« 2010年7月 | トップページ | 2010年9月 »

2010年8月31日 (火)

お茶

いやぁ~民主党ってとても分かりやすい政党ですね~。
「オザワ先生、金庫番をお願いしますから、代表戦は辞退して下さいね」ってことです。
結局、民主党ってのは三人と、他大勢のでくの坊と言うことがよく分かりました。マエハラ~?ノダ~?味噌汁で顔洗って出直してきなさい、って訳です。

面の顔の厚さ、天下一品・・・・・http://www.news24.jp/articles/2010/06/03/04160350.html#
まだ二ヶ月も経ってないけど、『政治と金に決別する民主党を取り戻したい』と他人事のように言って、『私も退きますが、オザワ幹事長も退いてくれ・・・そのことで新しい民主党、よりクリーンな民主党を作り上げることが出来る・・・』って抱き合って、猿芝居をしたのに、もうトロイカ体制?(トロイカ=オザワ、鳩山、輿石・・・・・菅=蚊帳の外)

ホント、人材がいないね~・・・もう何年3人なの?
Ocha さて、今年の暑さは格別ですね。きょうなんぞは、八月初旬より暑いんじゃないかと、皆さん言ってます。

で冷たい飲み物がよく売れると思うのですが、私はコーヒーってものをほとんど飲みません。コーヒーが美味しいと思ったことがない。まあ田舎ものですから、本当に美味しいコーヒーってのを飲んだことがないだけかもしれません。ですから、行きつけの喫茶店ってのもない。

じゃあ、お茶を飲むかというと、それほど飲んでいる時間もない。朝は忙しいし・・・・・

でも年寄りだから、熱中症になっちゃいけないってことで、それでもコーヒーよりお茶が好きだから、ペットボトルのお茶を飲んでたわけですよ。

ある時この130~150円のペットボトルがもったいないと気が付いた。で、急須にお茶を入れ、冷たい水を注いで数時間、きれいでペットボトルのお茶より美味しい、冷たいお茶のできあがり。時間のかかるのが難点ですが、私6時前には事務所に来ていますので、朝市の仕事にしておけば、暑くなってくる頃には出来上がっているので、とても良い具合です。

色は少し薄いですが、しっかり出ていますし、冷たい水から出していますので雑味がなくてよろしい。お茶も高級なものではなく、500グラム1000円だったか、1500円の安いものです。
http://gomyocha.blog21.fc2.com/blog-entry-7.html
↑ここで買っていますが、商品が出ていませんので電話で問い合わせると良いです。1万円以上買うと送料が無料じゃなかったかな。我が家のお茶の商品名は「だんらん」です。確か一番茶と二番茶のブレンドじゃなかったかな「やぶきた」だと思うけど・・・・・暖かくしても美味しいです。

別に宣伝料はもらっていません。

| | コメント (2)

2010年8月30日 (月)

鳥の観察

24時間テレビっていうんですか、私ゃへそ曲がりだから、あんな番組大嫌いです。同じような理由で、アグネス・チャンも大嫌いなんですがね。

それにしても、仙石さんの事務所費問題。本人は問題ないって言ってますが、あのような立場の方が疑われることをやるべきじゃないでしょうね~。その辺が庶民との感覚がずれているって訳で、そういったずれた人に政治が出来ますか?ってことです。

政治家になった皆さん、なぜか事務所費や秘書の給与でお金を隠したがりますね。誰かそういった経費についてのコンサルタントがいるんじゃないですか?政治家専門で・・・・・
Kaigan1 海岸の防波堤を走っていたら、1台の4WDカーが停まっていました・・・右側に。ここ一色は干潮になると、干潟が広がりシギやチドリなどの渡り鳥が立ち寄る、バードウォッチングが有名なところです。

でも、この防波堤は漁師さんの仕事に、町民の生活に非常に便利な道路になっているので、実際のところこのような右側停車はあきらかにマナー違反です。まあ、この海岸を走る方々には多少慣れっこになっていることは確かですが、以前ずっと右側通行で、海岸の鳥を探してノロノロ走っている車の後ろに付いてしまったときは、さすがにちょっと切れましたね。
Kaigan2

さて今回のこの車、近寄ってみるとリヤウインドに何やら張り紙が『鳥観察中 よろしくお願いします』とのこと。ははは、なかなか考えましたね。ちょっとしたことですが、やるとやらないでは大違いです。

