« 路チュー | トップページ | 鰻の完全養殖 »

2010年4月 7日 (水)

春のミノカサゴ

さかな村を歩いていたら、知り合いの魚屋さんに声をかけらえた「は~い、魚、あるよ・・・安いの

もう完全に私の行動を見透かされている、「こいつ、安い魚しか買わない」って思ってるんだろうなぁ。
Minokasago1 イッテンアカタチとミシマオコゼのセットがあったが、ミノカサゴを以前買ったときに、とても美味しい魚だったことを思い出した。で、こちらを購入、200円だった。

帰ってから、調べてみると、昨年の8月にミノカサゴの刺身を食べて、美味しかったと書いている。春はどうだろうか?
Minokasago2 ミノカサゴは英名Lion fish。各鰭が長く、雄ライオンのたてがみのようだからこの名前が付いたのだろうか。水中で何度もお目にかかったことがあるが、鰭に毒があるのを誇示するような優雅な泳ぎであった。
Minokasago3 背鰭、腹鰭に毒棘があると書いてあるが、しり鰭の数本も怪しい。すべてキッチンバサミで切り取ってから、調理にかかった。
Sasimi 大きいもの2尾を刺身に、そのアラと小さいものを味噌汁にしてもらった。味噌汁は、九州料理に『アラカブの味噌汁』ってのがあるが、アラカブというのはカサゴのことであるから、ミノカサゴは代用品という訳である。

刺身は、やや身割れするし、柔らかいと思ったのだが、適度な歯ごたえで、味があって美味しい。なんで、この魚はあまり評価されないんだろうか?・・・・・おそらく漁獲量が少ないんだろうな。

|

« 路チュー | トップページ | 鰻の完全養殖 »

コメント

素晴らしいですね。そしてうらやましいです。こんな魚、豊橋の魚市場では絶対見ないですよ!しかも200円・・・。まいりました。

投稿: 天に月、地に山 | 2010年4月 7日 (水) 15時59分

天に月、地に山さんが書き込んでいますが、この前親父さんが仰ってた豊橋のお店ですね。居酒屋評論家?として有名な太田和彦氏が去年までCSの旅チャンネルで「太田和彦の居酒屋紀行シリーズ」という番組をやっていまして、豊橋の回に出てました。もうご存知ならばご容赦を。ついでに新潮社から太田和彦の居酒屋味酒覧にも掲載されています。一回行ってみたいとは思っていますが…。
ミノカサゴですが、入り合いに入っていた時にから揚げにして食べたぐらいです。味はまあまあといったところです。刺身にするには小さくて歩留まりが悪いので考えてもいなかったのですが、今度やってみますか。

投稿: へるぞう | 2010年4月 8日 (木) 12時12分

天に月、地に山さん

いつもある訳ではありませんが、時々変った魚が出ていて、いろいろ挑戦してみるのも楽しいですよ。

明日は「大漁」予想じゃないかな?
さかな村のメール配信。

ぜひ遊びに来て下さい。

投稿: からっぽ親父 | 2010年4月 8日 (木) 15時46分

へるぞうさん

ほほ~、有名なお店だったんですね。
これはぜひ一度遊びに行かなければいけませんね~。

豊橋は第三、いや第四の故郷だから。

投稿: からっぽ親父 | 2010年4月 8日 (木) 15時48分

へるぞう様

初めまして。天に月、地に山の津谷です。太田さんの取材受けたのがもう5年も前です。あれから日々精進してますが、まだまだの状態です。なのでそれ程期待しないで下さいね。但し日本酒に関しては間違いない自信はありますので。

からっぽ親父さん

全然有名でないですよ。その証に毎日暇ですから(笑)ぼちぼち営業しています。豊橋にお寄りの際は気軽に遊びに来てください。今朝市場で「ツボダイ」と「風船キンメ」買えました。嬉しい~!

投稿: 天に月、地に山 | 2010年4月 9日 (金) 12時46分

ツボダイの写真拝見しました。
こちらでも時々揚がっていますが、とても美味しい魚ですね。刺身をとるようなサイズはなかなかなくて、残念ですが。

投稿: からっぽ親父 | 2010年4月 9日 (金) 15時21分

美味しそうですね、でも私の所では手に入らないでしょう
今純白のカタクリ見てきました徒歩5分の所です
車5分の所には花の中心部分のギザギザ模様が残っている白花があります

投稿: 山です | 2010年4月16日 (金) 13時37分

山さん、こんにちは。
魚が手に入らなくても、そんなに近いところでカタクリの花が見られるなんてうらやましいです。

写真も見せて頂きたいのですが、ここは投稿できなくて残念です。

投稿: からっぽ親父 | 2010年4月17日 (土) 15時26分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 路チュー | トップページ | 鰻の完全養殖 »