« ウミエラ? | トップページ | ワレカラ »

2011年3月25日 (金)

カタクチイワシ

新潟県のトキ保護センターで、放鳥する予定のトキがビタミン不足だというラジオニュースを聞いた時に、すぐにピンときました。
Katakuti 生のドジョウだけを大量に食べさせたのでしょう。

以前もカタクチイワシを買った時に言ったのですが、その昔養殖ハマチが大量死した時に、カタクチイワシが大漁で、そればかり与え続けていたのだそうです。

長崎大学水産学部 保田教授の研究でカタクチイワシにはビタミンB1分解酵素のサイアミナーゼが多くて、結果、ビタミン不足に陥るのだそうです。

淡水魚も、ドジョウやフナなどにサイアミナーゼが多く、こればかりを連続で与えるとビタミン不足になりますから、時々別の餌を与えるか、ビタミンB1を強化した餌を与えなければいけません。

自然界なら、虫やカエルを食べますから、ドジョウばかりを食べることはないのでしょうね。

というわけで、きょうはカタクチイワシを買ってきました。

腹が破れそうで、古いかと思いきや、結構新しいのです。手開きしてありますので、軽く酢で締めて頂こうと思っています。

|

« ウミエラ? | トップページ | ワレカラ »

コメント

最近旬なのかよく見かけるカタクチイワシ。昨日も大抵の仲買に出てました。底引き網で獲ってくるので傷だらけになってしまうのでしょうが、その為に引いてしまう客もいるのでは?
ところで、高橋カンパニーの人(かおるさんだと思います)が「しこ」と呼んでいたのですが、これは一色での呼び方でしょうかね?

投稿: へるぞう | 2011年3月26日 (土) 11時37分

「ひしこ」=「しこ」=「ししこ」
カタクチイワシの地方名でしょうが、魚偏に「是」がひしこだといいますから、案外由緒正しい名前なのかもしれません。と言うか、違う種類だと思われていたと言う説もありますが、成長でそんなに違うとも思えませんし、ちょっと不思議ではありますね。

投稿: からっぽ親父 | 2011年3月26日 (土) 13時22分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ウミエラ? | トップページ | ワレカラ »