« 検索フレーズランキング | トップページ | マトウダイの鍋 »

2008年12月 1日 (月)

ミノエビ

Minoebi1 久しぶりに【ミノエビ】が出ていました。半分くらいはまだ生きています。25尾くらいで1000円。以前このエビを買わなかった事で後悔したので、今回はしっかりゲットしました。俗に言う『外子』という卵を腹肢に付けています。ちょっと調べてみると、protozoeaで孵化するようですね。
Minoebi2 色は多少違うようですが、全て同じ種類だと思います。

腹部の(食べるところ)背側にかなり鋭い棘がありますが、殻がそれ程固くないのであまり危険は感じません。
Toge どうやって食べるかを考えましたが、当然生ですね。剥きながらいっぱいやろうかとも考えましたが、面倒なので剥いておく事にしました。視覚的には剥きながらの方がよいでしょうね。

Minoebi3 身の上に乗っている白いものは『ミソ』です。新鮮なので、甲羅を外して指でそっとつまめてしまいます。

ミソってのは節足動物や軟体動物では、『中腸腺』という組織らしいですね、肝臓と膵臓の役目をするところらしいです。え?すぐに忘れるからどうでもいい?ごもっともごもっとも。

大きいものは焼いてみました。
Minoebi4 甲羅を外してミソにかぶりつくと、結構鰓も歩脚も柔らかなので可食部が多いです。この内臓は濃厚で美味しいですね~。

刺身も身とミソをからめていただくとすこぶる付きの美味さです。

もうこれ、あんまり言いたくないけど美味すぎます。なので字を小さくしておきます。

|

« 検索フレーズランキング | トップページ | マトウダイの鍋 »

コメント

小さな字をメガネを掛けてみました(笑)
そんなに美味しいんですね~
ミノエビ・・初めて聞く名前です
今度、出会うまで覚えていられるかな~
魅力あるエビですね

投稿: 北割 | 2008年12月 1日 (月) 21時49分

おはようございます。

ミノエビは確かに美味しいエビです。
新鮮なので生で食べるのが一番でしょう。
甲羅とミソを取った脚と胸部はカラッと揚げると良いかもしれません。

こういったものは現地で食べるしかないので、残念ですが来て頂かなければいけませんが、これがまたいつ上がっているのかさっぱり分かりません。

私も一年に一度くらいしか見ませんので、こちらでは「幻のエビ」と言っても良いかもしれません。

投稿: からっぽ親父 | 2008年12月 2日 (火) 07時20分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 検索フレーズランキング | トップページ | マトウダイの鍋 »