« 久しぶりに海岸散歩 | トップページ | イワシのニンニクしょうゆ漬け »

2011年11月11日 (金)

夾雑物

あいにくの悪天候で、カニ以外の魚はほとんどありませんでした。雨が終われば風でしょうから、明日も明後日も期待できないかもしれません。
Kani1 こんな日で暇だったのか、魚兼さんのおぼっちゃまが、こんなものを取っておいてくれました。私に渡す時は、なんとラップまでしてくれたのです。

夾雑物、早い話がゴミですね。小さいエビやシャコのゴミはどうしても全て取り除かれてくる訳ではないので、色々なものを発見することができ、そんなものの好きな私のために、取っておいてくれるのです。

今回沢山あるようですが、同じものが多いので種類は少ないです。
Kani2 これ、殻の幅が2cm位の小田のカニですが、遊泳脚がありますのでワタリガニ科だと思います。手元の図鑑にツブヒメガザミってのが載ってまして、良く似ているのでネットで調べてみると、同じ学名のものがヒメイボガザミという名であちこちに出ています。まあ、この辺の所、いつもの事ながら「小型のガザミの仲間」って事にしておきましょうか。

そうそう、小型のガザミといえば、昔沖縄で枕みたいに大きなナマコに隠れていた「ナマコマルガザミ」と対面したことがありますが、これは小さくてもきれいなガザミでしたね。
Kani3 次はこれ、クモガニ科だというのは一見して分かりますが、こういったカニも種類まで同定するのは難しいです。

しかし、あえてあちこちのサイトで絵合わせ、写真合わせ、ハサミは大きいことと第一歩脚が長いことなどから「イッカククモガニ」ではないだろうか・・・・・汗・・・・・汗・・・と推測します。(イッカククモガニの方が話が面白いから)

これがイッカククモガニなら、今流行の帰化生物だということになります。なんでも原産国はアメリカだとか、船のバラスト水に幼生がまぎれこんで、来日したと考えられているようですが、はるばるご苦労様です。

そういえば、以前、タイラギに付着している貝も外来種だったですね。名前、忘れちゃいましたが。
Kani4 ついでに裏側もお見せしましょう。
Ebi1 このエビはですね~・・・全く分かりません。きれいな縞模様があります。
Ebi2 左のハサミが取れちゃってますが、これもしかしたらテッポエビの仲間じゃないかと密かに思っています。ハサミがあっても種類は分からないんですが。
Momijigai これはお馴染み人出の仲間のモミジガイですね。昔は石灰質の殻を持つ生物は、みな貝と言ったそうで、シャミセンガイやアミガイなども貝の仲間ではありません。

底曳き網では、実はこういった夾雑物に面白い生物が入っていて、貝の収集家などはよくご存知ではないかと思います。

|

« 久しぶりに海岸散歩 | トップページ | イワシのニンニクしょうゆ漬け »

コメント

たのしいですねえ♪
私もチリモンの中の、カニ・貝・ヒトデが大好きです!!
でもなかなか入っていません。網の深さや、漁場の関係でしょうね?

とくにヒラカメガイを捜し求めているのですが、7年たった今も手に入っていません、、、、

投稿: 森のどんぐり屋 | 2011年11月12日 (土) 14時52分

やはり、夾雑物として、ある程度は選別されて捨てられてしまっているのでしょうね。

先日、ちりめんじゃことアミが半々くらいのものがありましたが、これはもう混ぜたのか、混獲されたのか分かりませんでした。

ヒラカメガイってクリオネの仲間ですか?

投稿: からっぽ親父 | 2011年11月26日 (土) 13時18分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 久しぶりに海岸散歩 | トップページ | イワシのニンニクしょうゆ漬け »