« その後のキツネの話 | トップページ | 昆布締め2 »

2010年1月30日 (土)

昆布締め

悪天候やお葬式があり、漁師さんもなかなか大変です。

しかし、きょうは魚がたくさんでていましたね。ちょっと忙しいので、あまり手のかかるものは買うことが出来ませんが、発作的にムシガレイを買ってしまいました。

Musigarei1 こちらのムシガレイは、鱗と内臓・鰓を取り干物にすることにしました。卵巣が透けて見えていましたので、しっかり塩を染みこませることが出来るでしょうか。

腹の部分が色が悪く見えますが、これは胃の内容物が入っているためと思われます。新鮮でしたので、全く問題はありませんが、時間が経つと腐敗を始めるかもしれませんね。

Musigarei2 こちらは大きなムシガレイで、締めてありました。この姿は既に鱗を落としてあります。昆布締めにしようと思うのですが、上記の干物用と同じく塩で締めた方が捌きやすいかと思い、べったり塩をかけておきました。この方法が良い方法かどうかは分かりませんので、真似をして失敗しても責任は取りません。
Musigarei3 昼休みに、昆布で挟んでおきましたので、夕方には食べられるでしょう。

|

« その後のキツネの話 | トップページ | 昆布締め2 »

コメント

干物にする場合、ムシガレイは半乾きにしかならないのでしょうか?どうしてもアジやカマスの様にはならないので困っています。まあ、その日の内に焼いて食べれば問題無いのですが。

投稿: へるぞう | 2010年1月30日 (土) 18時52分

そんなに干したことがありませんから分かりませんが、その日の内に食べてしまうか、冷凍保存がよいのではないでしょうか。

この魚は水分が多くて、干した方が味が濃縮されるって意味での干物でしょうから。

投稿: からっぽ親父 | 2010年1月31日 (日) 07時46分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« その後のキツネの話 | トップページ | 昆布締め2 »