« 干物日和 | トップページ | メダイほか »

2010年1月11日 (月)

ゲーム

Ds1 最近、我が家では家庭団らんを無視して、ゲームに夢中な方々がいるので、私も流行の任天堂DSLLなるものを購入してみました。

税込みで、2万円ちょうど。

何を隠そう、私本当はゲームが大好きで、ドラゴンクエストはシリーズ最初のファミコンの頃からやっていました。子供たちが小さい頃からで、最初の頃のドラゴンクエストは、セーブするときに復活の呪文を聞いて、書き留めなければいけなかったのですが、それを間違えてしまうと、その日の活躍が無効になってしまうという悲しいゲームでした。その後、協会へ行くとセーブしてくれるという便利な機能が出来ましたが、お子様などが何気なしにリセットボタンを押してしまうと、やはりおじゃんになってしまうということがありましたね。

さて、ゲーム機本体を買ったものの、ソフトがないので遊べないなぁ~と思っていたら、からっぽ娘1号がドラゴンクエスト5を2号がスーパーマリオを貸してくれました。スーパーマリオ、苦手なんだよね、ちょっとしか進めません。

ドラクエ5はスーパーファミコンでその昔やりまして、DS用の復刻版ということでしょうが、もうすっかり忘れています。
Ds2 結婚相手を選んだり、倒したモンスターを仲間にして一緒に旅をしたり出来るという趣向が面白かったです。

ゲームの困ったことは、本を読まなくなることですね。

早く切り上げなければ・・・・・

|

« 干物日和 | トップページ | メダイほか »

コメント

私もドラクエは3までやりましたが、その元になったウィザードリィの方にはまってパソコンをやり始めた口です。ゲーム好きの親父さんならプレイされているとは思いますが、ダンジョンの中で全滅すると別のキャラでパーティを作り捜索しないと駄目だったり、間違って石の中にテレポートするとパーティが喪失してしまったりと、とんでもなくハートボイルドなゲームでした。その一方で敵の親玉を倒してもゲームが終了にならないので、何時までもレベルアップに励んだり、未発見のアイテムを探したりと、ドラクエよりも自由にプレイできました。しかし製造元が倒産したとかでシリーズ8作で終わってしまい、私もゲームから足を洗うことが出来ました。

投稿: へるぞう | 2010年1月12日 (火) 13時12分

へるぞうさん、こんにちは。

コンピューターでのゲームはやったことがありません、いや『信長の野望』の何作目かをやったことがありますか・・・

RPGにしろシミレーションゲームにしろ、はまると長いので、困りますね。

投稿: からっぽ親父 | 2010年1月12日 (火) 14時01分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 干物日和 | トップページ | メダイほか »