« スナガニ | トップページ | 送りの鯖 »

2010年12月 4日 (土)

みなみらんぼう

みなみらんぼうさんの独特な声と節回しが好きで、CDを借りてきました。
Ranbo あまりビッグヒットというものはなかったのですが、『酔いどれ女の流れ歌』や『ウィスキーの小瓶』など、酒にまつわる歌が多かったので、余計に好きだったのでしょう。ただ前述のようにとても癒される歌声であることも間違いありません。

2度、コンサートへ行きましたが、大会場を満員にする程の方ではありませんので、2度とも、なぎら 健壱さんとのジョイントコンサートでした。

みなみらんぼうさんは、その後『山口さんちのツトム君』の作者として知られ、現在は山登りなど自然愛好家として、テレビやラジオに出演されていますが、独特のお声なので、すぐにみなみらんぼうさんだとわかります。

なぎら 健壱さんもその後、タレント、俳優として大活躍されているのはご存知の通り。

      ウィスキーの小瓶を口に運びながら

      涙と想い出を肴にして

      酔いつぶれてしまいたいなんて、思っているこの僕を

      あなたが見たら 子供のようだと

      きっと僕を笑うでしょうね

      分かっていながら 飲む男の気持ちなど

      貴女は 知りもせず

いかにも、あの頃の学生が好きそうな歌詞でしょ。

|

« スナガニ | トップページ | 送りの鯖 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« スナガニ | トップページ | 送りの鯖 »