« すだち | トップページ | ただいま上陸 »

2011年9月21日 (水)

マイワシの梅干し煮

台風本体の雨雲がかかって、愛知県・静岡県は真っ赤かです。これでも、台風が西側を通るのと、東側を通るのでは大違いです。

さて、いただき物の本格的梅干しが、塩を吹いて結晶が大きくなってきたので、なんとか使い道を考えていたのですが、『イワシの梅干し煮』を作ってみました。
Maiwasi2 酒と味醂の中に、塩を吹いた梅干し数個と、一緒に入っていた赤ジソを入れて、沸騰したら、頭と内臓、尾鰭を取ったマイワシを入れてコトコト煮ます。1時間ほど弱火で煮たのですが、煮汁がなくなってきたのであきらめました。酒と味醂なので、十数パーセントはアルコールということで、早く煮汁がなくなるんでしょうか、もう少しコトコト煮るためには最初から、たくさんの汁を使わなければいけません。

それでも、小骨と鰭は全く歯に当たらないくらい柔らかくなっています。背骨はまだ固いですね。

味は、しょっぱいですけど、梅干しと赤ジソの風味がしっかり残っていて、お茶漬けなどのご飯のお供に最適です。良い保存食になるでしょう。
Maiwasi3 カルパッチョを作った際の背骨は、良く洗って身を落とし、日に当てて干してから、唐揚げにして貰いました。

キスや、ヒメジの骨のような美味さはありませんが、骨粗鬆症の予防になります。

ところで、私「こつそそうしょう」だと思って、漢字変換をしていたのですが、いっこうに出てきません、ATOKがお馬鹿なんだなと思っていましたが、実は「こつそしょうしょう」だったんですね、わたしがとんでもないお馬鹿でした、脳みそが骨粗鬆症です。

|

« すだち | トップページ | ただいま上陸 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« すだち | トップページ | ただいま上陸 »