前述のように、一色には多くの鳥を観察する方々がみえますが、なぜかごく一部の方に、鳥観察が高尚な趣味で、そのためには地元の人間に迷惑をかけても構わない、という方がいるのは悲しいことです。

このような交通マナーだけでなく、畑に入って苗を踏んだり、ゴミを撒き散らしたりするのをよく見ます。今回の方の張り紙は、とても良かったと思いますよ。

| | コメント (4)

2010年8月28日 (土)

マイワシ

Minsyu 民主党のマークを作った方は、今の民主党を予感していたのでしょうね。『土台ガタガタ!』
Iwashi1 一色の大提灯祭は、諏訪神社の氏子の祭で、その氏子は漁師さんが多いようです。したがって、金曜日、土曜日の市場は一色の船がほとんど出ていません。

しかし、さかな村の魚屋さんは送りの荷を含めて、あちこちから魚を集めてくるようですね。まあ、新しくて美味しいものなら文句はありませんが。

魚兼さんでは新鮮な大浜のマイワシを並べていました。

サイズも大きすぎず、小さすぎず、生で食べるには一番良いサイズです。実は私、昨日買って、もうたくさん食べてしまったのですが、実に美味しかった。とかく、マイワシは皮下にべったりと脂がのっていて、あまり上品ではないのですが、このマイワシは全体にしっとりと脂がのっていて、実に上品な魚になっていました。

今朝も魚兼の大将に「美味しかったよ」って報告したら、彼も「ホントに美味しかったね」と。こんな話も面白いですね。

Maiwashi2きょうは、若がデモンストレーションで、マイワシの刺身を試食させていましたが、このおかげでよく売れていました。

| | コメント (0)

2010年8月27日 (金)

庶民のワタリガニ

Kani1 庶民のワタリガニ、タイワンガザミの雌です。その昔は、エッチと呼ばれるヒラツメガニや、上等兵と呼ばれるジャノメガニが安くて、庶民のワタリガニと言えたのですが、最近はさっぱり見ませんね。

本来なら、このような抱卵個体は逃がした方が資源保護になるのですがね~・・・・・。じゃあおまえが買って逃がせって?弱ったやつを逃がしても意味ないしね、ってことで食べちゃうことにしましょう。

腹部に付けた卵は、黒くなるにしたがって卵の発生が進み、孵化が近くなってきます。ということで、一番黒い卵を顕微鏡で見てみると
Zoeaちょっとピンボケですが、黒い楕円形に見える部分が眼です。まだ孵化までは時間があるようですが、ゾエアの形になってきてますね。色素も見えますので、次第に黒さが増してくるでしょう。

ところで、カニの養殖って聞かないですが、昔は色々チャレンジしたそうですよ。なぜ出来ないかっていうと、やはり共食いなんだそうです。脱皮直後は殻が柔らかいから、食べられちゃうんだそうです。脱皮しないと大きくならないしね。

で究極の養殖方法は、ニワトリみたいに個々にケージに入れて養殖するしかないんだそうで、それじゃコストも手間もかかって、結局カニの養殖ってのは出来ないようです。

| | コメント (4)

2010年8月26日 (木)

ハタの続き

よっ!民主党、自民党が何十年かけて崩壊していったのに、流石に優秀な方々だけあって1年で同じ道とは・・・・・

しかし、相変わらず鳩山さんぶれまくってますな~。
Hata4 さて、図鑑をペラペラやっていたときに気が付いたんですが、アオハタってジャムの会社みたいなハタがあるなら、共産党の新聞アカハタもあるだろうと思ったら、やはりありますね。じゃあ、クロハタはどうかと思ったら、これもあります。ではキハタってのは・・・・・これはなくて、キハダならありました。
しかし、アカハタってあたらないですかね~。

さて、例のハタの刺身ですが、とても美味しい魚でした。美味しい白身の魚って、遠くで塩味がしますが、こりゃなんででしょうね。

そうそう、今回白身の魚が欲しかったのは、娘が大分へ行ったときに「柚子胡椒」を買ってきてくれたからです。柚子胡椒の塩味じゃないか?って?いえ、違います。
Hata5当然ながら、潮汁も美味しいです。

| | コメント (2)

2010年8月25日 (水)

