« またまたイネゴチ | トップページ | ウツボ »

2009年6月 3日 (水)

ビワの季節

Biwa1 ビワの木で作った木刀で撃たれると、何年か後に骨が腐る、というような話を高校時代聞いたことがあります。もちろん、そんなことはただの伝説でしょうが、木刀が作れるほどのビワならかなり年月が経過したものなんでしょうね。

ここのビワも実生で生えたものらしいですが、かなり大きくなっています。一番上までは5メートルくらいあるでしょうか。

ほとんど手入れはしていないし、まともに食べるつもりもないので、体裁に袋をかけてあるものもありますが、ほとんどはそのままで私が写真を撮りに行くと何羽かの鳥が飛び立っていきました。
Biwa2 気の持ち主はよく知っている方なので、少しいただいてきました。甘くてとても美味しいですが、昔から種なしビワを作ったら売れるだろうなぁ~と思うくらい、種の比率が高いですね。

ところで、剣道で思い出しましたが『自称剣道二段』の千葉県知事の話がネットで流れていました。

これは許せませんね、国家資格とか学歴詐称とかとは違うと考えているのでしょうが、私に言わせれば同じ事です。
http://www.yomiuri.co.jp/national/news/20090521-OYT1T00999.htm
二段を取得するってのは、並大抵の努力ではなし得ません。高校生になって剣道を始めた私は二段の審査を受けるには3年生になっていました。たまたま、日程が他の国家試験と重なっていたため受験することはなかったので、初段止まりでした。

錬士だか範士の方が「おまえは二段だ」と言ったとか、そんな簡単にしかも個人的に段位を発行できるものではないし、それじゃ努力している中学生や高校生に失礼です。

また、その当時クラブ活動や町道場で練習をしていた子供なら、確実に級位、段位を受けに行ったはずです。確かにそれだけが目的ではないのですが、子供たちの一番の励みになったことは確かですね。

千葉県知事さんは「今後も剣道二段を名乗る」ということですが、それはやめた方が良いですよ。剣道の持つイメージを完璧に下げてしまったですね。
剣道連盟のコメントはどうなっているんでしょうか。『名誉二段』とか発行しているのかな?

|

« またまたイネゴチ | トップページ | ウツボ »

コメント

千葉県知事も昔のイメージで爽やかかなと思ったのですが、ちっとも爽やかではないですね~。
もう一度砂浜と夕日に向かって精進してもらわないと・・・。

私も反省してしまいました、アカザではなくアサザです。申し訳なかったです。

投稿: 北割 | 2009年6月 3日 (水) 21時30分

まあ全剣連もややこしとこもあるんやけど、ケンサク知事にはがっかりでしたね。「すみません思い違いでした」って言ったほうが良かったわな。枇杷の木刀の話、うちのオヤジも言ってました。枇杷の木は柔らかいのでダメージは少ないようで、実は肉の奥に大きく影響するのだと。

投稿: 赤い人 | 2009年6月 3日 (水) 21時38分

「きっこの日記」をよく読んでいますが、
ケンサク知事はほんに心が腐ってます、ね。
枇杷、寒すぎて信州では実りません。
木は、いちおうあります。

投稿: ばんどり | 2009年6月 3日 (水) 22時14分

本当に最低な人間ですね、千葉県民は後悔しているんじゃないでしょうか?

北割さん
アサザですか?いずれにしても見たことがありません。水生植物なんですね。

赤い人さん
ビワの木刀の話はやはりあちこちで聞きますね。
我々が「型」の練習で使っていたのは赤樫でしょうか?
素振り用の太いやつは今でも持っていますよ。

ばんどりさん
ビワは信州ではなりませんか。
リンゴと同じバラ科の植物ですが、南方系なんでしょうね。

投稿: からっぽ親父 | 2009年6月 4日 (木) 11時16分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« またまたイネゴチ | トップページ | ウツボ »