« 2010年12月 | トップページ | 2011年2月 »

2011年1月30日 (日)

また、ムシガレイの干物を作ってみました

日本サッカー、アジアカップ優勝おめでとうございます。

さて、今回のアジアカップ、準決勝の韓国戦では、サッカーの試合以外のことが話題になってしまいましたが、これは日本と韓国ならではのことで、全くくだらない話です。

先取点を入れた、韓国の選手が鼻の下を伸ばして、頬を掻くいわゆる猿の仕草をした、それは日本人を侮辱する時に使う仕草なんだそうですけど、これ、韓国で話題にならなければ、日本人のほとんどの方が、気が付かなかったんじゃないでしょうか。

日本人が猿に例えられるなんて知りませんしね~、だいたいアジア人ですから、日本人も韓国人も中国人だって、そんなに顔つきが違わない訳だし、子供が自分の兄弟に「おまえのかーちゃん出~べそ」って言ってるようなものです。あの選手の顔こそ猿の真似をしなくても充分に猿に見えましたよ。

その後、旭日旗が観客席に見えて、ナショナリズムに燃えたような発言をしたら、韓国メディアが旭日旗の写真を出したり、日本人はキムヨナの悪魔仮面を作って被っていたとの報道がされるようになってきました。

日本のメディアも同じように報道をし始め、テレビ朝日は観客席の旭日旗を写した写真を出し「これなら(あの行為は)仕方ない」とやった訳です。

しかし、ツィッターであの写真は、今回のアジアカップのものではなく、ワールドカップオランダ戦の時の写真だと暴露され、旗の持ち主側から「今回のアジアカップでは持ち込んでいない」との事実も発表されたのです。このことから、旭日旗がなかったという証明は出来ませんが、テレビ朝日の捏造だけははっきりしてしまった訳です。

また韓国のキムヨナの悪魔仮面も、韓国で昨年から売られている土産物品らしく、どうも日本人サポーターが悪意を持ってやったとは考えられないようになってきました(と言うより、わざわざそんなものを韓国から買って持っていかないでしょう)。ですから、韓国メディアもとたんにトーンダウン、例の選手は「イギリス(自分が所属するチームがある)での人種差別に対抗してやった」と発言を翻してしまいました。まあこれによってイギリスでも叩かれているようですがこれは自業自得でしょう。

韓国って国は、いまだに反日教育をしている訳ですから、メディアが日本の非道を取り上げれば、国民が喜ぶだろうという考えで、いくらでも捏造してきます。そういう国なんですから仕方ありません。

ただ、今回はツィッターなどでの匿名投稿では、選手の行為やメディアの捏造には批判的な意見が多く出ていると聞きますから、韓国も捨てたものではありません。

一番酷いのは、テレビ朝日などの日本メディア、なんとかして日本を、日本人を貶めようと躍起になっています。全く事実を伝えようとしていません。恐ろしい国になったものです。
Karei1 前置きが長くなりましたが、昨日は大型のムシガレイを買ってきて、干物を作ってみました。一色では「ワカサ」と呼ばれているカレイで、実際には若狭ガレイと呼ばれる魚はヤナギムシガレイだと思います。
Karei2 卵巣は適度な大きさです。
Karei3大きくて塩味が付かないかもしれないので、べったりと塩を塗って1時間ほど置き、その後塩を落としてから干しました。

| | コメント (2)

2011年1月29日 (土)

高橋カンパニー

昨夜夕方のニュースを見ていたら、一色さかな村の『高橋カンパニー』の特集をやっていた。
Takahasi3高橋社長と言えば、さかな村の名物オジサン。「ハイハイハイハイ」と元気よく、朝からギャグを飛ばしながら、魚を積んだ手押し車で走り回っている。

いろいろ、浮き沈みが激しい魚の業界で、なんとか『さかな村』を活気づけようと、調理済みの魚を詰め合わせた『鍋セット』を土日限定で売り出すことになったそうである。しかも、300円で。
Takahashi2 買うつもりはなかったが、話のタネに、ブログのタネに行ってみたら、「すまんね!!予定終了 又あしたね」という張り紙が。

でも社長はアンコウを開いているし、奥様方は鍋セットを詰めている。
Takahashi1 どうやら、お客さんのリクエストで3つだけ追加製造しているらしい。白菜、生わかめも入れて、カワハギやアンコウのセットだから、ずいぶんお得である。

『さかな村』もこういったサービスを始めれば、新たなお客さんも増えるだろうし、調理の仕方をアドバイスすれば、若い人たちの魚離れにも歯止めが掛かるのではないだろうか。

| | コメント (1)

2011年1月28日 (金)

久しぶりにメイタガレイ

今朝は、よその会社から言いがかりを付けられて、一日中気分が悪いです。まあ、一方的な言いがかりですから、問題はありませんでしたが、お互いの取引先の会社に迷惑が掛からなければ、徹底的にやってしまうのですが、少し我慢しました。しかし、ちょっと考えてみれば、どのような手順で、文句を付ければ正しい方向に行き、自分も恥をかかないか分かるはずなのに、本当に頭の悪い奴でした。名前を聞けば、誰でも知っているような有名会社なのに・・・・・
Meitagarei 今朝は唐揚げにちょうど良いメイタガレイが格安で出ていました。あまり新しくなかったですが、古くてどうしようもないというほどでもない。

300円で74枚ありましたから、1枚4円ってことでしょうか。

頭と内臓を取って、唐揚げにして貰います。

| | コメント (2)

