« 渋草焼き | トップページ | 魚が・・・・・ »

2011年6月 8日 (水)

ハガツオ

Hagatuo1 土曜日、何かないかと探していたら通称キツネ、ハガツオが出ていてビックリ。

以前、この市場でも見たことがあるが、体中擦れてとても買おうと思わない代物だった。

今回、吻の部分がやや擦れて見えるが、全体にツヤと張りがあり、これは結構いけるな、というものだったので購入、いや実は3尾550円という値段で購入した訳だが、新しいことは確かだった。
Hagatuo2三重県で暮らしていた私だが、ハガツオはそれほど頻繁に食べられる魚ではなかった。大量に獲れることがないからと、身が柔らかいので鮮度の良いものでないと流通しないからである。

私は、例の『ヨット』で、新しいものがあると仕入れてくれたので、胸鰭の下に斑点のある『スマ』(通称ヤイト)などと同じく、ごくたまに食べたに過ぎない。だから、おろすのも今回が初めてであった。

体には、鱗らしきものがほとんどなく、身が柔らかい以外それ程難しいことはなかった。しかも、やはり比較的新しいので、身が崩れることもなかった。
Katuo3 半分を、表面を焼いて我が家風のたたきにした。塩をして、叩いたところ、ペタペタ・・・・。
Katuo4 薬味をのせて、タレをかけてペタペタ・・・ハイ出来上がり。おいおい、ネギが切れてなくて、繋がっちゃってるよ・・・・ペタペタ。
Katuo5 残り半分は刺身に、いくらなんでも我が家だけでは食べきれない、と思っていたら、からっぽ息子1号が来るということで、なんとか片づけることが出来た。(このあと、翌日に蕎麦を食べに行くことになってしまった訳だが・・・・・)

スマと言いキツネと言い、身は柔らかいがとても味のある魚で、この近辺で揚がったものと思っていた。翌日、高橋カンパニーの社長に、この辺の所をお聞きすると「山陰から北陸あたりで揚がったものが、名古屋市場に来た」とのことで、ちょっとビックリ。

まあ、美味くて、安ければ、どこのモノでも文句ないんだけどね。

|

« 渋草焼き | トップページ | 魚が・・・・・ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 渋草焼き | トップページ | 魚が・・・・・ »