« ぼやき | トップページ | 今日はナマコ »

2011年1月 7日 (金)

隻眼の少女

やはり、船は出ていませんでした。ナマコもワカメもありません・・・・・
Book ミステリー小説『隻眼の少女』を読みました。

雑誌などの書評で、比較的評判が良さそうだったので、たまたま本屋さんで見かけて買ってきました。

最後の数行で、全てが分かるのですが「え~~~?この落ちってあるの?反則じゃない?」という内容です。死んだ人間が生き返ったり、実は●●公が犯人なんて、それなら何でもありじゃん。てな内容ですね。

水干ってのは牛若丸が着ていた服装ですか、別にそんなもの着ていなくても良いし、探偵という職業が明智小五郎のような設定だし・・・しかも現代に・・・・・

文庫本になってから買えば良かったなぁ~。

|

« ぼやき | トップページ | 今日はナマコ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ぼやき | トップページ | 今日はナマコ »