« 夏のミノカサゴ | トップページ | 夏のハモ »

2010年7月21日 (水)

プラチナデータ

映画『必死剣 鳥刺し』を観てきました。

いつもの映画館では上映していないので、安城まで行って来ましたが、勝手が分からずあちこちふらついてしまいました。

こういった映画は、観る人が少ないので全部で10人足らずだったでしょうか。

藤沢周平さんの隠し剣シリーズはご存知短編集ですが、ハッピーエンドで終わるものが少ないです。この物語も結果的に誰も幸せにはならないと分かっていますが、なぜか観ずにいられない、潔さってのがありましたし、皆さんの立ち振る舞いがとてもきれいだったという事と、兼見と別家隼人之生の斬り合いが良かったです。

池脇千鶴さんという女優さんは、とても演技が上手ですね。
Book_2 さて、東野圭吾さんの新刊が出てしまったので、一気に読んでしまいました。

私としては、最近の東野さんの小説の中では一番好きですね。いろいろな謎が最後まで持ち越されて、夜中になっても仕事があっても、読み終わってしまわなければいけない。そして、読後の清涼感ってのもあります。

ネタバレになってはいけないので、詳しいことは言えませんが、とにかく面白いですから、彼のファンの方はぜひご覧下さい。

個人的な感想ですが、東野さんの作品はやはり長編が面白い。藤沢周平さんの作品は短編が味があって面白いと思います。逆がいけないって事ではありませんよ。

|

« 夏のミノカサゴ | トップページ | 夏のハモ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 夏のミノカサゴ | トップページ | 夏のハモ »