« 井上陽水 | トップページ | 早朝ウォーキング »

2010年10月23日 (土)

ホウボウ

Houbou1 船がほとんど出ていなかった木曜日、馴染みの魚屋さんに「では又明日」と挨拶をして帰りかけたら、高橋カンパニーに大きな活かしのホウボウが何匹か出ていた。どれも値段が同じだというので、一番丸々とした私の体型のようなホウボウを買ってきた。

私の場合、船が出ていないと言われている日が、不思議と掘り出し物にあたることが多い。
Houbou2お約束の胸鰭。

Houbou3 内臓もしっかり確保して。
Houbou4 やはり一番珍味は『浮き袋』でしょう。

追伸:「うきぶくろ」は漢字変換すると『浮き袋』と出てくるが、魚の浮き袋は実は、魚編に票・・・『鰾』が浮き袋です。

|

« 井上陽水 | トップページ | 早朝ウォーキング »

コメント

初めて食べた時、あまりの旨さにビックリしました。
うきぶくろ?まだ食べた事がありません
食感はどんなですか?そして食べ方は?

投稿: 北割 | 2010年10月23日 (土) 22時16分

高橋カンパニーの社長は、いつも島の魚も大量に買い付けて来ますが、この時期の狙い目はやっぱり活けのホウボウでしょう。ホウボウは野締めでも十分美味いのですが、矢張り活け締めには敵いません。活けのホウボウさえあれば、鯛やヒラメはいらないとはちょっと言いすぎでしょうか?これから寒くなると益々脂が乗ってきますから更に美味くなりますね。
北割さんご指摘の浮き袋ですが、私は湯引きにするか、アラと一緒に煮付けて食べています。食感は餅とマシュマロを足して2で割った感じと言えば良いのでしょうか。スズキや鱧の浮き袋も大体似たようなものです。

投稿: へるぞう | 2010年10月24日 (日) 04時32分

へるぞうさんのおっしゃるとおりです。

投稿: からっぽ親父 | 2010年10月27日 (水) 11時22分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 井上陽水 | トップページ | 早朝ウォーキング »