2011年1月27日 (木)

ギャグ

これはギャグなのか、ブラックユーモアなのか、全く分からないニュースがありました。
http://www.asahi.com/national/update/0126/TKY201101260491.html
死刑確定者の4割、拘置所の医療に不安 日弁連調査

全国の拘置所に収容されている死刑確定者のうち約4割が、拘置所内の医療について不安や疑問を感じていることが、日本弁護士連合会が26日に公表したアンケート結果で明らかになった。

 日弁連によると、アンケートは2009年12月~10年2月、確定者ほぼ全員にあたる110人に発送。90人から回答があったという。このうち40人(約44%)が医療に不安や疑問を「感じたことがある」と答えた。自由記述では「医師の診察が受けられない」「問診だけで聴診器を使ってもらえない」などの回答があったという。

 また「レーダー電波が体に設定」などという回答もあり、日弁連は「文面から明らかに精神疾患が疑われる者が複数いる」と指摘。刑事訴訟法が、心神喪失者の死刑執行は大臣の命令で停止できると定めていることから、「執行停止すべきかという点で問題だ」としている。

 アンケートは、面会や手紙のやりとりなど所内の環境について質問した06年のものに次いで2回目。「面会する人はいない」と答えた割合は、15人(約26%)だった前回から、今回は11人(約12%)に減った。

日本という国も、とても広い国で昔から、離島や山奥など無医村と呼ばれる所が沢山あります。最近では、結構大きな島や、市でも産婦人科医が居なくて、遠くまで通ったり、出産も地元では出来ない所が多いようです。

一応、刑事訴訟法475条では

1 死刑の執行は、法務大臣の命令による。
2 前項の命令は、判決確定の日から6箇月以内にこれをしなければならない。但し、上訴権回復若しくは再審の請求、非常上告又は恩赦の出願若しくは申出がされその手続が終了するまでの期間及び共同被告人であつた者に対する判決が確定するまでの期間は、これをその期間に算入しない。

ということになっていますので、この日弁連の発表は

死刑囚が体や精神が傷ついてしまわないように、速やかに(6ヶ月以内)に刑を執行してあげなければいけない。と言っているのでしょうか。

それにしても、昔は弁護士って職業、尊敬される職業だったのに・・・・・・・これじゃアメリカと一緒だ・・・・・

| | コメント (0)

2011年1月26日 (水)

マトウダイ

昨日は高橋さんの所で、小さなマトウダイがとても安くて、買おうとしたのですがどれも一歩違いで先に買われてしまい、大きなマトウダイを買ってきました。
Matoudai1 これくらいのサイズですと、刺身がうまく取れるんですが、なんとなく乗り気がしないので、三枚におろしてからぶつ切りにして、鍋にすることにしました。

前日、ある方と、マトウダイはあっさりし過ぎているので、西洋料理のように油を使って、ソースをかけるような料理に合うのではないか、と話しました。

鍋は以前、小さなものを頭、内臓、鰭、を取って、ぶち込んだことがありましたが、味はどうだったんでしょうか?記憶がありません。
Matoudai2 今回、内臓も大きくきれいに採取できましたので、それも一緒にいただこうということで鍋にしたという事もあります。

結果ですが、マトウダイの切り身は脂がのって、とても美味しかったです。

内臓は、浮き袋は絶品です、胃袋は歯ごたえですね。肝は思ったよりも美味しくなかったです。先日のムシガレイの方がずっと美味しかったです。

マトウダイも旬って事でしょうか、季節によってはこんなに美味しくはないように思いますが、過去の記事を見直してみなければいけませんね。

| | コメント (0)

2011年1月25日 (火)

性犯罪者とGPS

http://www.kahoku.co.jp/news/2011/01/20110123t11013.htm

性犯罪者にGPSを持たせようと、宮城県知事が提案したそうですが、この提案は遅すぎますね。

日本って国はおかしな国で、こういった意見があるとすぐに加害者の人権をふりかざす、馬鹿な連中が多すぎますが、再犯率や、年端もいかない児童が被害に遭っていることを考えれば、そんなことを言っている奴は同類じゃないかと疑われても仕方がありません。

今の政府の方々には、同じように加害者の人権ばかり唱えて、「死刑廃止は世界の流れ」って言っているお馬鹿がいますから、「性犯罪者にはGPS」ってのが世界の流れって事を教えてあげましょう。

そして、世界はもっと進んでいて、「科学的去勢しちゃいましょう」ってところもあり、実際にお隣の韓国でも法案が可決されたそうです。
http://news.searchina.ne.jp/disp.cgi?d=0701&f=national_0701_020.shtml&y=2010
その時の結果は賛成137、反対13、棄権30だったそうですから、圧倒的多数で可決された訳です。

もっと凄いのは、「記事では、韓国の民間調査機関が19歳以上の国民700名を対象に行ったアンケート調査の結果を合わせて紹介した。アンケートによると、全体の75.6%が児童への性犯罪者に対して何らかの処置を行うことに賛成しており、うち38.3%が生殖器の切除など物理的な方法を、37.3%がホルモンを用いた化学的な方法を希望したという。」というわけです、早い話がちょん切っちゃえって事ですね、この場合、性衝動はホルモンが起こしてるんでしょうから、切るのは棒ではなく玉なんでしょうね~。まあそれくらいやっても良いと思いますよ。

| | コメント (2)

程度ってものが(怒)

