« CM | トップページ | 大地震4 »

2011年3月19日 (土)

花の鎖

『告白』でお馴染み、湊かなえさんの新作『花の鎖』を読みました。これから読む人にネタバレしてはいけないので、少しだけ感想を書きます。
Hananokusari とても面白い物語でした。3人の女性がそれぞれの人生を歩み、関わる人間模様が別々に広がっていたと思ったら、ある時サッと立体的に組み合わされたのには驚かされましたが、ある意味作者に完全に騙されていた訳で、なるほどそうだったのか、と苦笑いする嵌め方だったですね。

この物語、殺人事件はありませんが、復讐劇の一種ではあるでしょう。とてもきれいに真相が暴かれているので読後の爽快感があります。ただ、読み終わった後に、もう一度最初から半分くらい読み返したほうがよいかもしれません。私は、白い紙に、登場人物を書き出して線で結んでみました。

おそらく、おそらくですよ、映像には非常にし難い物語ではないでしょうか。

|

« CM | トップページ | 大地震4 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« CM | トップページ | 大地震4 »