« 外国鰻 | トップページ | ヒゲダイ »

2010年11月10日 (水)

カビ臭

主に淡水魚ですが、カビ臭がするとか、薬臭いとか言われる商品が出回ってしまうようです。

これの原因は一つではないらしく、アオコなどの藍藻類や真菌類が産生する臭気物質が原因のようで、琵琶湖の水を水源とする、大阪などの水道水が同じように「かび臭い」と言われるのも同じ事らしいですね。

ことに真菌類、streptomyces属の放線菌が出すジオスミン、2-メチルイソボルオネールが鰻、鮎、シジミなどに入り込んでしまうと、臭いと言われることになるようですね。
Shirayaki昨日の、外国鰻ですが、夕方「試食してみろ」 と電話がありまして、貰ってきました。鰻が竹輪のように丸くなっているのは、脂肪分が少ないからです。通常、こういった鰻は商品とは認められないのですが、これはただのサンプルですので、文句は言いません。

一口食べてみたのですが、例のカビ臭が非常に強く、これまた商品にはなりません。買ったんじゃないから良いけど・・・・・

で、一般の消費者として、このような商品に出会った時は、どのようにしたら良いかと言いますと、これはしっかりクレームを付けるべきでしょう。カビ臭というのは、鰻にしろ鮎にしろ、その種特有の匂いではなく、後から付いたもので、非常に不快なものです。

|

« 外国鰻 | トップページ | ヒゲダイ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 外国鰻 | トップページ | ヒゲダイ »