« ムツ | トップページ | 早朝ウォーキング »

2009年10月17日 (土)

佐久島行

Map 今年も10月12日佐久島へ行って来た。
Sakusima1

昨年は9月中旬で、まだ暑い頃だったのだが・・・今年も実は散策していると汗をかいてしまう陽気であった。佐久島へ渡る渡船は9時30分に乗船、釣りに行く人や散策をする人たちで、船は満杯、30分ほどで西港に到着、食事の予約は東港の民宿にお願いしているので、西港で下船して散策しながら食事やビールを美味しく飲もうという、親父どもの魂胆であった。
Sakusima2

海岸周辺をフラフラ歩いていると、先日の台風の影響で松が倒れていたり、潮風でエノキなどの葉っぱが真っ茶色に枯れているのが目立つ。しかし、この佐久島って島は本当にのんびりした良い島である。
Sakusima3 島は「アートの島」だとかで、いたるところにオブジェが置いてある。このカモメたちも板で作ったオブジェである。
Sakusima4_2

佐久島の歴史はかなり古いらしく、島には古墳がいくつかある。この島は一色町に含まれるが、本土の一色町よりずっと古いのではないだろうか。
佐久島の地層がどのようなものかは勉強不足だし、おそらく今から勉強しても間に合わないだろうが、地表に出ている岩も独特な形をしている。そして、それが砕けた海岸も波や風の浸食でこのような穴が開いた石が落ちている。
Ishi

さて、お楽しみの昼食であるが、今回はあまり触れたくない。昨年お世話になった民宿と比べるとかなり落ちたからである。まあ、出るものは一通り出たが、ううううぅぅぅ~ん美味しくないし、気配りが足らない。例えば、刺身であるが7人で行って、ヒラメの活き作りが二つ、やはり魚の豊富な島に来てヒラメだけ出てくるのも能がない。イカや貝、赤身の魚も使った盛り合わせを作るか、一つの皿は魚種を変えて作るのが気が利くサービスってもんじゃないだろうか。
Sakusima5

例えばこれは、私が10日土曜日に作った刺身の盛り合わせだが、上から戻りガツオ、ヤリイカ、キチヌの刺身と松皮造り、ヒラメの昆布締めである。並べ方は別にしても、素人でもこの程度のものはできるんだから、プロとしてはもっと精進して貰わないとお客さんが来なくなっちゃうよ。
Sasimi

|

« ムツ | トップページ | 早朝ウォーキング »

コメント

連休中で黙っていてもお客さんが溢れている、どっちが主役か忘れているようですね。残念ながら来ような店が多いですね、私の商売も肝に銘じているのですが緩みがちです。

投稿: 北割 | 2009年10月17日 (土) 20時24分

上から読んでて 「おかしいな~、料理の写真が出てこんど!」って思ってたら…なるほど。理解できました。

投稿: 赤い人 | 2009年10月18日 (日) 00時13分

北割さん、赤い人さんおはようございます。

最初にエダマメなどが出ていたんですが、これが冷凍のエダマメ、何か悪い予感がするなと思ったら、ワタリガニがスカスカのしかも冷凍ではないかと思うようなものが出ましたからね~。

投稿: からっぽ親父 | 2009年10月18日 (日) 04時29分

伊良湖岬の民宿も、そうでしたよ。
海の幸を売り物とする飲食店も併設していましたが、まったくダメでした。
なので、最近は愛知県の民宿が怖くなりました。

投稿: ばんどり | 2009年10月18日 (日) 08時35分

うぅ~ん、困ったものですね。
昔と違って交通網が発達してきて、日本人みんな舌が肥えていますからね。

よほど心してサービスに励んでもらわないとリピーターは来ませんし、下手をすればネットで悪評判になっちゃいます。

実は、静岡県のある温泉でひどい目にあったことがあります。あまりにひどくて、ブログなどで言う気がなくなってしまいました。

投稿: からっぽ親父 | 2009年10月18日 (日) 18時17分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ムツ | トップページ | 早朝ウォーキング »