プリウス

プリウスといういわゆるハイブリッドカーに乗り始めて、20日弱、2000km以上を走ったので感想を書いておくことにしよう。
Prius2 まず燃費だが、三回の給油後の燃費は25km/l前後で、この辺が私の運転とテリトリーの限界ではないだろうか。

1回目の給油(左)では東海環状道、中央道を、2回目(真ん中)では東名高速を走っているのだが、高速道路は決して燃費向上にプラスとはならないことが分かった。また町中でもマイナスにはならないが、それでもやはり信号の間隔は少ない方が良いようである。
Prius1 これが3回目の給油、現在661.8kmを走って25.5km/l、これは通勤と営業活動のみで、高速道路を走っていないが、今までで一番伸びている。

プリウスはアクセルの踏み方や、ブレーキによって起きたエネルギーを電池に貯めていて、電池だけで走る時間というものがあるので、なるべくその時間を長くすることが燃費向上のコツなのかもしれない。
Prius3_2 だから、電池の残量が常に多いということは、あまりエコ運転をしていないということなのか。私の電池残量は常に下から2本か3本である。

以上、エコモードで運転の結果であるが、高速道路インターチェンジで本船に合流する際は、パワーモードで運転してみたところ、かなりのパワーと速度を感じることが出来た。通常の道路では全く必要がないが・・・・・・。

| | コメント (0)

2010年8月24日 (火)

キジハタ?アオハタ?

Hata 今朝、フラフラ徘徊していたら、変った魚があったので覗いていた。「キジハタだよ、美味しい魚だから買って行って」と声をかけられた。なんでも魚のことをよく知っている先生が、教えてくれたんだそうで、もしかしたらへるぞうさんかな?と思ったら、ちょうど近くにおられて、へるぞうさんではなかったわけだが「これは高級魚で、築地ではキロ3,500円位する」と教えてくれた。

その3,500円というのがとても気に入って、「では買って行こう」ということになった。(値段の高さが気に入ったのではなく、500円という細かいところが気に入った)

身は刺身で、アラは潮汁かな?

昼から暇になったので、図鑑をペラペラ・・・・・・あれ?これってホントにキジハタ?
Hata2 いや、別に素人がケチを付ける訳じゃなくて、ホントのことが知りたくてね。
Hata3 (もちろん、ちょっと見や写真だけで生物の同定をしようなんてのは、無茶な話なのは承知しています。まあ、シャレだと思って教えて下さい。)

| | コメント (4)

2010年8月23日 (月)

南蛮漬け

民主党、もう政治どころではありませんね「こんな大変なときに、政治なんてやってられるか!」ってな感じです。まあ確かに、自民党のときもそうだったと言えばそうだったんですが、そのようなことを批判して政権を奪取したのですから、もうちょっと何とかならないものでしょうか。

新人議員なんか、牧羊犬やオオカミに追われて、右往左往している羊みたいなモンでしょうね。
Kaiwari 金曜日のことですが、何か南蛮漬けを作る魚がないかと探していたら、小アジやヒメジがあったのですが、小さなカイワリも出ていたので、カイワリはまだ挑戦したことがないってことで買ってみました。これもアジ科なので美味しいかな?と思ったわけです。

大きそうなカイワリを数尾塩焼きにしてもらったのですが、味はよい。ただ、脂がのっていないのと、骨が案外固いんです。通常、これくらいの大きさなら、結構小骨はかみ砕けるのですが、とにかく固い。

まあ、南蛮漬けは、その骨を酢によって食べやすくする料理ですから、それで良いのですが、骨自体に味がなければいけません。アジ、ヒメジ、コダイ、どれも骨を噛みしめると美味しいです。

カイワリがそろそろ食べ頃になっていると思いますよ。

| | コメント (4)

2010年8月21日 (土)

ダニ

大阪府民共済の前理事長の退職金が、2億4,500万円だそうです。この額は、近年の生涯賃金にも匹敵するような額で、このような府民をお客様とする団体の退職金としては、全く考えることが出来ない非常識さです。

公務員やちょっとした企業に定年まで勤めて、2~3000万円の退職金をもらえる人が、国民のどれだけいるんでしょうね~。少なくとも、私は貰えませんし、だいたい退職金規程なんてものがありゃしない。中小企業のほとんどがそうなんじゃないでしょうか。

