« 携帯メール | トップページ | オオクチイシナギの刺身 »

2009年4月 6日 (月)

アイナメ

Ainame これも季節はずれかもしれないが、大きなアイナメをいただいたので刺身にしてみた。

アイナメを漢字で書くと【鮎並】なんだそうだが、これには味、姿、縄張りを持つことからそう言われていると書いてある。

個人的な意見だが、味や姿で淡水魚と海水魚を並べるだろうか?また縄張りを持つったって、鮎ならともかくアイナメの縄張りをどうやって確認したんだろうか。

それに【鮎並】ってなんだ?馬並みって言葉があったが、これは赤い人のことを言うんだろうが、良く意味が分からない。

しかし、アイナメの刺身は美味しかった。
ただし、寄生虫がいることがあるそうだから要注意。

|

« 携帯メール | トップページ | オオクチイシナギの刺身 »

コメント

鮎並ですか。刺身にすると癖があるので私はあまり好きではありません。但し、ある人によると洗いにするには極めつけの魚だとのことです。親父さんは鮎並を洗いにして食べたことがおありですか?

投稿: へるぞう | 2009年4月 6日 (月) 18時30分

今日から名前変えますわ。

魔物のごとく恐ろしいど!

ところで心機一転 ブログとか始めてみました。いつまで続くか・・・

投稿: 馬並み | 2009年4月 6日 (月) 19時17分

へるぞうさん
旬ではなくて、脂がのっていないので臭いが気にならなかったのかも。まあ、私の場合、ほとんど気になりませんがね。

あらいで食べたことはありません。
生で食べるのは初めてなんですよ。
大きなアイナメは高いですから、とても手が出ません。私の場合はワンコイン、500円以下が設定金額なんです。そう、稼ぎに応じての価格です。

投稿: からっぽ親父 | 2009年4月 7日 (火) 08時05分

馬並さん

ブログの題名は「焼き加減はいかがいたしましょう?」が良いと思ったのですが、ちょっと期待はずれでしたね~。ハンドルネームを変えているのに、ブログのアドレスは「昔の名前で出ています」ということでしょうか。

期待してまっせ。

投稿: からっぽ親父 | 2009年4月 7日 (火) 08時08分

はい、焼き加減へのこだわりは未だ健在。しかしその技を習得するには まだまだ修行が必要。なので、数年は昔の名前で再デビューとなりました。不本意ではあるけれど…仕方ない、これも飯の種やな~

投稿: 馬並み | 2009年4月 7日 (火) 09時11分

あなたはやはり魚を扱っている方が似合っているように思えますよ。
また協力できることがあったらいつでも言ってください、お金のこと以外ですが。

投稿: からっぽ親父 | 2009年4月 8日 (水) 14時51分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 携帯メール | トップページ | オオクチイシナギの刺身 »