Douro 昨夜、寝ようかと思って布団に入ったら、どこか近くで大きな車のエンジン音が聞こえてきました。まあ、大型トラックが近くで止まっているのだろうと思い、そのうち静かになるだろうと電気を消しウトウトしたら、エンジン音は益々大きくなるし、複数になってくる、そのうちバックホーンがピーピー鳴りだし大騒ぎになってしまいました。

ベランダに出てみると、道路の舗装工事をしているようで、大きなアスファルトを運んできた車も見えます。

しかし、一晩中はやらないだろう、そのうち静かになるだろうと思っていたら、ちっとも静かになる気配はなし。隣の部屋や、廊下で寝てみても、小さな集合住宅のことですから、全く効果はありません。

結局起きる時間の、4時過ぎになっても、少し工事位置が変ったかなと思うくらいで、一晩中ほとんど眠れませんでした。
Douro2 出勤時に工事看板を見てみると、夜の工事は21:00~5:00までとあります。これじゃ、まるっきり普通の人間の睡眠する時間じゃないですか。いくらなんだって、程度ってものがあると思うんですよ。

工事期間を見てみると、例のごとく3月20日までとなっています。昔から言われている、予算を使い切ってしまわなければ、という親方日の丸根性が丸出しで、真に納得できる朝ではありましたが、完全に寝不足で、通勤時間はかなり気をつけて走ることにしました。

で、今ここの発注者って所『愛知県知立建設事務所 維持管理課』って所に電話しました。結果はこちらの言っていることに「はい」「はい」と答えるだけで、暖簾に腕押し、糠に釘、柳に風って調子で、ちょっと話したかなと思うと「工事区間がなんたらかんたら」こちらにとってはどうでも良いこと、聞いてないことをべらべらしゃべる。これってまるで政治家みたいですね。

こちらもね、道路を利用させて貰っている市民ですからね、出来るだけ協力はしたいと思いますが、例えば夜の12時までにして貰うとか、エンジン音は小さくするとか、色々対処の仕方があると思います。

電話を切る時には、調子の良いこと言ってましたが、現場には何も伝えませんよ。電話を切ったら舌出してるんじゃないかな。

| | コメント (2)

2011年1月24日 (月)

ムシガレイの煮付け

Karei やはり、煮付けは美味しかったですね。味はありますし、柔らかさも全然気になりませんでした。やはり、一番良い時期なんでしょうね。

卵巣も、粒が細かくて柔らかい、口の中に残らずに本当に美味しかったです。

そして、一番美味しかったのが左隅にある『肝』です。結構大きかったので、一緒に煮て貰いましたが、これがネットリと絶品です。

| | コメント (0)

2011年1月22日 (土)

ムシガレイ

先日、お茶の項で島蛇さんがおっしゃった「ためしてガッテン」の効果がかなりあったようですね。
http://www.yomiuri.co.jp/e-japan/shizuoka/news/20110121-OYT8T01021.htm

掛川茶だけに優れた効能があるのではないので、どこのお茶も飲んで欲しいです。

Mushigareiきょうは久しぶりに船が出たので、ムシガレイを買ってきました。全長40cm以上あり、旬なのかとても身が厚く見えました。内臓を取っていると、適度な大きさの卵巣が見えましたので、美味しいと思います。

もう少し、時期が進むととても巨大な卵巣に成熟してしまいますが、こうなると美味しさはなくなりますので、今が美味しい時期でしょうね。

身が柔らかいので、干物にしようかと思ったのですが、私、結構この煮付けが好きなんです。ネット上では、水っぽくて不味いって書いてありますがね・・・・・干物にしても、ヤナギムシガレイほどの美味しさはありませんしね。やっぱり、きょうは煮付けにしてもらいます。

| | コメント (6)

2011年1月21日 (金)

不精者さん復帰

時々、コメントをいただく『不精者さん』が社会復帰され、昨日遊びに来てくださいました。

10月19日、名古屋でお兄さんからの腎臓移植を受けてから3ヶ月、病院と自宅療養で、まだまだ腎臓が悪かった頃の、後遺症を遺してはいるものの、人工透析の必要でない体になり、少しずつ仕事が出来るようになったのは、隣の会社の人間としても嬉しい限りです。

顔色も、以前の土色のような顔色と違い、とても艶のある顔色になっていましたし、何よりも表情がとても明るく豊かになってきました。これは、手術直後に本人から聞きましたが、「とても気分がよい」とのことで、いただいた腎臓が体の毒素をきれいに取り除いていたのでしょうし、それが事実数値にも出ていたのだそうです。

今後は、定期的な通院が必要ですが、せっかくいただいた腎臓ですから、お兄さんに感謝して大切にして頂きたいと思いますね~。悪いことしないように・・・・・

| | コメント (2)

2011年1月20日 (木)

船が出ないので

GDP世界第二位おめでとうございます。パチパチパチパチパチパチパチパチパチパチパチパチ、有人宇宙飛行をして、空母を2隻作り、ステルスまで飛ばしちゃう世界でも有数なお金持ち国家に、まさか貧乏日本がこれ以上、ODAなどの金は出さないよね~。ね~菅さん。
Head1 荒れた天候なので、船が出ませんね~。

こういったときは、送りの荷でも、干物でも何でも良いのですが、ここは例によって久しぶりに、マグロのすき焼きです。

昨日、さかな村は休みですが、アーケードの店で一軒だけ『魚兼』さんはいつも開いていますので、行ってきました。刺身用の骨付きマグロと、この頭を購入。骨付きマグロは刺身で、昨日食べてしまいました。500円で、500~600グラムの刺身が取れます。

