« ウケグチメバル | トップページ | 春画 »

2010年12月15日 (水)

スケトウダラ

Sukesou1 昨日は、夕食が私一人だけなので、鍋にしようと魚を探していた。ところが、船があまり出ていなかったのか、鍋にするような魚がなく、悩んでいたら高橋カンパニーに『スケトウダラ』が出ていた。もちろん、この辺の近海で採れるものではないが、他にないので暫し悩んでいたら、高橋カンパニーの奥様が「こんな時でないと食べられないから・・・」とおっしゃった。確かに、地元の美味しい魚が沢山あれば、手を出すことはないだろうが、不漁の今日なら、と言うことで、実に言い得て妙。
Sukesou2 解体してみると、雄雌一尾ずつ、卵巣と精巣、それと肝をゲット。

スケトウダラの腹腔は何やら怪しげな寄生虫らしきものが、チラリホラリ。決してこの辺の所、生食してはならない部分である。

しかし、鍋にするとこの部分が最も美味しく、身はあっさりとバラバラになるし、それでも出汁は出るので、私が食べ終わった後に帰ってきた長女は、野菜を美味しく食べられたことだろう。

|

« ウケグチメバル | トップページ | 春画 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ウケグチメバル | トップページ | 春画 »