« ミクリガイ(よだれ貝) | トップページ | 瑞雲山本光寺 »

2009年6月21日 (日)

イッテンアカタチの刺身

Akatachi1 魚が安かったと書いたが、このイッテンアカタチが200円だった。大きくて新鮮なので一部刺身にしてみようと思い、二尾の胴体部分のみの厚いところを刺身にした。小骨が少ないので、三枚におろしてしまえば、それ程難しい魚ではない。肋骨を削いで、中肋骨数本を骨抜きで抜いた。

あとは皮を引いて切るだけ。

Akatachi2 脂がのっているわけでもないが、特に癖があるということもない。まあ、あっさりとした刺身というわけだ。先日、塩焼きで食べたときの美味さがないのがちょっと残念だ。

残りの魚は塩をして干物にした。開いた方がよいのだが、面倒なのでぶつ切りの干物である。
Akatachi3 このまま袋に入れて持ち帰ったら、なにを勘違いしたのか煮魚と、ムニエルになって出てきた。いくらぶつ切りでも、その間違いはないだろうと煮魚を食べてみると、これがなかなか美味い。もちろんムニエルも美味い。

ついでに干物として食べたのだが、これまた美味い。

結論として、刺身以外美味い。

|

« ミクリガイ(よだれ貝) | トップページ | 瑞雲山本光寺 »

コメント

おぢちゃんも最近、伝説の紀州の魚屋さんみたいに、ヘンテコな魚ばっかし食べてますね。ええことよ、ええこと。
一度 干して水分を飛ばした魚、
旨みが凝縮してて 良い結果になったんでしょうね。しっかしこのアカタチ4匹で200円とは安いわな…ってか、売るほうも買うほうも食べたことない人が多いってこっちゃな。

投稿: 赤い人 | 2009年6月21日 (日) 18時19分

最近のおぢさんの書き込み興味深いです
相手にされない美味しい魚を教えてくれてるようで、今日のイッテンアカタチなんて聞いたことも見たことも、まして手に取ろうとは思いません更に刺身なんて・・・。

投稿: 北割 | 2009年6月21日 (日) 20時54分

赤い人さん
確かにその地区地区で珍重されるものが違うような気がしますね。珍しい魚なんて、見向きもされないんでしょう。

まあお陰で、美味しい魚が安価にてに入って、しかも好奇心も満足できて二重の喜びです。

投稿: からっぽ親父 | 2009年6月22日 (月) 05時31分

北割さん
紀州の元カリスマ魚屋さん、あかまんぼ氏がいろいろご指導下さりましたからね。
確かに高い魚が美味しいのは当たり前、不味かったら腹が立ちます。安い魚が不味くても、「ああ勉強になった」で済みますし、もし美味しかったら、ものすご~~~く徳をした気分です。

投稿: からっぽ親父 | 2009年6月22日 (月) 05時36分

ちょっと教えてください。
イッテンアカタチと違い人相の悪いクロシビカマスを、30センチ弱5ひき100円で買いました(室戸で)。鮮度が不明だったので煮ました。きれいな白身で味もよかったのですが、小骨の多いことと身の薄さでいやになってしまいました。
どういう食べ方をしたら良かったのでしょうか。

投稿: こびんす | 2009年6月22日 (月) 19時06分

これは赤い人さんの管轄ですね。
ぜひ教えてあげてください。

あまり大きくないようですから、三枚におろして
フードプロセッサーでミンチにしてみたらいかがでしょうか?
私、時々大きなハモでやっていますが、小骨も一緒に切ってしまい、美味しいですよ。

投稿: からっぽ親父 | 2009年6月23日 (火) 06時39分

こびんすさん
あれ、ヨロリとかヨラリとか呼ばれてますよね。美味いっけど、ほんまに骨が強い。通常 骨切りするときは皮を残して・・・ですが、切り落として煮付けて卵でとじる、とか。焼いて骨をはずして「ほぐし」身にするとかやね。

投稿: 赤い人 | 2009年6月23日 (火) 07時20分

早速にお返事ありがとうございます。

ミンチはいいかも知れませんね。ハモのすり身は美味しいですね(おすまし、スプーンでこそげました)。

小骨をきらう人がいるので、ほぐし身がいいかもしれません。炊き込みご飯にして注意して身をほぐすなど、試してみようと思います。

投稿: こびんす | 2009年6月23日 (火) 23時03分

一色には滅多に揚がらない魚なので、食べる機会がありませんでしたが、出ていたら話のタネにやってみます。

ああ、出ていて安かったらです。

投稿: からっぽ親父 | 2009年6月24日 (水) 07時31分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ミクリガイ(よだれ貝) | トップページ | 瑞雲山本光寺 »