頭はこれだけでやはり500円、これは筋が多いので刺身では食べられませんが、熱を加えるとコラーゲンですから、トロッと溶けてこれがまた美味しい訳です。
Head2 可食部は1kg以上取れますから、きょうはすき焼き、明日は唐揚げでいかがでしょうか。

すき焼きは、薄く切って、鍋に入れ生卵でいただきますが、これがまた美味しいんですよ。

| | コメント (0)

2011年1月19日 (水)

モンスターペアレント

女性教諭、児童の両親提訴…抗議連続で不眠症

http://www.yomiuri.co.jp/national/news/20110118-OYT1T00438.htm

これはですね~教師も人間ですから、じゃんじゃんやるべきでしょうね。お互い言い分をさらけ出せばいいです。私に言わせれば、どっちもどっちでしょうが・・・・・

教師側がネズミだとは決して思いませんが、やはり窮すればかみつくんだということを知らしめておかなければなりません。今までは言いなりだった訳で、お遊戯会はみんなが主役、徒競走はお手手つないでゴールイン、なんて実社会では決してないことを親が強要し、学校側が従ってきた訳で、もっと社会に出た時の厳しさと、自分の心の妥協と癒しを覚えさせなければいけません。

病院なんかのモンスターペイシェントは深刻らしく、実際に看護師に暴力を振るうこともあるようで、今や、警察官上がりの対応者を雇っているといいますから、学校でも当事者同士だけでいつまでもごちゃごちゃやっていない方が良いです。

メディアもこういったことは逐一、経過報告をして欲しいです。

| | コメント (2)

2011年1月18日 (火)

元参議院議長

http://sankei.jp.msn.com/politics/news/110118/plc11011811120057-n1.htm

これって、間違ってました。申し訳ありません、ってレベルの話じゃないでしょ。

| | コメント (4)

アリとキリギリス

http://jp.reuters.com/article/topNews/idJPJAPAN-19061220110118

基礎年金が全額税方式って、今まで年金を積み立てていない人も貰えるって事ですよね。もちろん、年金を積み立てている人は積み立てている分+利息分は余分に貰えるんでしょうね。

どうも最近、弱者救済の名の下に、無差別なバラマキが行われ過ぎているように思えてなりません。年金の税負担でも、結局まじめに働いて、まじめに税を払っている人間に負担が掛かり、全く年金を積み立てずに遊興費に使ってしまった人間を養うことになります。

生活保護も年々増加しているそうですが、これも右から左へと現金が渡り、パチンコ屋へ直行という方がいると聞きますし、偽装離婚して手当を貰っている連中もいるそうです。こういったことは定期的に調査する必要があるのではないでしょうか。

また、現金を渡すのではなく、こういった方々が暮らす集合住宅を造り、現金ではなく住居費や食費を援助するって事にすれば、その方が安く上がるし、不正受給もなくなるかもしれません。

そして、体や精神に支障を来している方々も、程度に応じていくらかでも働かなければならないし、それが出来ないなら公共的なボランティアでも少しはするべきでしょうね。公園の掃除でも、草取りでも良いから。

今のままでは、夏遊んでいたキリギリスが冬に死んでしまうんじゃなくて、アリが過労死で倒れて、その遺産でキリギリスが優雅に暮らすって事になってしまうんでしょうね。

| | コメント (2)

2011年1月17日 (月)

やはり雪でしたね~

また法務大臣におかしな人がなってしまいました。
http://mainichi.jp/select/seiji/news/20110115ddm041010131000c.html
死刑制度ってのは、今の日本では、紛れもなく法律として存在する訳ですから、それに対して異存があるなら、法務大臣になる前に法律を変えなければいけません。

「法務大臣になって下さい」と依頼があったなら、じっくり考えて、執行命令にサインできるという決心がついたら受諾すれば良いし、死刑制度に反対だとか、執行命令にサインしたくない、できないと思うなら、法務大臣を受けなければよいのです。実に簡単なことです。

だいたい子供じゃないんだから、自分の好きなことはやるけど気に入らない仕事はやらないってんじゃ、月給泥棒ですよ。
Snow さて、昨日朝は大丈夫だったのですが、日中ずっと雪が降り続き、かなりの積雪になってしまいました。

昼前に家に帰ったのですが、日中ということもあって、道路はすぐに溶けていったのですが、夜間になると道路凍結が心配されました。

幸いなことに、温度が極端に冷えなかったのか、今朝の早朝も雪は残ったものの、杯の上など以外の極端な凍結は少なかったです。

私のスタッドレスタイヤは、何の問題もなく走行できるのですが、ほとんどの車は雪道の支度がないので、極端なノロノロ運転、長い橋などでは停まってしまうようなスピードです。やはり、雪道の支度が出来ていない車は、のこのこ出てきてはいけません。いい迷惑です。

もう何年か前の大雪の朝、橋の手前の坂で、チェーンを巻いて走っていた私の車を止めて、「引っ張っていってくれ」と言った大馬鹿野郎がいましたが、雪道をまともに牽引できるのか、考えて言って欲しいものです。

以前、ばんどりさんもおっしゃってましたが、雪国でもこんな車が多いんだそうですね。しかも地元の人間でも、我が家では長女の車もこの季節、スタッドレスにしてあります。二女は雪が降れば電車で行けばよいので、ノーマルタイヤです。

