« 松本城 | トップページ | わさび農場から白鳥 »

2008年11月24日 (月)

牛に引かれて善光寺参り

Zenkouji1 12月になるとおそらく気分的にも、どこへも出かけたくなくなるので、思い切って11月22~23日に長野県へ旅行に行ってきた。

南信州は近いのでよく行くが、それより北は大町、松本に一度行ったきり、長野市ははるか遠くだと思っていた。

ある目的があって、善光寺へ行こうと思ったのだから、誠に申し訳ないが、牛に引かれたようなものか。それでも仏様は許してくれると思う・・・・・・・。
Zenkouji3 家を6時ちょうどに出発した。途中高速道路は快適とは言えないが、渋滞もなく何とか長野まで到着する事が出来た。休憩時間も入れて約4時間の旅、迷うことなくお寺の北側の駐車場に車を入れた。しかし、ここからではお寺の裏口からはいる事になり、それでは面白くないと、山門、仁王門まで降りて再び上がってこようということになり歩いていった。

一度仁王門の外に出てしまうと、もう一つの目的というか本来の目的というか、それを果たしてしまった方がゆっくり参拝できるのでは、ということでそのお店を探す事になった。
Kasa2 それがこのお店「三河屋洋傘専門店」

以前、北割さんのところで紹介されていて、気になって気になってしょうがなかったのだ。手作りで、丈夫な傘を作ると評判のお店、私はこういった自分にはない職人芸というものにすごく憧れ、しかも弱いのである。店に入り傘が欲しい旨を伝えると、気さくなご主人が軽妙な語り口で次から次へと傘を開いて見せてくれる。
Kasa1 「うちの傘は丈夫すぎて、今度あなたに逢う事ができないかもしれない」と冗談を言いながら、笑っている。

話が面白いので、ついつい時間が経過してしまい結局私と二人の娘の傘は骨が16本の丈夫なものを、女房は記事が二重になっていて、雨に濡れると下の生地の模様が透けて見えるという「ほぐし織り」の傘を購入。なんと女房の傘一本で我々3人の傘全てが買えてしまうのだ。
三河湾の親父としては気に掛かるところ「何故三河屋さんなんですか?」とお聞きしたら、「我が家は代々ここの善光寺なんですが、三河屋という名前が世間では繁盛しているからそうしました」とのことだった。Kasa3 傘屋は三代目だという。

結局、家族の傘とプレゼント用に男性用一本の計5本を購入。
「こんな傘だったら雨の日が楽しくなる」と言った女房の声に嬉しそうに笑っていた。

細かいところまで気を配って、しかも丈夫な傘。いつまでもお元気で作り続けて欲しいものだ。

傘を持ってお参りとは行かないので、勘定だけ済ませ店に預けて再び参拝、ここで抜かりがないのが「この辺で美味しい蕎麦屋さんどこですか?」と聞いた事、やはり地元の方に聞くのが一番。
Soba教えていただいたのが「元屋」というお店、蕎麦専門店というのではなく、蕎麦プラスカツ丼や天丼なんて定食屋さんのようなメニューもあるが、蕎麦は確かに美味しい。この写真は、薬味たっぷりといったところで、なんという名前か忘れてしまった。これに盛り蕎麦が付いて、とにかくいろいろな味が楽しめる。

さて、改めて気持ちを引き締めて善光寺参りである。
Zenkouji2
しっかり、家内安全をお参りして「お戒壇巡り」もしてきた。久しぶりの完全な暗闇ってのを体験して、連なって歩く人たちの変な連帯感が出てとても面白かった。
Higasiyama その後、すぐ近くにある長野県信濃美術館 東山魁夷館で美術鑑賞、日本人なら東山魁夷さんを嫌いな人はいないと思う。

ここも傘もぜひ一度訪れて欲しいところである。
http://www.mdnagano.or.jp/mind/26/travel.htm

|

« 松本城 | トップページ | わさび農場から白鳥 »

コメント

こんばんは~
ものすごく充実した旅になりましたね。
そうでした!あの北割Hさんが買われた傘はここだったんですね!
奥さまが買われた傘、たしか北割Hさんのお嬢さんも買われたようか気がします。
雨にぬれると模様が浮き出るとありましたね。

お写真で気がつきましたが、善光寺の後ろは山になってたんですね。
この前は全く気がつきませんでした。

本堂の真っ暗な中を歩くの、聞いたことがあります。

木曜日頃雨の予報ですよね、楽しみですね(*^_^*)

投稿: おーちゃん | 2008年11月24日 (月) 21時08分

追加
北割さんのお嬢さんだけでなく奥さまもほぐし織りの傘買われましたね。

投稿: おーちゃん | 2008年11月24日 (月) 22時16分

そのとおりです、今回出かけるに当たって北割Hさんのブログをもう一度確認して行きました。
私の傘は骨が16本の普通の傘ですが、とてもさしごたえが良いのです。安定しているというか、落ち着いているというか。

女房の傘はとても良いですよ。
外側の色が真っ赤で、内側に絵が描いてあります。
雨に濡れてその絵が浮かび上がってきたそうですよ。

>善光寺の後ろは山になってたんですね。

望遠で撮っていますので、後ろの山がやや前に見えるのかもしれません、いわゆる望遠効果ってやつです。

投稿: からっぽ親父 | 2008年11月25日 (火) 07時10分

書き込みが遅くなってしまいました、三河屋洋傘店さんへ行かれたのですね。
趣きのあるお店、旦那さんの軽妙な語り口が良いでしょ。
ほぐし織りの洋傘も素敵ですね、我が家では女房と娘と一本づつ購入したのですがなかなか気を使うようですよ、忘れないようにとね(笑)
骨が16本と言うのは、やはり使い勝手が良いのでしょうね、私も購入しようと思ったのですが粗忽者の私ですから、もしも何処かに忘れてしまいそうですから断念しました。
良いご旅行のようでしたね。

投稿: 北割 | 2008年11月25日 (火) 22時17分

最近ちょくちょく北割さんの縄張りにお邪魔しています。
三河屋洋傘専門店も北割さんのご紹介がなければ全く知らなかったと思います。
おかげで良い傘が手に入ったと家族全員喜んでいます。

確かに忘れないように気を付けなければいけませんね。近くなったとはいえ、長野までの道のりは結構きついので、また買えばいいというわけにはいきません。

投稿: からっぽ親父 | 2008年11月26日 (水) 15時56分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 松本城 | トップページ | わさび農場から白鳥 »