« 常滑焼き | トップページ | ツグミ »

2009年1月14日 (水)

成人の日の想い出

三回目の成人式が目前ですが、私にも二十歳このころがありまして、今から三十ウン年前のことです。その頃は今のように無理矢理連休を作るという決まりがなかったので、1月15日が成人の日で統一されていました。

住民票は長崎に移動してありましたので、成人式の会場に行けばお祝いをしてくれたんでしょうが、何故か朝から一年先輩のKさん(写真右)に起こされ、潜りに行くというのです。場所は手熊の白浜海岸、海水浴場になっていますが左手にずっと進むと、岩礁地帯の小さな入り江が連続していてエダミドリイシの大きな群生地となっていますし、ウミバラなどの同じくイシサンゴ類が豊富に棲息していました。
Img_5961 この日はとても穏やかな日で、イシサンゴの観察をしたあと砂浜で潜って遊んでいました。

砂浜などはあまり面白くないと思うでしょうが、腔腸動物や貝類、また熱帯性の魚などが時々見られて面白いです。

違う季節ですが、同じ場所で産卵行動だったのでしょうか、ツキヒガイが無数に並んでいるのを見たことがあり感動しました。

この日は砂浜で寝ていたカワハギを手づかみして、写真はそのカワハギをシーナイフで調理しようと格好をつけているK先輩です。

このK先輩が以前『ナマコの想い出』の記事で、捕らえてきたナマコを、波打ち際で内臓を吐かせ、ニタ~と笑いながらコノワタをすすっていた方です。

ホント、あれから三十ウン年経ってしまいましたね~気持ちは変らないけど、体力だけは確実に落ちてしまいました。先程散髪に行ってきたのですが、きょうはどうします?という床屋さんに「たくさん切って、たくさんすいてください」と言ったのですが、落ちてくる髪の毛が少ないこと少ないこと。

そして、ひょんなことから歳をとったと実感したことがありました。それは、家族で鍋を囲んでいたとき長女の一言「このネギ、美味しいね~」という言葉を聞いたときです。

ああ、自分の子供が、ネギが美味しいと言う年齢に達してしまったのか・・・

|

« 常滑焼き | トップページ | ツグミ »

コメント

私も成人式の日は潜りに行ってました。
遠い昔の思い出になってしまったけどね。
寒かったのを覚えています。

投稿: 隠れファン | 2009年1月15日 (木) 10時22分

隠れファンさん、ありがとうございます。

成人式潜水は結構皆さん記念潜水でやっているんでしょうか?
冬の潜りは水に入るのに勇気がいりますよね。

ただ風邪のひき始めは冷たい海に入ると治ってしまうから不思議でした。

投稿: からっぽ親父 | 2009年1月15日 (木) 15時16分

懐かしいな~ 両面スキン
海に入るときは、ベビーパウダーでいつも浦島太郎状態でしたね

投稿: kin | 2009年1月15日 (木) 17時42分

kinちゃん、たくあん、美味しかったよ。
純米酒にピッタリの塩梅でした。

内側ジャージの着やすいスーツもありましたが
やはり厳寒期には寒かったですね。
ウェットスーツはやはり密着しないとね、温かい水が逃げていきます。

温かい水と言えば、下半身の温水は暖かくて天国だったなぁ~♪

投稿: からっぽ親父 | 2009年1月15日 (木) 21時16分

下半身の温水って・・・もしや・・・湯気の出る・・・あれですか!?

投稿: 越後屋久三郎 | 2009年1月15日 (木) 22時27分

そう、それです。
貴重な熱源なんですよ。

自分のものですからね~もう愛おしくて愛おしくて。

投稿: からっぽ親父 | 2009年1月16日 (金) 04時12分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 常滑焼き | トップページ | ツグミ »