で、この方、2008年まで上部団体の全国生活協同組合(さいたま市)の非常勤役員を兼務して3,000~5,000万円を貰っていたんだそうです。非常勤ですよ。全国生活協同組合って言えば、俗に言う生協でしょ、庶民の味方を装っている。

私ね、毒ギョウザ事件の時も言ったんですが、以前から生協ってモノを全く信用していないから、我が家でも奥様が一時生協に入っていて、全く無駄なまとめ買いなんかやっていたんです。でも高いわ、古いわ、信用できないわでやめて貰いました。

毒ギョウザ事件の時に、やはり本当のことが分かりましたね。

結局、今回のことでも分かりましたが、生協は庶民の味方ではなく、働いている者達がどうやって法外な賃金や退職金をぶんどっちゃうって所だったわけです。

さらにです、この前理事長、理事長時代は一ヶ月360万円の報酬だったそうで、報酬が高かったから高い退職金も当たり前だって理屈なようです。

通常の方々はだいたい60歳で定年を迎え、退職金をいただく(私はありませんが)。あとはお情けで嘱託となって、一年契約で働かせて頂く、その際の収入は50~60%ってところじゃないでしょうか。

それを61歳から75歳まで、年収4,320万円。15年で6億4,800万円。ここの組織の人たち、ダニですね。

| | コメント (2)

2010年8月20日 (金)

地のハマチ

焼津の長谷川さん、最近よくテレビに出ますね~、しかもテレビ慣れして、芸人顔負けの演技です。テレビがなくても、面白い人ですよ。サービス精神旺盛ですし、これはご家族同じです。
Hamachi1 先日、送りのハマチの報告をしたら、盆明けの水曜日、近海のハマチと呼ぶには少し小さいモノが深谷さんで出ていました。1尾200円というので、2尾購入。
Hamachi2 当然、脂はのっていません。アラは今回、味噌汁にしてもらおうと思います。
Hamachi3 刺身が一番分かりやすいので食べてみましたが、やはり食感、味ともに良いのです。もちろん脂はのっていませんよ。
Hamachi4 ハマチ(ブリ)やカンパチは実はアジ科なので、半分をたたき風にしてみました。薬味はネギにショウガ、ミョウガ、大葉です。これまた美味しかったです、締めに、ご飯にたっぷりのせて、醤油をかけ、食べましたが、ここはお茶漬けでも良かったかもしれません。

| | コメント (2)

2010年8月12日 (木)

やはり、TOYOTA

Komakusaya1 仕事で使っている車、レクサスの4ナンバーですが、これがリースの満期となったので、次の車に替えることになりました。前の車は5年間で役180000km乗りました。別にこれといって不具合はないので、乗り続ければよいのですが、最近の車は燃費が良いというので、私のように距離を乗る者にはそれもお得かなということで、半年前に決心して申し込んでおきました。

最近、TOYOTAの車がアメリカや中国で盛んに叩かれていますが、私の個人的な考えですが、日本で作った部品で、日本で組み立てられたTOYOTAの車なら、何ら問題はないと思います(これも長いことではないかもしれませんが)。

最近、TOYOTAの黒字が増えてきたと言いますが、この辺の所、上記の技術、品質も含め、下請け、孫請け、の努力も大きく、殊に収益面では、かなり下を叩いてなし得たことと思います。あまりいじめないように。
Komakusaya2 さて、新車ですが7日の昼から受け取ったのですが、最近流行のハイブリッドカーというやつで、乗り方がさっぱり分からない。それ以前に、キーを差し込む場所がないわ、シフトレバーがおもちゃみたいだわで、燃費云々の話どころではありません。

それでは、ということで練習をかねて、混雑する高速道路に乗って、出かけてみました。
Komakusaya3 すごいですよ~蕎麦と、田楽と五平餅を食べて、ぼけのりんごパイを買い込むと、サッと帰宅。昼、1時前には家で寝ころんでいました。とにかく、食い物だけが命の夫婦です。
Komakusaya4 車の運転ですが、ちょっとだけ分かってきましたが、なによりエコを意識することが大切なんでしょうね、あまりメーターばかり見ていると事故を起こしてしまいますので注意が必要です。

| | コメント (8)

2010年8月11日 (水)