雪が降ったからと言って、休んだり遅れたりするのでは、社会人として失格ですしね。もちろん、一番恐いのは事故を起こすことですから。

| | コメント (0)

2011年1月16日 (日)

海苔の話

外は雪が降ってまして、温度が低いものですからあたりは真っ白になってきましたね。こんな日は早く帰った方が良いかもしれません。

さて、海苔の話なんですが、一般的に寿司やおにぎりに使う海苔は「黒海苔」と呼ばれていますが、これは「青海苔」に対比して使われる言葉だと思います。日本で養殖されているこの黒海苔は正式な名前では「スサビノリ」ってのが一番多いんじゃないでしょうか。もちろん、「アサクサノリ」や「ウップルイノリ」なんて種類も養殖されているかもしれません。

品種は色々改良されて、今日の海苔養殖が発展してきたのでしょう。学生の頃、M先生の水産植物学教室では、多数のフラスコに空気を送って、電気をこうこうと点け、海苔の葉片を培養していたことを思い出します。

この黒海苔は、生活史の一時期、海底に転がっている牡蠣などの貝殻に穿孔して暮らしていることがイギリスのドリュー女史の研究で発見され、それまで天然の採苗に頼っていた海苔養殖が、安定した採苗へと変化していったことは有名な話です。

有明にはドリュー女史の記念碑が建てられていると言います。詳しい話はこちらで。
http://www.j-nori.com/yomoyama1.html

| | コメント (0)

2011年1月15日 (土)

わかめが多くなってきました

昨日の内閣改造の記者会見、菅さん、切れてましたね~。しかし、私も記者さんと同じく、答えになってないところが多いと思いましたよ。それで、新内閣の名前は?ってところで困っていたようですが、これはもう「行き当たりばったり内閣」でよろしいんじゃないでしょうか。

立ち枯れのお爺さんは、最後に一花で、もう引退ですね。つき合わされた国民はたまったもんじゃありません。それにしても、よそから引っこ抜いたり、横滑りだったり、民主党ってホントに人材いないんですね~。
Wakame1 最近、仕事の関係で、あまり手の込んだことができないので、ついつい安直に済ませられるものを買うことになってしまいます。

昨日はヤリイカの美味しそうなものがあったので購入。
Wakame2

きょうは、生わかめと、わかめの茎の佃煮、天然の牡蠣を購入。わかめの茎は生のものが出ているので、自分で作れば良いんですが、なかなか仕事に追われるとゆとりがありません。

生わかめは先日来、サッと茹でて酢醤油でいただくってのをやってますの、今回はわかめたっぷりの味噌汁を作ってもらいましょうかね~。

牡蠣は豊橋産の表示がありますが、あの辺の天然牡蠣なんでしょうか。これは一応加熱用って書いてありますから、鍋にしようと思っています。佐久島の天然牡蠣が美味しいから買ってみた訳で、ちょっと不安です・・・・・

| | コメント (0)

2011年1月14日 (金)

海苔をいただきました

知り合いの方から「今年の海苔はモノが悪くて申し訳ないけど・・・・・」と言って海苔をいただいた。
Nori なんでも今年は天候が悪いのか、海況が悪いのか、海苔の出来が良くないのだそうだ。色が悪いだけではなく、固くて美味しくないとのことだが、いただくものに文句は言わないので、有り難くいただいた。

この辺の方々にとっては、海苔はソウルフードであり、静岡県人のお茶と同じくらい愛着とこだわりがあるように感じる。事実、炊きたてのご飯にサッと炙り醤油を付けた海苔をのせて食べれば、いくらでもご飯が食べられてしまう。

それにしても、海苔養殖業者は年々減るばかりだと言うから、三河湾の伝統産業も益々廃れていくのだろう。

なんでも、今の海苔は生海苔を入れると、写真のように乾燥されて出てくるというから、かなりハイテクマシーンで、その値段もウン千万円だとか、お年寄りでは設備投資に金がかかって、仕事が継続できないのだとか。金をかけて大量に生産しなければやっていけない時代になってしまってるんだね~。

そういえば、70才近い知り合いの鰻屋さんが「若い頃は1年に300杯(1杯は約40kgだから、12トンということになる)出荷したいと思っていた」と笑っていたが、今のこの地区の平均出荷量は50~60トンだというから、数倍の出荷量になってしまったし、またあまり少ないと経費倒れになってやっていけないのだ、と聞いた。

海苔にしても、ウナギにしても設備投資に金がかかりすぎて、新規参入は難しそうだな~。

| | コメント (2)

2011年1月13日 (木)

お茶の話

偶然にもコメントをいただいたお二人が、お茶に関するテレビ番組をご覧になったとか。

静岡県人のお茶好きはちょっと言葉では表せないくらいでして、美味しいお菓子があるからとか、漬け物をいただいたからということではなく、お茶を飲むためにお茶を飲んでいるということで、むしろお菓子などはお茶の付録で、なければなくとも良い、と言いましょうか、なくて当たり前という感じです。

ここ一色町は抹茶の産地西尾市が隣なので、少しはそのようなことがあるのかと思ったら、全くありませんね。お茶なんかなければないで構わないというお宅が多いようで、新茶の季節に少量の静岡茶を差し上げても、何ヶ月もその辺に放り出してあるような事が良くありました。

