« ギンナン | トップページ | イノシシ »

2009年3月15日 (日)

漢字

日本の総理大臣が漢字が読めないと話題になってから久しいのですが、私もとんでもない勘違いを数十年していたことに気が付きました。先日ラジオで聞いていたときのことですが、口腔外科の口腔、これは私「こうこう」と読んでいましたが「こうくう」が正しいのでしょうか?

もう一つは内分泌などの分泌、これは「ぶんぴ」だと思っていましたが、「ぶんぴつ」と読まれることが多くなってきたような気がします。なんかすっきりしないなぁ~。

|

« ギンナン | トップページ | イノシシ »

コメント

こうくう ぶんぴつ でええのとちゃうの???

投稿: 赤い人 | 2009年3月16日 (月) 19時45分

私も「こうくう」と「ぶんぴつ」と読んでいます。
でも、腔腸動物は「こうちょうどうぶつ」ですね。「くうちょう」とも読むみたいですが・・・どっちなんでしょね。

投稿: 越後屋久三郎 | 2009年3月16日 (月) 22時30分

職場でもいろいろな意見が出まして、このようなことでわいわいがやがや議論するのは面白いですね。

また同じ疑問を持つ方が結構いるようで、ネットで探してみるとほぼ結論は出てきます。
「分泌」の場合はこれ
http://oshiete1.goo.ne.jp/qa3779317.html?ans_count_asc=2
「ぶんぴつ」が正しくて「ぶんぴ」は慣用読みだそうですが、NHKは「ぶんぴ」を優先しているとのことです。
「口腔」の場合は
「こうこう」が正しくて「こうくう」が慣用読みだと言うことですが、医学用語では「こうくう」と読んでいるとのことです。
(正しいというのは適切な表現ではないかもしれませんが。)

お暇な方はリンク先をしっかり読んでみてください。

私の場合は、小学校の頃だったかに「ぶんぴつ」と読んだら先生に「ぶんぴ」だと訂正されたことがあり、それが数十年経った今も頭に残っているわけですね。

口腔の場合は、やはり生物関係からか
体腔(たいこう)腹腔(ふっこう)胸腔(きょうこう)と読んでいましたので、当然こうこうと読むことになったんでしょう。

越後屋さんのおっしゃる腔腸動物はもちろん(こうちょうどうぶつ)が正しく他の読み方はないと思います。

ただ少し疑問なのは腔を「くう」と読むのが医学関係の用語であるならば腹腔は(ふっくう)胸腔は(きょうくう)と言っているのでしょうか?

いずれにしても「分泌」「口腔」はどちらの読み方でも間違いではないようです。

投稿: からっぽ親父 | 2009年3月17日 (火) 15時03分

仰るとおり医学では腹腔は(ふっくう、ふくくう)、胸腔は(きょうくう)ですね。

投稿: 越後屋久三郎 | 2009年3月17日 (火) 21時30分

なるほど~・・・聞いてみなければ分かりませんね~。
私はどちらかと言えば、水産生物関係の人間なので腹腔(ふっこう)派ですね。

投稿: からっぽ親父 | 2009年3月18日 (水) 14時20分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ギンナン | トップページ | イノシシ »