« カニ騒動 | トップページ | 小鯛の焼き干し »

2010年11月24日 (水)

小さいキントキ

小さなキントキが出ていたら、やってみたいことがあったのだが、チカメキントキが出ていた。やってみたいと言っても、大きなチカメキントキと変らず、皮を剥いで唐揚げにするのだが、小さいキントキは安いので、なんとなく得をした気分になれるし、違った魚にも思える。
Kintiki1 もう一つは、マトウダイのように包丁を使わず、キッチンバサミ一つで調理できるか確かめたかったこともある。
Kintoki2 頭の後にハサミを入れ、脊椎骨を切ってから、頭を下に引くと内臓も一気に取れてしまう。

次に体の上下をチョキチョキして、鰭も切り取ってしまうと、上のような姿になるので、前の方の端っこを持って引っ張ると、見事に皮が剥けてしまう。
Kintoki3 今回、河野から揚げが食べたくてキントキを買ったわけだが、身を煮付けと塩焼きにしてもらったら、これも又美味しい。これからの季節、鍋にも良いかもしれないし、ムニエルなどの脂料理も良いかもしれない。
Kintoki4 皮の唐揚げはやはり美味しい。骨は、以前昆布締めにしたレンコダイの骨を干して唐揚げにしたもの。これは、パリパリで美味しいのだが、鰭の鋭さは変らないので、噛む時の角度に注意、垂直に噛んで歯茎に刺さると、これは酷いよ。

|

« カニ騒動 | トップページ | 小鯛の焼き干し »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« カニ騒動 | トップページ | 小鯛の焼き干し »