« 焼き鳥 | トップページ | 年末の一色さかな村 »

2009年12月26日 (土)

うなぎパイ

Unagipai1 静岡県で高速道路のドライブインへ寄ったら、うなぎパイが売られていました。食べるうなぎパイなら当たり前ですが、これは携帯電話などに付けるストラップですね。

うなぎパイの長さは3.5cmですから、非常に小さいものです。

著作は有限会社 春華堂となっていますから、一応本家の許可を得て作っているのは確かでしょう。

Unagipai3 五十円硬貨と比べてもかなり小さいことが分かると思います。

Unagipai2 驚いたことに、袋に印刷された原材料や、説明も忠実に再現されています。

ところで、うなぎパイのキャッチフレーズ『夜のお菓子』てのは、春華堂のホームページではこのように書かれています。

Q うなぎパイの夜のお菓子ってどういう意味なの?
A 夜のお菓子とは家族団らんのひとときに召し上がってもらいたいという意味です。
命名者は当社二代目社長の山崎幸一です。うなぎパイが誕生した昭和 36年は高度経済成長の真っ只中。その成長期において女性も社会に働きに出るようになり、子供たちも学校・塾など・・・皆が家にいる時間が少なくなりはじめていたようです。そんな中、夜の夕食だけは家族の集まる団らんのひとときとして大切にされていた時間でした。そんなひとときに「うなぎパイ」を囲んで楽しいひとときをすごしてもらいたいと命名されたのが「夜のお菓子」です。ただ、実際には違う解釈もして買っていく方も多いようです。

私は当然ながら、別の解釈をしていましたぁ~だってガーリックなんかも入っていますし、春華堂さんも大いにそのつもりだったと思いますよ。

|

« 焼き鳥 | トップページ | 年末の一色さかな村 »

コメント

赤い人は あと3日 寝ずに働かななりません。「うなぎパイ」食べて 乗り切りたいと思います。すぐに発送してください!
「うなぎパイ」って そんな食べ物よの?
(笑)

投稿: 赤い人 | 2009年12月28日 (月) 10時38分

あなたの体力なら、三日三晩と言わず千人切りに挑戦しても大丈夫です。しかし、奥様と仲がよろしいのは真に結構。子供手当狙いで頑張って種付けして下さい。

あそうそう、東京オフよりも名古屋オフの方が面白いと思うよ。

Sさんという「知らないことはない」という人はいないけど。

投稿: からっぽ親父 | 2009年12月29日 (火) 06時17分

種付け?
イタリアの種馬ロッキーバルボアみたいやんけ~(笑)

名古屋オフもやろやろ!
しばらく横浜に出稼ぎにでてますから
その帰りを狙って企画してますのやで~
こちらの都合で日程決められるから
春頃にやりましょか?

おぢちゃん企画してや~
名物「あかまん名古屋 春の乱」とかね(笑)

投稿: 赤い人 | 2009年12月29日 (火) 08時17分

了解しました~。

紀州名物のあかま師匠をご覧になりたい方も多いでしょうから、このブログで告知することにいたしましょう。

投稿: からっぽ親父 | 2009年12月30日 (水) 13時54分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 焼き鳥 | トップページ | 年末の一色さかな村 »