで何年か暮らしていたので少々外国語ができるのが買われたのでしょうか。

掛川城はご存知のように、東海道の重要なところにあるお城です。歴史的には山内一豊さんが城主だった事で有名、10年ほど掛川におられてその後土佐に移ったそうです。

天守閣は何回かの地震で崩れてしまったのでなかったのですが、平成6年に復元されたそうです。ある資産家の方がかなりの額を寄付していただいたと聞きました。

Kakegawamachi 写真の天守閣石垣は下の部分が当時のものそのまま、上の部分は積み直したものだそうですが、この辺は良い石が手に入らず、砂岩のように柔らかく脆いものでした。
もちろん天守閣も上れますが、階段は狭く急です。最上階に行くと四方掛川の町がよく見えます。昨日登った高天神城はこちらの方向です。

Kakegawajo3_2 天守閣を降りると御殿の見学、これはいわゆる執務室ですね。お殿様や家来の方がいろいろお仕事をする場所で、江戸時代のものだそうです。部屋が沢山あって、全ての部屋に入る事ができます。

|

« 高天神城 | トップページ | 小鳥の救助 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 高天神城 | トップページ | 小鳥の救助 »