« 春の海岸 | トップページ | 今年も4月4日 »

2011年4月 3日 (日)

鳥の死骸

昨日から幡豆郡一色町はお隣の西尾市と合併して、なくなってしまいました。町民の方に「合併して何か良いことあるの?税金安くなるとか」と聞くと、「いや高くなるだろうな、既に上がっている」と言うし、「インフラの整備が良くなるとか?」と聞くと「いやいや、旧西尾市優先で、益々悪くなるんじゃないか」とのお答え、「じゃあ、何故合併するの?」との質問には「さあ、何でだろうか・・・・?」とおっしゃる。

結局、このまま単独の町では経済破綻してしまって、存続できないから。という説明に、町民が首をひねりつつも、したがってしまったという図式なんでしょうか。

Bird1 さて、一色さかな村の駐車場に鳥の死骸が落ちていました。

死骸といっても、ほとんど骨だけで、それに両翼が付いた状態です。
Bird2 骨に付いた肉もきれいにほじくりだされていますし、筋も残されています。

頭は付いていませんし、翼の一部だけしかありませんので、私には鳥の名前は分かりません。

この死骸はやはり、猛禽類に襲われたものなんでしょうね。

|

« 春の海岸 | トップページ | 今年も4月4日 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 春の海岸 | トップページ | 今年も4月4日 »