私の母達の食堂や旅館の評価には、まずお茶が美味いか不味いかってのがありまして、旅行に行く時には普段飲んでいるお茶を持参する場合もありました。

今から20年以上前、缶入り飲料の自販機が一般的になった時に、私はコーヒーが好きではないのでウーロン茶ばかり買っていました。しばらくすると、緑茶が発売されるようになったのですが、私の通勤途中の25kmの間に缶入り緑茶が売られているところは2ヶ所しかありませんでした。

その頃、掛川の実家近くの自動販売機には緑茶がずらっと並んでいて、お茶文化の違いが見られました。

さて、その肝腎の健康面に関してですが、私はよく分かりません。胃癌の予防効果があるという話を聞いたことがありますが、私の大叔父は胃癌ではありませんでしたが、食道癌になりました。

これは以前お話をしたことがありますが、私の大叔父は遠州森町で製茶業を営んでいました。ここで一番茶の頃アルバイトをしたことがあるのですが、大叔父は入荷される色々なお茶(小さな店なのでごく少量のロット)をすべてポットの大湯を注いで味見をしていきます。そして、仕事の合間にはゆっくりですが、またお茶を飲みます。

ですから、大叔父が食道癌になったのはお茶の飲み過ぎだったのではないかと思っている訳です。冷ましてあるとはいっても、煎茶ですから結構温度がありますからね。

さて、私の母曰く「森の叔父さんはお茶を入れるのが上手だ」とよく言ってましたが、私が見ている限り特別なテクニックはありませんでした。たっぷりの茶葉うぃお急須に入れて、ポットのお湯をサッと入れ、一滴も残さず注ぎ分けるくらいですね。今と違って、昔のポットは電器保温していないから、適度な温度になっていたことは確かです。

大井川を鉄道に沿って遡っていくと、川根近辺に道の駅があり、そこで有料のお茶入れた意見が出来ます。おばちゃんが、目の前でお茶の入れ方の指導をしてくれて、こちらもやってみるのですが、一煎目、二煎目とお茶の味が変るのを感じます。お近くへ旅行された方はぜひお立ち寄り下さい。

| | コメント (4)

2011年1月12日 (水)

カワハギ

今年になって、まともに買い物参加していないので、勇んで市場へ行ってみたのですが、あまり魚はありませんでした。
でも、待望のワカメがあったので購入。暮れには350円ほどした生ワカメもきょうは200円でした。思わず二つと言いそうになったのですが、パック入りとはいえけっこうな量なので、やめておきました。
Kawahagi1 深谷さんにカワハギが出ていて、大きなものは数が少なく、小さなものは数が多い、こんな時どちらがお得なんでしょうね。以前のタイラギの実験(いえいえ、そんな大袈裟なものではないのですが)では大きくて数が少なくても、可食部が多くて得だった、ということはありましたが、カワハギの場合は、刺身で食べるなら大きなものの方が良いかな?と言ったところでしょうか。
Kawahagi2 肝もたっぷり入ってますから美味しそうですよ。あふれてます・・・・・

| | コメント (4)

2011年1月11日 (火)

羽毛布団

寒い日が続きます。
1 車の外気温は早朝でマイナス1度を表示していて、連日この寒さです。

今の集合住宅へ引っ越すまでは、とても寒い環境で寝ていて(二階の三方窓)敷き毛布に掛け毛布、厚手の布団を二枚掛けて寝ても寒い日は吸入する空気が冷たくて目が覚めてしまうという具合でした。

今のところへ引っ越したのは、12月8日と冬に入ったところでしたが、寝る時に掛け毛布と厚手の布団を使ったところ、厚くて汗をかいて起きてしまいました。次の日も同じです・・・・

そこで、やっとこういったコンクリートの集合住宅は暖かいことに気が付き、掛け毛布だけで寝たところ快適に寝られました。

しかし、本当に寒い日は掛け毛布だけでは夜中に目が覚めることもあり、薄手の布団を組み合わせたりしていましたが、今年になって「通販で宣伝している『羽毛布団』はどうだろうか?」と思いつき、注文してみました。

正月が開けて到着した羽毛布団は、重さこそないもののけっこうなカサがあるものなのですね~。早速その夜シーツを付けてもらって寝てみましたが、何故かすぐに目が覚めてしまうのです。何故だろう?当然寒いことはありません。暖かすぎる?いえいえ・・・・・・夜が明ける頃(私の場合は4時頃ですから、夜はまだまだ明けませんが、起床時間です)気が付きました。「これは軽すぎて、体が慣れていないので不安になっているのではないだろうか?」ではと、今までの毛布の上に羽毛布団をかけてみると、暑くて寝られません。

これはやはり慣れるしかないのでしょうか・・・・・重い羽毛布団ってのでは、宣伝にもなりませんしね~。

ところで、羽毛布団ですがどこで買ったかと言いますと『ジャパネットたかた』の12,800円ってやつです。そうそう、限定30とか言うやつ・・・大嘘ですよ、いっぱいあると思います。安いからと言って、その辺のブロイラー工場で作っているものじゃないでしょう。

そういえば、ここ一色町に「エク●ルヒュー●ン」って、お金持ちお年寄り御用達の催眠商●まがいの(え?まがいじゃない?)連中が来ましてね。そこでは羽毛布団が300,000円で売られていたようで、何組かまとめて買った方もおられたようです。

