« 日出焼き | トップページ | マグロ・・・ »

2009年1月 9日 (金)

正月過ぎのお魚は

Tai お正月でお金を使ってしまったためか、世の中が不景気なためか、正月過ぎの市場はどことなく活気がありません。

価格も右へならいで、大きなスズキとも呼べる魚が1尾600円、同じく巨大なマダイも5000円です。また、コノワタも暮れの半値ですね。

これは昨日の写真ですが、小さなアンコウと言っても、充分食べられる大きさです。7尾で500円と格安なお値段です。これを買ってきました。

大きなアンコウもキッチンバサミで捌くと簡単ですが、小さなアンコウも同じです。胸鰭を取って、延髄あたりからチョキチョキと頭を落とします。頬肉などは期待できないので惜しげなくレッコ。内臓は肝臓と胃だけを取り出し、胃は裏返して良く洗っておきました。

身はカエルのようにズルッと皮を剥き(意味がよく分からないかもしれませんが)皮も保存。一応、身、皮、鰭、肝、胃を確保しました。
Ankou これで家族4人で鍋にしましたが、贅沢なアンコウ鍋になりましたよ。

このように正月過ぎの一色さかな村は掘り出し物が沢山あります。ちょっと早起きして買い物に来てみませんか。

|

« 日出焼き | トップページ | マグロ・・・ »

コメント

スズキが600円安いな~今が狙い目ですね。
海釣りに行くより一色市場で釣り糸を垂れてみようかな?餌は袋に入れた600円!効率が良いですね、確実だし(笑)

投稿: 北割 | 2009年1月 9日 (金) 16時47分

確かに釣りに行くより安く上がることは確かです。
鮮度や魚の傷みは別ですが。

まあ、釣りには面白さって事もあるでしょうから
お金には換えられないのかもしれません。
子どもの頃は良く釣りに行ったんですが、最近は行きませんね~、余裕がなくなってしまったんでしょうね。

投稿: からっぽ親父 | 2009年1月10日 (土) 04時23分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 日出焼き | トップページ | マグロ・・・ »