« 大きな大根 | トップページ | カタクチイワシ »

2011年3月24日 (木)

ウミエラ?

今、日本で一番有名な方は「仁科亜季子さん親娘」でしょうね。
Ankou1 暖かくなるとアンコウが安くなると報告していますが、19日に安いアンコウが出ていたので買ってきました。体表面に粘液がべったりですが、充分新鮮なアンコウです。タワシで、ゴシゴシと粘液を落としました。
Ankou3 例によって、キッチンバサミだけで解体しましたが、やはり肝が小さいですね。北国のように、水温が低くないからなのでしょうか?

鍋にしましたが、骨付きの部分はじっくり煮た方が身離れが良くて美味しいですね。

今回のアンコウ、実に味があって美味しいアンコウでした。
Ankou2 ところで、このアンコウの頭に乗っている物体、これは何でしょうか?

Umiera1 私はまだ実物にお目に掛かったことがないのですが、これが『ウミエラ』ってやつでしょうか?

砂泥に右側の柄のような部分を突き刺して生活しているようです。
Umiera2 腔腸動物らしいです。

|

« 大きな大根 | トップページ | カタクチイワシ »

コメント

ウミエラって乗っかっているのですか?それともアンコウに突き刺さっているのですか?どちらにしても面白いですね。
杭の部分が尖って刺さりやすくなっているのですね~。やはり、海は面白い!

投稿: 北割 | 2011年3月24日 (木) 21時17分

これはですね、底引き網で一緒に獲られてしまって、偶然アンコウの頭に乗ってしまったのでしょう。

アンコウの粘液でくっついてしまっているようです。

海の中には色々面白い生物が多いですよ。

投稿: からっぽ親父 | 2011年3月25日 (金) 13時52分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 大きな大根 | トップページ | カタクチイワシ »