« マテバシイと樫 | トップページ | この魚はなんでしょう? »

2009年10月29日 (木)

川喜田半泥子展

少し前、10月4日岐阜県多治見市にある『岐阜県現代陶芸美術館』で『川喜田半泥子のすべて』と題して、半泥子の作品展が開かれているというので、見学に行ってきた。
Handeisi1 川喜田半泥子(1878-1963)という方は、いわゆる陶芸家ではなく、三重県の素封家に産れたお金持ちで実業家、百五銀行の頭取までした方だそうだ。

まあ、趣味で陶芸もやってみたということなんだろうが、元々芸術的な素養の高い方で書画、俳句、茶の湯となんでも一流の方だったようだ。

作風は、型にとらわれないおおらかな・・・と表現されるが、まさしく素朴でザックリした味わい深いものだと思う。
Handeisi3 作品を見てゆくと、割れた茶碗に「金継ぎ」という技法で修正した跡があるものが多く、これは焼きの工程で失敗して割れたものも、修正することによってよみがえらせたもので、これまた味わい深い。

Handeisi2 12月23日までやっているので、興味のある方はどうぞ。

|

« マテバシイと樫 | トップページ | この魚はなんでしょう? »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« マテバシイと樫 | トップページ | この魚はなんでしょう? »