« 春のミノカサゴ | トップページ | 昨日はマアジでした »

2010年4月 9日 (金)

鰻の完全養殖

http://www.asahi.com/food/news/TKY201004080525.html

ニュースを聞いたときに『完全養殖』ってことの意味が分かりませんでしたが、人工的に種苗生産された鰻から、種苗を採ることができた。つまり、受精卵が孵化して、飼育中であるということらしいですね。このニュースで少し意味が分からないのが、

「今回、稚魚を全長45~70センチ程度まで成長させ、約50匹にホルモンを繰り返し投与して成熟させて人工授精し、1匹が3月26日に約25万粒の受精卵を産んだ。」

とありますが、体内で人工授精させて、受精卵を産んだということなんでしょうか?鰻は体外で放卵、放精が行われて、体外で受精するものと思っていましたので、認識を変えました。つまり、天然界でも交尾するという意味ですから、益々、鰻は精が付くというイメージになるかと思いますがいかがでしょうか?

当地区は、鰻の一大生産地ですので、喜ばしいことだとお喜び申し上げます。しかし、知り合いの鰻養殖業者は、全く無関心という訳ではありませんが、比較的冷めていて、近年のシラスウナギの不漁による価格高騰を抑えるようなことは不可能だと思っているようです。

それはやはり、養殖種苗であるシラスウナギになるまでの時間がかかりすぎるということでしょうね。今回使用した親鰻もシラスウナギになるまでに、1年以上かかっているのではないでしょうか。これではコストがかかりすぎます。もちろん、初期のレプトケファルスの餌も分かりつつあるようで、今後の研究が待たれます。

では天然のシラスウナギは一体どれくらいかかって、成長しているのでしょうか。

これは、シラスウナギの耳石という器官を削って調べることにより、判明していて日令で180日位なんだそうです。つまり、天然で0.2グラムに満たないシラスウナギになるまでに半年、捕らえられて養殖し、蒲焼きになるまでに半年という訳です。

|

« 春のミノカサゴ | トップページ | 昨日はマアジでした »

コメント

ニュースで大きく取り上げられていましたね。ぜひコメントをお聞きしたかったです。安全な商品であるかどうか?ホルモンで調整して雌を作り出すように聞き取れましたが大丈夫なのか心配です。

投稿: 北割 | 2010年4月 9日 (金) 22時01分

おぢちゃん、うぃ~す。scissors

う~ん。このasahi.comを読むと、おぢちゃんの言うとおり、体内で人工授精してから受精卵を生んだと勘違いしますね。

でも、独立行政法人水産総合研究センターのリリースでは、卵及び精子を採取し、人工授精したところ3/27にふ化仔魚を得ることが出来た。と有りますので、やっぱり体外で放卵、放精が正しいのでは。

おっと、今回は真面目なコメントを書いてしまったではないか。
今度は一色うなぎ漁協の屁の様な参事の話でも書きましょうか?
こういう話おぢちゃん大好きでしょ?

投稿: 無精者 | 2010年4月10日 (土) 10時03分

北割さん

私も専門ではないのでよく分かりませんが、鰻の産卵誘発にはホルモン剤は欠かせないところでしょうね。ただ、天然のものを使用していると思います。

私が学生の頃は、ウナギとイセエビが種苗生産できなくて、あちこちで研究してましたね。

今は一応、両方ともできましたが、大量生産できないのは同じで、今後の研究町ですね。

投稿: からっぽ親父 | 2010年4月10日 (土) 14時55分

不精者さん

やはり、そのような理解でよろしいんでしょうね~。体内での受精なんて考えられませんから。やはり、朝日新聞、馬鹿ですね。

投稿: からっぽ親父 | 2010年4月10日 (土) 14時57分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 春のミノカサゴ | トップページ | 昨日はマアジでした »