« バカガイ | トップページ | マボヤ »

2009年5月 3日 (日)

伊賀焼き

Iga1 3~4年前に伊賀上野へ行ったときに買ってきました。その時には伊賀上野と狸で有名な信楽がすぐ隣だとは知らずに車を飛ばしていたのですが、行ってみたらビックリ。

信楽も回ってみたのですが、信楽のぐい飲みを買ったのかどうか記憶にありません。

この伊賀焼きはぐい飲みと言うより酒杯でしょうね。
Iga2 中央のくぼみにビードロ釉の緑が鮮やかで、伊賀焼きの特徴を表しているのでしょうか。

伊賀焼きと言えば五島美術館にあるという「破袋(やぶれぶくろ)」はぜひ一度実物を見てみたいものです。
http://www.gotoh-museum.or.jp/collection/index.html(茶道具→水差し 上段中央)

ネットで見るとただのいびつな失敗作のように見えますが、実際にはすごい迫力だと思います。(図鑑で見ました)老成した盆栽と言ったらよいのでしょうか、苔むした屋久杉と言ったらよいのでしょうか、私、こういったものが好きなんですよ。

|

« バカガイ | トップページ | マボヤ »

コメント

こんばんは。
五島美術館は源氏物語絵巻を展示してる時に
行きました。happy01
特別展示だったので、ぞろぞろと行列が出来てました。
たぶんそれだけを見て出たのだと思います。

投稿: おーちゃん | 2009年5月 3日 (日) 18時41分

おーちゃん、こんにちは。
お近くにいろいろな美術館があって楽しいですね。
阿修羅像、ありがとうございました。とても凛々しいお顔で素敵ですね。十年ほど前に私も観たことがあります。

さて、個人の収蔵品が、その方が亡くなったり会社が存続できなくなったりして散逸するのは悲しい話ですね、特に最近ではオークションなどで海外へ流出して、お金持ちの部屋に飾られ庶民は観ることができないなんて事が良くあるようです。

「破袋」一度鑑賞してきて下さい。写真は撮れないでしょうから、はがきがあったら送って下さいね~。

投稿: からっぽ親父 | 2009年5月 4日 (月) 15時06分

底の緑色が何とも言えず美しいです
夏でも温燗、テーブルにはサッパリとした新鮮な魚介で、向かいにはシットリとした女将が・・・。
良いですネ~・・・と思いを巡らしたら「いつまで飲んでるのよ!」と言う情緒の無い言葉が飛んできた。

投稿: 北割 | 2009年5月 4日 (月) 20時43分

こんばんは。
今よく読みましたら、五島美術館では
10日まで展示しているようですね。
場所が東京の西の端、うちからはとても遠いので
気合いをいれないと行けません。
もしも行くことがあったら絵ハガキを探します。coldsweats01多分無理かな。すみません。

投稿: おーちゃん | 2009年5月 4日 (月) 20時58分

北割さん
近いうちにもっと素晴らしい緑色をお見せしましょう。
奥様は北割さんのお体を心配してのことですよ、きっと、多分。

投稿: からっぽ親父 | 2009年5月 5日 (火) 14時45分

おーちゃん
そうでしたか、関東方面はあまり詳しくないので失礼しました。
「破袋」は貸し出してない限り常設だと思いますので、お近くにいらした際はぜひ。

投稿: からっぽ親父 | 2009年5月 5日 (火) 14時47分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« バカガイ | トップページ | マボヤ »