« ミノカサゴの刺身 | トップページ | 業務連絡(赤い人さん) »

2009年8月 9日 (日)

サメの干物

Same1_2 サメの干物は全国の漁港で作られていて、結構その地域の名物になっています。 三重県のさめのたれや伊豆諸島のさめのクサヤも有名ですし、こびんすさんのお暮らしの高知県でもさめの干物があると以前教えていただきました。

ここ一色でも【魚清】さんにさめの干物が売られていましたので、きょうは味見です。

大将に「ホシザメ?」と聞いたら「これはドチザメです」とのことです。

薄く切って醤油漬けにして干したものでしょうか。薄いのですぐに焼けて嬉しいです。あまり焼きすぎないようにしました。
Same2 さめやエイなどの軟骨魚類は血液の中にアンモニアが含まれているので、ややその匂いがすることがありますが、(アンモニアが含まれているおかげで腐りにくいという利点があり、冷蔵庫がない時代は、海のない地域でも刺身が食べられるということでした)この干物は全くその匂いがしません。今も女房と長女が美味しい美味しいと言って食べています。

まだ正体が「さめ」だとは言っていません。まあ、我が家の連中はそんなことで怯むような人たちではありませんが。

|

« ミノカサゴの刺身 | トップページ | 業務連絡(赤い人さん) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ミノカサゴの刺身 | トップページ | 業務連絡(赤い人さん) »