このような羽毛布団は丹頂鶴の羽毛で作ってあるとか、寝ると必ず美女が横で添い寝してくれる夢を見るとか、良いことがいっぱいなんでしょうね。

我が家の安い羽毛布団では、毎晩女房が大鼾で添い寝してくれています。これは羽毛布団を買う前からですが・・・・・

2 昼前になっても外気温は4度、風がない分だけまだましですが、寒に入ったばかりですからまだまだ寒いですね。

| | コメント (6)

2011年1月 8日 (土)

今日はナマコ

Kamome2 今朝はとても冷たくて、零度を下回ったのですが、日が昇るのに従って暖かくなり、港ではカモメさん達が日向ぼっこの真っ最中でした。
Kamome1 彼らも食糧を確保するためには、海が穏やかな方が良いでしょうね。
Namako1 さて、船が少しは出たようで、魚がありましたが、最近早朝の仕事が忙しく面倒な下ごしらえは出来ないので、ナマコを買ってきました。

ナマコはご存知、棘皮動物(門)でこの中には5つの綱(こう)が存在します。ウミユリ綱、クモヒトデ綱、ヒトデ綱、ウニ綱、ナマコ綱と5つです。ウミユリ綱では浅い岩礁の海に、鳥の羽を束ねたような海藻と見間違うものが存在しますが、これがウミシダで一番よく見かけるウミユリの仲間です。

クモヒトデは、海岸で石をめくったりすると、ミミズのような細い腕を持ったヒトデがいますので見たことがあると思います。

ヒトデ、ウニ、ナマコはよくご存知だと思いますが、この中でヒトデはあまり食べるという話は聞いたことがありません。もちろん体は石灰質で食べても硬く美味しくないと思います。

その昔、高校生の頃、北大出身の先生が「海水浴でヒトデを捕まえて、たき火に放り込み、焼けた卵巣を食べた」と言っていましたが、これも遊びでやったことで、食べる習慣があったのではないでしょう。

ナマコは「これを最初に食べた人は偉い」と言われていますが、グロテスクという概念は現代のように本や映像が氾濫しているからこそ起こるのであって、その頃は単純に生きているもの=食べ物の可能性がある。という事だったのではないでしょうか。もちろん、最初は二杯酢とか三杯酢ってのはないのだし、先程のヒトデのように、ただたき火に放り込んで食べただけだと思います。以前、志摩の船越ってところで、ナマコの焼いたものを食べさせて貰ったことがあります。また棘皮動物ではありませんが、韓国ではホヤの焼いたものを食べたことがあります。

さて、ウニなんですが「足のあるものは机以外食べる、飛んでいるものは飛行機以外食べる」と言われた中国人も、ウニはあまり食べなかったようですね。現代の、中華料理なのかフランス料理なのか、はたまた日本料理なのか分からない料理ではありません。その昔の、本当の中華料理です。

これは私の全く個人的な見解ですが、ウニは(卵巣は)乾燥できなかったからではないでしょうか、つまり中華料理の海鮮原料はほとんど乾物なんですよね。間違っていたらごめんなさい。

で、ナマコに戻りますが、マナマコですね今我々が普通に食べるのは。これには赤、青、黒、ってありますがこれは全部同じ種類だと言われています。筋肉中に存在する骨片が同定の判断になったのでしょうか?
Namako2さて、ナマコの腹側・・・どちらが腹でどちらが背なのか分からない?いや頭も分からないぞ・・・・とにかく細い吸盤のようなものがいっぱいありますが、これは「管足」です。これで移動していきますが、この管足はウニにもヒトデにもあります。水族館などで、ガラス壁に付着した管足を見てきてください。

では、きょうはナマコ、いただきます。

| | コメント (2)

2011年1月 7日 (金)

隻眼の少女

やはり、船は出ていませんでした。ナマコもワカメもありません・・・・・
Book ミステリー小説『隻眼の少女』を読みました。

雑誌などの書評で、比較的評判が良さそうだったので、たまたま本屋さんで見かけて買ってきました。

最後の数行で、全てが分かるのですが「え~~~?この落ちってあるの?反則じゃない?」という内容です。死んだ人間が生き返ったり、実は●●公が犯人なんて、それなら何でもありじゃん。てな内容ですね。

水干ってのは牛若丸が着ていた服装ですか、別にそんなもの着ていなくても良いし、探偵という職業が明智小五郎のような設定だし・・・しかも現代に・・・・・

文庫本になってから買えば良かったなぁ~。

| | コメント (0)

2011年1月 6日 (木)

ぼやき

毎年、正月明けのこの時季になると、魚を備蓄しておかなかった後悔でいっぱいです。ギンフグが安い時があったのに、ヤリイカなら冷凍しておいても美味しく食べられるのに・・・・・干物も作っておくべきだった・・・・・

松前漬けも終わり、あとはいただき物の「このこ」と「二のワタ」があるばかりです。

明日が開市だと思うんですが、きょうは船が出るか出ないかは微妙なところ。

地物のナマコかワカメでもあればいいなぁ~。

| | コメント (2)

2011年1月 4日 (火)

電動歯ブラシ

新年を迎えたので、電動歯ブラシの「ブラシ」の部分を交換した。
Doltz 実は私は歯の磨き方があまり上手ではなく、それでもって歯石が溜まりやすい体質なので、半年に一度歯医者さんで歯石を除去して貰っている。その間にも、下の前歯の内、外に歯石が溜まっていくのが肉眼でも見えるので、ピンセットでガリガリ擦り落としたりしていた。

