« ハタの続き | トップページ | マイワシ »

2010年8月27日 (金)

庶民のワタリガニ

Kani1 庶民のワタリガニ、タイワンガザミの雌です。その昔は、エッチと呼ばれるヒラツメガニや、上等兵と呼ばれるジャノメガニが安くて、庶民のワタリガニと言えたのですが、最近はさっぱり見ませんね。

本来なら、このような抱卵個体は逃がした方が資源保護になるのですがね~・・・・・。じゃあおまえが買って逃がせって?弱ったやつを逃がしても意味ないしね、ってことで食べちゃうことにしましょう。

腹部に付けた卵は、黒くなるにしたがって卵の発生が進み、孵化が近くなってきます。ということで、一番黒い卵を顕微鏡で見てみると
Zoeaちょっとピンボケですが、黒い楕円形に見える部分が眼です。まだ孵化までは時間があるようですが、ゾエアの形になってきてますね。色素も見えますので、次第に黒さが増してくるでしょう。

ところで、カニの養殖って聞かないですが、昔は色々チャレンジしたそうですよ。なぜ出来ないかっていうと、やはり共食いなんだそうです。脱皮直後は殻が柔らかいから、食べられちゃうんだそうです。脱皮しないと大きくならないしね。

で究極の養殖方法は、ニワトリみたいに個々にケージに入れて養殖するしかないんだそうで、それじゃコストも手間もかかって、結局カニの養殖ってのは出来ないようです。

|

« ハタの続き | トップページ | マイワシ »

コメント

こんにちは。
親父さんはいつも外子はどうされていますか?
内子は美味しいからむしゃぶりつくのですが、外子はどうも苦手で^_^;

なにか美味しい食べ方があればご教授ください(笑)

投稿: ヤギ | 2010年8月27日 (金) 17時33分

ヤギさん、こんばんは。

外子は私は捨ててしまいます。
美味しいとは思いません。
内子はねっとりとして、美味しいですね。殻の前部周縁の内子を、箸で剥がしながら食べるのがよいですね。

実は、庶民のワタリガニではない
本物のワタリガニをお盆にたくさん買って、実家に持っていったのですが、内子については、タイワンガザミの勝ちでした。

投稿: からっぽ親父 | 2010年8月27日 (金) 21時18分

やはり外子は美味しくないですよね(笑)
箸で剥がしながら食べる内子は最高ですね。
僕は夜釣りをするのですが良く泳いでいるワタリをタモで掬うのですが、
あまり種類によって味の違いを意識したことがなかったので今度は比較してみます!

投稿: ヤギ | 2010年8月28日 (土) 09時21分

以前、焼津の長谷川さんの所でミルクガニの外子を食べました、私もイガグリガニの外子を食べたこともありますが、美味しくはなかったですね。
http://pinno601.cocolog-nifty.com/blog/2007/05/post_70d6.html
ミルクガニも、イガグリガニも異尾類なので、卵の直径はもう少し大きいです。

まあ、強いてやってみるなら、味付けをしておいて乾燥、ふりかけなんかどうでしょうね。

投稿: からっぽ親父 | 2010年8月28日 (土) 14時07分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ハタの続き | トップページ | マイワシ »