« 一色町のアケビ | トップページ | ツルボ »

2009年9月30日 (水)

久しぶりの徘徊

昨年の五月徘徊した、西尾市の万灯山へ行って来た。
http://pinno601.cocolog-nifty.com/blog/2008/05/post_fe38.html
今回は、山の反対側、つまり「西尾市いきものふれあいの里」から歩いた。
山の高さは150メートルほどなので、それほどきついところはなく、道もしっかりしている。ただ、この時季スズメバチは恐ろしいので、気をつけながら歩いたが、3度ほどスズメバチに遭遇した。
Chou ただ、巣に近いような動きではなかったので、静止していたらどこかへ飛び立ったので一安心。

秋も少しずつ深まってくると、蝶の羽根はボロボロ。
Mizuhiki 山道の両側にはミズヒキの赤い色が鮮やかである。花はもう終わっているようだ。
Mantoyama4 見上げると、逆光の木々の間にジョロウグモの巣がとてもきれい。
Mantoyama3 動くものなら何でも食べちゃうんだろうなぁ~下にぶら下がっている残骸は同じジョロウグモ。右上にいるのは雄のジョロウグモかな?いよいよお腹がすいたら、色仕掛けで食っちゃうんだろうなぁ。
万灯山の頂上付近は「鍵万灯」と呼ばれる火を使った行事があるので、小さな草むらになっている。
http://www.city.nishio.aichi.jp/index.cfm/8,2106,91,408,html
ちょうど、その草の間からツリガネニンジンが今が盛りと咲いていた。
Mantoyama1 この植物も、帰化植物が多くなった近頃、人里離れた場所でないと見られなくなってしまった。
Mantoyama5 小さな山だが、西尾市の町が良く見渡せる。

|

« 一色町のアケビ | トップページ | ツルボ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 一色町のアケビ | トップページ | ツルボ »