« ワキヤハタの耳石 | トップページ | 立冬 »

2011年11月 7日 (月)

ワキヤハタの刺身

Wakiyahata3 肋骨を剥き取ってから、小骨は銀の爪で抜き、皮を引いて刺身にしました。やや柔らかい印象がありましたが、以外に身崩れがするような感じではありません。ただ、身割れする部分はあります。

味は、変な癖もなく上品な脂がのっていますし、食感ももちもちした感じと違い、案外しゃきっとしています。まあ、上等な部類じゃないでしょうか。

10人が食べて、10人が美味しいと評価すると思います。不味いという人は魚嫌いな人でしょうね。

|

« ワキヤハタの耳石 | トップページ | 立冬 »

コメント

白身の魚なんですネ~、食べたことがありませんし名前も初めてです。
美味しそうでとても羨ましいです。
小骨が多いのですか?少し手が掛かりますね、でも美味しければ手間も惜しみませんね。

投稿: 北割 | 2011年11月 7日 (月) 21時25分

シロムツはやはり鮮度が重要ですよね
個人的にはホウカイボウに味や食感が似ているなと思いました。
できれば活け〆のシロムツを食べてみたいのですが今まで見た事がありません。

投稿: P太郎 | 2011年11月 7日 (月) 21時32分

北割さん

小骨はそれ程多くはありません。
抜くことによって、刺身で食べる部分が多くなる訳です。

とにかく美味しい魚ですが、今回のような大きさのものは高いので、小降りの安い物で、煮たり焼いたりした方が良いでしょうね。

もちろん刺身にも取れるはずです。

投稿: からっぽ親父 | 2011年11月 8日 (火) 13時50分

P太郎さん

ここは近海底曳きなので、よほど重要な魚でないと活かしで持ってくることはないと思いますし、船上で締めることもないでしょうね。

やはり、ここは釣ってくるのが一番ではないでしょうか。と言っても、どこで釣れるのか分かりませんが、駿河湾か相模湾で船が出ているんでしょうかね~?

投稿: からっぽ親父 | 2011年11月 8日 (火) 13時53分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ワキヤハタの耳石 | トップページ | 立冬 »