« オオニベの昆布締め | トップページ | すっぱ夏 »

2010年4月24日 (土)

アナゴの干物

きょうは緑のジャガーさんの所へ行ったら、開いたアナゴが出ていました。

ご存知のように、一色でアナゴと呼ばれている魚は、標準和名のマアナゴではなく、標準和名のマアナゴ以外のアナゴでありまして、非常にややこしいのですが、私のブログでも何回か触れているところであります。
Anago1 結局、種の同定はできませんので悪しからずご了承下さい。
Anago2 ただ言えるのは、吻がこの魚は尖っていますが、丸くなっているアナゴもよく見かけます。明らかに種が違うんでしょうね。

きょうは良い天気なので、早速買って干物にしました。風も強いので、ちょっと乾き過ぎなくらいです。
Anago3 緑のジャガーさん、サービスして頂いてありがとうございました。

|

« オオニベの昆布締め | トップページ | すっぱ夏 »

コメント

アナゴの干物とは関係ないのですが、緑のジャガーさんの店はあまり小売をしていないようなので、失礼ですが私は近寄り難い店だと思っています。これは偏見でしょうか?

投稿: へるぞう | 2010年4月25日 (日) 11時58分

へるぞうさん、確かに近寄り難い店かもしれません。卸売りの方で手いっぱいになっちゃてるのが現状なんですよ。本当はもっと小売に力を入れたいんですが、人手が・・・。
ご存知かと思いますが、ウチはほとんど、送りの荷物は、扱っておらず、山陰のツバスを地のツバスのような顔して売るようなことはしてません。
まあ、こだわりすぎかもしれませんが・・・
気軽に声をかけていただければ、おすすめできるものもあるとおもいますよ。
よろしくお願いします。

投稿: 緑のジャガー | 2010年4月25日 (日) 20時20分

わたしなんぞは、へるぞうさんがいつも行っているお店が、とてつもなく近寄りがたいです。ですから、よけて通ってます。

まあ、何度か通うとお店の特徴や好みが分かって面白いですね。

投稿: からっぽ親父 | 2010年4月26日 (月) 13時39分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« オオニベの昆布締め | トップページ | すっぱ夏 »