« ミンチ | トップページ | ハチビキの報告 »

2009年12月10日 (木)

ハチビキ

Fish1 7時頃、2回目のさかな村出勤しました。

写真のようなセットが500円とちょっと高め、下の真っ赤な魚はベニテグリと分かっていたのですが、上のピンクがかった魚に興味があり購入しました。

タカサゴの仲間かと思いましたが、どうやらこれは『ハチビキ』ですね。漢字で書くと『葉血引』だそうで、その語源はと言うと・・・・・http://www.city.kawasaki.jp/35/35hosyo/home/sakana/ha-1-hatibiki.htmlここにありました。「身が血のように赤いため葉血引(ハチビキ)という名となった。」えっ?「葉」はどうなったの?ちょっと説明になってないんだけど・・・・・

ということで、堅いことは抜きにして刺身にしてみることになりました。ベニテグリもです。
Hachibiki1 全身鱗に覆われているので、しっかり鱗を落としてから三枚におろしました。とても捌きやすい魚です。
Hachibiki2 これって、実が赤いというより、血合いが多いんじゃないかと思うんですがいかがでしょうか?
Beniteguri ベニテグリは煮魚、天ぷらともにあまり美味しくなかったので期待していませんが、これもお刺身です。

他のメゴチ類と比べて、味がないんですよね。水っぽいと言うか。

味の報告はまた後日。

|

« ミンチ | トップページ | ハチビキの報告 »

コメント

チビキは 見た目 色が悪いので スーパーでは刺身では売れません。煮付けてもまあまあ…じゃないでしょうかね~ ただ もっと大きなチビキは けっこういけたと記憶してますが…

投稿: 赤い人 | 2009年12月11日 (金) 13時47分

ハチビキも結構大きくなるようですね。赤い人さんのおっしゃる「チビキ」はハチビキのことでしょうか?ハチビキはハチビキ科「アオチビキ」などはフエダイ科なんだそうですね。

いずれにしても、こちらでは珍しい魚の部類に入ります。

味の評価って難しいな~・・・あの図鑑の方とはいつも正反対になっちゃいます。

投稿: からっぽ親父 | 2009年12月11日 (金) 14時15分

沖縄の県魚「グルクン」に似ていますね、ハチビキ。
グルクンは、から揚げが美味しいです。刺身は、イマイチ。

投稿: ばんどり | 2009年12月11日 (金) 17時00分

ばんどりさん、おはようございます。

グルクンって確か追い込み漁で大量に獲る魚ですね。沖縄の代表的な魚だとか。

この魚も唐揚げにした方が良かったかもしれません。

投稿: からっぽ親父 | 2009年12月12日 (土) 06時43分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ミンチ | トップページ | ハチビキの報告 »