ある時、電動歯ブラシで磨けば、均一に磨けるのではないかと思い、色々調べた結果、PanasonicのDoltzシリーズが良かろうと購入してみた。

家では充電式のEW-40、仕事場兼旅行用はこのポケットdoltzで、色々な色から選べて、楽しい。これは単4電池1本が電源。

価格も安く、替え歯ブラシも充電式のものの半分と、とてもお得。しかも、歯ブラシ、電池ともに持ちがよろしいときている。

家で使っている充電式の歯ブラシが、1週間ほど(1日2回使用)で充電催促になるのに、このポケットdoltzは3ヶ月間(1日1回使用)電池交換なしである。まあ、電気代としてどちらが高いかは計算するすべがないが、充電の手間が面倒くさい。

と、まあ色々言ってみたが、電動歯ブラシの歯垢、歯石を取る能力はとても優れているので、毎日鏡を見ては満足している。

| | コメント (0)

2011年1月 3日 (月)

ホシゴイ

西部方面に車を走らせていたら、鶏の死骸発見。
Hosigoi1 これはゴイサギの幼鳥、いわゆる『ホシゴイ』ではないだろうか。ホシゴイは茶色の地色に白い斑点がたくさん付いているので、それを星に見立ててホシゴイという。
Hosigoi2 ゴイサギとは、『五位の鷺』で後醍醐天皇に「正五位」を授けられたとか。鳥の中では結構位が高い。木では「イチイ(一位)」があるから負けるけど。

最近、鳥インフルエンザの話がよく出ているから、触らずにそのまま放置した。

昨年、実家で聞いた話だが、実家の隣のお宅では庭になった柿を食べないそうである。何故なら、鳥が来て柿をつつくため、その柿を食べると、鳥インフルエンザに罹ってしまう。と本気で思っているらしい。

まあ、こんな人間がいるって事は鳥にとっては有り難いことだろうけど。

| | コメント (0)

2011年1月 2日 (日)

正月料理

このところ、我が家の正月料理で恒例なものは『カニ鍋』ですかね。
Kani1_2   年末に「さかな村」で冷凍のズワイガニを買って、あとは鍋にぶち込むだけですが、ダシは良く出るし、まあ我が家でも十分に食べられる味になります。

ただ、冷凍ズワイガニも色々なものが出ていて、不味いものを買ってしまうととても塩辛く、食べられたものではありません。ですから、なじみの魚屋さんがあっても、いつものメーカーを買っておけば間違いないので、この箱のものを買うことにしています。

昨年までは5kgのものを買っていましたが、一回では食べきれないし、下ごしらえは私がしなければいけないので、今年は3kgのものを買いました。
Kani2_231日の夕方に冷凍庫から出しておいたものが、今現在も凍っていますから大慌てで箱から出しました。

さて、今から食べやすいように下ごしらえしましょうか。

きょうはお客さんがあるらしいです。

| | コメント (0)

2011年1月 1日 (土)

ウミウサギ

あけましておめでとうございます。

昨夜まで大荒れの天気でしたが、今朝は穏やかな新春を迎えることが出来ました。

皆様本年もよろしくお願い申し上げます。

Ichibarajinja1 今年は珍しく早朝の仕事がなかったので、朝はゆっくりと家族全員でお雑煮なんぞをいただき、娘達にお年玉をかなり露骨に請求したのですが、無視されてしまいました。よく考えると、我が家では自分の娘達にお年玉を上げたことがないような気がします。

お年玉ってのは、お爺さんやお婆さん、親戚の方々にいただくという躾を女房が小さい頃からしていたのでしょう。
Ichibarajinja3 食事を終え、元旦恒例の・・・・と言っても、ここ数年のことでしょうが・・・・・初詣です。

歩いて15分くらいの所にある『市原稲荷神社』です。もちろんお願いしたのは「年末ジャンボ、一等があたってますように」です。
Omikuji おみくじの抽選は『一番』、運勢は大吉「苔むせる 松ヶ枝に 千年の 鶴鳴きて 晴れたる 空に 御代を 寿ぐ」・・・・・・これってもしかしたら、先程お願いした年末ジャンボの運が、おみくじに行っちゃたんじゃないだろうね~。(年末ジャンボの結果はまだ見ていません)

Ichibarajinja2 ここ市原さんには『赤星守り』なるものが存在します、健脚祈願と書いてありますが、これは以前阪神タイガースの名選手、赤星さんがこの近くの出身だったということでしょう。

帰ってポストを開けてみると、年賀状が来ていました。
Umiusagi2 今年の私の年賀状は、これウミウサギを使ってみました。一昨年が丑年で「クロウシノシタ」昨年が寅年で「クラカケトラギス」今年が卯年で「ウミウサギ」って訳です。年賀状にも書きましたが、ウミウサギはタカラガイの仲間で、海の中で生きている時には真っ黒な外套膜に包まれています。外套膜をちょんちょんとつつくと、驚いて貝殻の中に引っ込むので真っ白な貝殻が見えるのです。

ウミウサギはソフトコーラルと言われる腔腸動物を餌にしているので、その近くを探していると発見できるのですが、私は一度だけしか発見採集したことがありません。

ユビノウトサカというソフトコーラルの近くに、テーブルサンゴの死骸が転がっていて、その下に2匹隠れていました。

この写真のものはその時のものではありません。

今年も皆様のご多幸をお祈り申し上げます。 

| | コメント (4)

« 2010年12月 | トップページ | 2011年2月 »