« 散歩 | トップページ | 刺身盛り合わせ »

2011年10月 4日 (火)

ちゃんぽん

日曜日、歩いていたら『リンガー・ハット』という名前のお店がありまして、そのお店が、長崎名物のちゃんぽんや皿うどんを売り物にしているというのは、以前から知っていましたが、店の一画に「ドライブスルー」と書いてありましたから、ハンバーガーなどのドライブスルーは分かりますが、汁物のドライブスルーってのは、なかなか難しいのではなかろうかと、歩きながら考えていました。
Chanpon2 ということで、その日の昼食は『リンガー・ハット』の野菜たっぷりちゃんぽんです。

食べに行くことも考えたのですが、ドライブスルーという言葉にこだわってしまい、女房と娘2号に買ってきて貰いました。容器は紙パックです。
Chanpon1 これに、生姜と柚子のたれと胡椒がそれぞれ付いていて、値段は・・・値段は・・・???確認していませんでした。

さて、最初は何もかけずにいただいてみます。確かに野菜がたっぷりで、麺にまで到達するのが至難の業です。スープは特に癖のない、万人向きと申しましょうか、おそらく九州以外の味はそのようにしてあるのではないでしょうか。

私、最初に受験で長崎を訪れたとき、駅前のお店でちゃんぽんを食べたのですが、今まで食べたことのない強烈な匂いで、全部が食べられなかった覚えがあります。育ち盛りの高校生がですよ。

で、決して不味かったのではなく、野菜やイカ、海老、アサリなどはしっかり短時間で炒めてあるので、歯ごたえ抜群、味も良かったのですがなにしろ慣れていなかったんでしょうね。しかし、長崎に住んでしまうと、ラーメンにしろ、チャンポンにしろ皿うどんにしろ、次第に麻薬のように若い体に染みこんで、忘れられなくなるのです。

そういった意味では、『リンガー・ハット』のちゃんぽんはやや物足りないかな。これは、ドライブスルーなのでやむを得ないかもしれませんが、野菜の炒めた感じが全くなく、汁の中でくたくた茹でたようになっています。柚子や生姜のタレも特に必要は感じません、それともやはり慣れていない人には匂いが感じられるので、匂い消しなんでしょうか?

また、野菜が多すぎて麺を半分くらい食べてしまうと、麺が延びてしまうこと。麺自体はつるつるした太い地元のちゃんぽん玉でしょう、食べ始めは美味しかったですよ。元々、店で食べる以外のドライブスルー、デリバリーってのは無理なのかもしれません。

この次は、お店で直接いただくようにします。今回は実験ですからね。

さて、『リンガー・ハット』のお店の名前の由来はなんでしょうね?これは想像ですが、長崎出身の方なら分かるんじゃないかと思います。グラバー園に行くと、『グラバー邸』『リンガー邸』『オルト邸』という幕末から明治にかけて、長崎を拠点に活躍した外国商人の西洋邸がありますが、そのリンガーさんの名前を取ったのではないかと思います。グラバーさんではあまりに有名で、オルトさんでは「オルトハット」と語呂が悪いですからね。

長崎って、いろいろ美味しいものがたくさんあるんですよ。次は『トルコ・ライス』食べたいです。

|

« 散歩 | トップページ | 刺身盛り合わせ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 散歩 | トップページ | 刺身盛り合わせ »