アオヤガラ

アオヤガラだと思います。アホやがな、ではありません。
Aoyagara1 決して青くはありませんが、生きているときは青いのかもしれません。

まとめて出ていることは珍しいのですが、深谷さんで300円で売られていました。アオヤガラはアカヤガラと比べると、大きいものは少ないように思いますが、どうでしょうね。大将は、刺身でもとおっしゃってくれたのですが、ちょっと面倒ですね。
Aoyagara2 胴体にこのような帯模様があるようです。

頭と尻尾、内臓を取ってから、刺身を検討したのですが、小骨を取り除くと身がなくなってしまうので、そのまま塩焼きにしました。

上品な白身で、美味しかったですよ。塩焼きでは、小骨は全く気になりませんでした。

| | コメント (0)

2010年8月10日 (火)

送りのハマチ

Hamachi1 一週間ほど前からあちこちで出ている送りのハマチ、ちょっと気になったので買ってみた。獲れたところは、「日本海・・・」とも「鳥取・・・・」とも・・・・・700円だった。

とにかくハマチと言っても大きいので、いろいろやってみた。
Hamachi2刺身はやや食感が悪く、味がない。
Hamachi3 塩焼きはパサパサでもっとひどい。

結局、写真はないが、皮の付いたまま1.5cm幅に切って竜田揚げにしたものが一番美味しかった。

ただ、先日地物のアブコを刺身で食べ、アラを味噌汁にしたのだが、もちろん脂はのっていないが、とても美味しかった。

やはりこういった定番の魚でも、旅をしてはいけないのかもしれない。でも、それを言うと築地の魚は全部ダメってことになるから、大きな声で言ってはいけないけど・・・・・

| | コメント (0)

2010年8月 9日 (月)

原爆の日・2

きょうは長崎に原爆が落とされた日です。記念式典で、被爆者代表の方が言っていましたが、とても天気が良く暑い日だったそうで、8月9日が来るたびに、その日が天気が良く暑い日だと、原爆投下のことをより思い出すそうです。

考えてみれば、天気が良かったからこそ原爆が投下されたわけで、昭和20年8月9日、小倉で目視による投下目標が確認できなかったから、長崎に順番が回ってきたのです。小倉が天気が良かったら、きょうは小倉の原爆記念日だったかもしれないのです。

目視による確認って、早い話が原爆投下後の影響を写真撮影するためで、つまり原爆投下は完全に実験だったわけです。ですから、それ以前になるべく一般爆撃をせずに、原爆だけの影響を調べたかったわけです。

私が小さかった頃は、アメリカ軍は神社やお寺などの文化財を守るために、京都に爆撃をしなかったと言われて、感心したことがありましたが、京都も原爆の投下候補地だった訳で、文化財を守る云々、は大嘘だって今では小学生でも知っているはずです。いったい誰が、こんな白々しい嘘を並べたんでしょうね。

エノラ・ゲイのティペッツ機長の息子さんが、原爆投下の正当性を訴えているそうですが、そりゃそうでしょうね、いくら命令されたとはいえ何十万人の命を一瞬にして奪ってしまったのですから、まともな精神なら気が狂ってしまいます。自分たちは正しいことをして、戦争を終わらせ、被害者を最小に押さえた、と思いこむことで、ティペッツ機長は生きてきたでしょうし、可哀想にその息子さんも一生正当性を訴えつつ、この日を忘れることが出来ないのでしょう。

個人的に思うのですが、もし戦争を早期終結して、被害者を少なくしようと思う気持ちがアメリカにあったなら、8月6日広島、8月9日長崎ってのはいくらなんでも、急ぎ過ぎだったんじゃないでしょうか、「日本が降伏しちゃうといけないから、早く原爆落としちゃえ」って気持ちがあったんじゃないでしょうかね~。あのまま行っていると、次は小倉?京都?新潟?・・・・・・・・・

原爆の悲惨さについては、実はアメリカ軍が一番情報を持っているはずで、それ故に自国民に気が付かれてはいけないと思っているのでしょう。アメリカ人のほとんどが、放射能が残留して、長期に渡る危険性があるなんて知らないでしょうね、馬鹿ですよ。

合掌

| | コメント (2)

2010年8月 6日 (金)

原爆の日

きょうは広島に原爆が落とされた、日本人にとってはいつまで経っても特別な日ですね。アメリカの国民は、国策で核の恐ろしさってものを教育されないので、「大きな爆弾」くらいの意識しか持っていない、いやそういう教えなのであたりまえなのですが、かなりの長期間にわたる放射能の恐怖、人間のDNAにさえ及ぼすだろう健康的な被害なんぞは、全く考えたこともないのでしょう。

