« 春のアンコウ | トップページ | 越前焼き »

2009年4月15日 (水)

大荒れ

Yurikamome 昨日は昼前から雨が降り出し、その後は強い風も吹いて三河湾は大荒れの天候でした。

長崎県では漁船が転覆して、多数の行方不明者が出ておられるようで、一刻も早い救助が待ち望まれます。

ここ一色町でも朝から漁船が転覆したとの噂が駆けめぐり、安否が気遣われましたが、どうやら大丈夫だったようですね。

本当に春先の突風はあちこちで大きな被害を出すことが多いですね。

ユリカモメさんたちも風上に頭を向けて、風雨をやり過ごそうとしています。鳥たちは羽根が一定方向に生えているので、頭を風上に向けている間は羽根が逆立たないのです。したがって、写真を撮ろうと車を停めると、チョコチョコっと横歩きしながら遠ざかっていきます。

|

« 春のアンコウ | トップページ | 越前焼き »

コメント

昨日の雨はひどかったですね。
仕事の帰りがちょうど雨が一番ひどかった時間にあたりまして、傘をさしていたものの横から吹き付ける雨で真っ先にズボンがずぶ濡れになり、さらに駐車場が川になっていて、迂回もできなかったので靴のままジャブジャブ。そこまでは、なんとかまだ上半身は傘でぬれずに済んでいたのですが、車に乗り込む時に傘をたたんだら、バケツで水をかけられたように頭からずぶ濡れに。結局、頭の先から足の先まで全身ずぶ濡れになってしまいました。ずぶ濡れの中年男では絵になりません。

投稿: 越後屋久三郎 | 2009年4月15日 (水) 18時57分

確かに夕方からがひどかったですね。
もう雨が降ってもあまり寒くはないのですが、あのような雨では傘もあまり使えませんし、結局ずぶぬれになってしまいます。

越後屋さん、水も滴るいい男になったんだと思いますよ。

投稿: からっぽ親父 | 2009年4月16日 (木) 15時27分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 春のアンコウ | トップページ | 越前焼き »