« 季節外れのアンコウ | トップページ | イトヨリダイ »

2010年4月30日 (金)

コショウダイ

Kosyoudai1 コショウダイの刺身をまだ食べたことがなかったので、適当な大きさのものがあったら挑戦してみようと思っていた。

昨日、高橋さんの所に全長40cm以上のコショウダイがあったので購入。実は学生時代にこれとよく似たコロダイを2~3回食べたことがあって、あまり美味しくなかったので、あまり期待していなかった。
鮮度は中途半端で、死んでいるとも生きているとも言えない状態、ほとんど動かないが筋肉は反射でピクピクと痙攣している。

また鱗を落としてみて気が付いたのだが、実に落としにくい。キントキダイのようにしっかり皮膚に付いているなら、そのままおろしていくのだが、この辺も中途半端。
Kosyoudai2 だが、無事おろし終えると実にきれいな身である。
Kosyoudai3_2 磯臭くもないし、味は上等。ただ、すごい弾力である。と言っても決して食感が悪い訳ではないので、できるだけ薄く切ることをお奨めする。

さて、もう一つ。

実はこの魚、筋肉中に1cm位の楕円形で茶色い寄生虫が存在している。はっきり言って、すごくグロテスク。食べても人間に悪影響はないらしいのだが、とにかく気になる。今回の魚では3尾が存在。切り取って捨てたが、家族のものには内緒である。

ググって見たければ、ディディモゾイドで検索。

|

« 季節外れのアンコウ | トップページ | イトヨリダイ »

コメント

なるほど!要するに 中途半端な魚っちゅうことや?(笑) そういえば地元の居酒屋では 刺身盛り合わせの白身に使われることが多いですが、決して 単品で「コショウダイ」として提供されることはないわ。やはり中途半端よの~

投稿: 赤い人 | 2010年4月30日 (金) 19時10分

思うにコショウダイの刺身と正直に言っても、マダイやヒラメのようにお客が喜ばないからじゃないでしょうか?私はコショウダイの刺身は結構好きですが。
それは兎も角、この前大きなスズキを買ってきて、捌いたら脂の乗りも素晴らしかったのに、身に幾つも白い卵のような寄生虫が…。ディディモゾイドではなく粘液胞子虫類のようで人体に悪影響は無いらしいのですが、こんなのが居ると刺身で食う気が無くなってしまいますね。

投稿: へるぞう | 2010年5月 1日 (土) 12時12分

決して不味い魚ではないのですが、試しに一日置いてみたところ、やはり特別上手くなっている訳ではありませんでした。

寄生虫は、子供の頃カツオの腹筋に穿孔している寄生虫が動いていると「虫が生きているって事はカツオも新鮮なんだ」と教えられてきました。

まあ、いつも料理屋さんに行っているならいざしらず、これくらいの刺激には慣れないといけないでしょうね。

以前の、カガミダイの胃袋には驚きましたよ。胃袋でしたからね、もちろん身は刺身で食べました。

投稿: からっぽ親父 | 2010年5月 1日 (土) 15時59分

クマ、イノシシには、内臓や筋肉にも種類のちがうのがけっこういますよ。
それが普通なのでしょうが、やはりボクは火を通して食べることにしています。
決して、刺身では食べません獣肉。

天然イワナやヤマメも、充分に注意しています。
だけど、イワナの刺身は美味いんですよね、養殖モンだけど。。

投稿: ばんどり | 2010年5月 1日 (土) 19時27分

以前、E型肝炎の指摘を受けてから、私も鹿の刺身はやめました。まだ、刺身を出している旅館なんかもありますね。

野良犬のウンチなんかも寄生虫がウジャウジャしてますから、熊や猪なんかもすごいんでしょうね。

淡水魚は、海水魚と違って深刻な寄生虫が多いですから、なるべく刺身で食べない方が良いでしょうね。

投稿: からっぽ親父 | 2010年5月 3日 (月) 07時19分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 季節外れのアンコウ | トップページ | イトヨリダイ »