ですから、このブログではちょくちょく言っているように、映画でも平気で核を爆発させちゃいます。先日も懐かしの映画『トゥルー・ライズ』を観てたら、フロリダ沖の小島で核爆弾が爆発、その閃光の前で、シュワちゃんが奥さんとキッスなんて、馬鹿な映画を観てしまいました。

日本人は、核爆発の結果というのが、非常にドロドロした重くウェットなものだと認識できますが、アメリカ人にとってはカラッとした、その場限りのドライなものだと受け止めているわけです。

本当のことが分かったら、核反対運動が起きちゃうから。アメリカよりももっと始末に悪いのが、北朝鮮やテロリストですが、これはしっかり押さえ込むことは難しいのではないでしょうか。

まあ日本、日本人としては、いつまでもこの原爆の悲惨さ、残酷さを風化させずに、世界各国に伝えていかなければいけないでしょうし、それが使命でしょうね。

合掌

| | コメント (0)

2010年8月 4日 (水)

コウモリ

隣の会社の女の子が「コウモリを捕まえた」とビニール袋に入れて持ってきた。
Koumori1 実に小さなコウモリで、鼻先から尻尾まで3cmあるかないかである。ビニール袋では酸欠になってしまうだろうと、マテバシイの幹に掴まらせたら、なんとか自力で留まっているので、しばらく様子を見ることにした。

ネットで調べてみると、コウモリってのは世界中に役4,000種いるほ乳類の内、1,000種を占めるんだそうで、日本でも33種がいるそうだ。この数、日本のほ乳類の内の三分の一だというから、かなり多い。

種類を調べようと思ったのだが、大人か子供かも分からず、あきらめた。
Koumori2しばらくして見に行ったら、さすがコウモリ、頭を下にして掴まっていた。

これなら、夜の間に腹が減れば飛んでいくだろう。

今朝、見たらいなくなっていた。

| | コメント (6)

2010年8月 3日 (火)

2種

やはり、あちこちで100歳以上の方が行方不明になっていますね。それにしても、現在の日本で行方不明になるって事は、よく考えるととても難しいことで、なにしろ50~60kgの有機物が、痕跡もなしに消えてしまう事になるわけですから、これが簡単なら完全犯罪やりまくりです。

ということは、やはり誰も知らないんではなくて、誰かが密かに埋めてしまった。もしくは先日の111歳の方のように、臭くても我慢していたってことでしょうね。

でも、意識も全くなくて、生命維持装置を付け、胃に穴を開けて食べ物を送りながら生かしているってのは、もっと残酷な気がしますね。それこそ、こんな介護ビジネスなら、まさしく生命に対する冒涜でしょう。
Fish さて、きょうはブリの仲間の幼魚2種が出ていたので、塩焼きで食べ比べてみようと思って買ってきました。下はブリ、上はカンパチの幼魚でしょうか。

ブリの英名ってyellow tailって言うんですよね、黄色い尻尾。

| | コメント (2)

2010年8月 2日 (月)

2010 刈谷万燈祭

毎年、夕立が心配な季節ですが、今年は暑さは飛び抜けていますが、天候には恵まれましたね、万燈祭。ビニールの支度はしてあるのでしょうが、せっかく美しく仕上がった万燈を、そのまま見て頂きたいと思っているでしょう。
Mando1 もちろん、灯が入った方が一段と美しく見えます。
Mando2 実のところ、この暑い時期に、お子様や中高生たちが元気に飛び回れるのも、裏方の仕事が合ってのことで、リヤカーにはお茶や、スポーツドリンクをはじめ、万燈のバッテリー、修復資材が満載ですから、かなりの重量があり、それを補給したり、ゴミを拾ったりで、大変なお仕事です。
Mando3 『世話人』と呼ばれて、町内から駆り出される役員さんには、一番感謝しなければいけないと思いますよ。

また、元気があるというのと粗暴であるということを勘違いして、喧嘩をふっかける連中がいることは、本当に恥ずかしいことで、小さなお子様や外国のお客様も見ているということを忘れてはいけません。

保存会お呼び刈谷市は罰則を強化するべきだと思いますね。

| | コメント (0)

« 2010年7月 | トップページ | 2010年9月 »