« 褐釉貼花○高杯 | トップページ | 2012 »

2009年11月23日 (月)

泡盛と壷屋焼き

Awamori1 沖縄土産に泡盛をいただきました。沖縄から八重山にかけては学生時代2回遊びに行きましたので、とても懐かしいです。貧乏だったので、そんなに豪遊できませんでしたが、八重山へ行くのに台風待ちをしていて、その頃は泊港の近くに沖縄水産高校があり、そこの柔道場で泊めてもらっていたら、なんとそこで先生をやっている方が訪ねてきてくれました。

その晩は先生のおごりで、あちこち連れて行って頂き、泡盛で二日酔いになってしまいました。
Awamori2 先生、まだお元気でしょうか?ちょうど定年を迎える頃かな。

さて沖縄といえば、壷屋焼きですね。
Okinawa1 魚や海老を描いたきれいな日用品が多いようです。
Okinawa2 抱瓶(だちびん)と呼ばれる酒器は携帯用の酒入れだったそうです。

我が家では本棚で置物になっています。

この二つは二女が沖縄に行ったときに買ってきてくれたもので、高杯が金城敏昭さん、抱瓶が金城敏男さんのご兄弟の作品だと後で分かりました。

お二人は人間国宝だった金城次郎さんの息子さんだそうです。

我が家にはもう一つ、酒杯とからからのセットがありますが、また次の機会に紹介しましょう。

|

« 褐釉貼花○高杯 | トップページ | 2012 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 褐釉貼花○高杯 | トップページ | 2012 »