« カモが死んでいました | トップページ | 隠岐のさざえご飯 »

2009年11月 8日 (日)

いぶしぎん

Kunsei1 長谷園さんへ買い物に行った訳のもう一つは、これ「いぶしぎん」を購入するため。

http://www.igamono.co.jp/recommend/index.html#ibushiginこの「いぶしぎん」は煙を出すことなく薫製を作ることが出来るという文句に魅力を感じて、いつか欲しいと思っていた。

煙が出ないといっても、煙を使わないわけではなく、鍋と蓋の間に水を入れ煙を遮断してしまうという方式である。
一番下にアルミフォイルを敷いて、桜のチップを置きコンロにかけてから煙が出始めたら鍋と蓋の間に水を入れ、しばらくおいてから火を止めて30分ほど放置すればできあがり。
Kunsei2 簀の子が三枚あるので色々なものを試してみた。一番大きいものがコウイカ、丸いものがコウイカの口、薄く切ったものは魚肉ソーセージ。卵もやってみた。

塩味がついていないと不味いので、イカは塩水に浸けてから4時間ほど干した。ソーセージはそのまま。卵はコンビニで買ってきた、コンビニのゆで卵は塩味が付いているからだ。
Ika 結果はトータル1時間内でご覧のような薫製ができあがった、正確に言うと薫製もどきかもしれないが、味は上々。魚肉ソーセージが思ったより美味しい。

ただ、難点を言えば煙が出ないように密封してしまうので、水分も中にこもってしまうこと。ドライな感じの薫製がこのままでは出来にくいだろう。

まあお遊びなので色々試してみたい。

|

« カモが死んでいました | トップページ | 隠岐のさざえご飯 »

コメント

あ・・・これは僕も欲しいです。

ドライな燻製は干物を燻製したらいかがでしょうか?

欲しいなあ・・・うちの奥様は賛成しないだろうけど。

投稿: happyman | 2009年11月 8日 (日) 17時52分

>ドライな燻製は干物を燻製したらいかがでしょうか?

私もなるべく干物状態にしたものの方が美味しく仕上がるのではないかと思いました。

色々研究してみると面白そうです。
お互いにブログで報告し合うと、腕が上がるかもしれませんので、ぜひゲットしてください。

ああそうそう、島蛇さんが薫製には詳しいので、また教えてくれると思いますよ。

投稿: からっぽ親父 | 2009年11月 8日 (日) 21時09分

う~ん、本格的なのしか知りません~。

投稿: 島蛇 | 2009年11月 8日 (日) 22時27分

それは、失礼いたしました~。

投稿: からっぽ親父 | 2009年11月 9日 (月) 05時51分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« カモが死んでいました | トップページ | 隠岐のさざえご飯 »