« 夾雑物 | トップページ | ハリビユ »

2011年11月14日 (月)

イワシのニンニクしょうゆ漬け

ある料理雑誌に『イワシとアジのニンニクしょうゆ漬け』ってのが載っていまして、木曜日、新鮮なマイワシがあったので、作ってみることにしました。
Iwasi1 アジはありましたが、高かったのでアジの代わりにアイブリを購入、マイワシ500円、アイブリ300円です。
Aibiri1 イワシにしてもアイブリにしても、全部漬けるわけにはいかないので、イワシは半分、アイブリは大きいもの1尾だけにしました。イワシの半分は塩をして酢に漬け込みました。アイブリの残りは1尾標本用に冷凍、残りは干物にしました。
Aiburi2 アイブリ、こんなに色が白かったのか、こんなに柔らかかったのか・・・久しぶりの感覚です。確か以前、刺身ではダメだったと記憶していましたが、醤油に浸ければ食感も変るかと期待したのです。
Aibiri3_2 醤油に酒と味醂を加え、この上から昆布を被せて数時間です。
Iwasi3 結論から言えば、あまり美味しくありません。イワシは小骨が非常に気になってしまいますし、アイブリは食感がサメの刺身を食べているようで不気味です。イワシの小骨は、普段あまり気にならないのですが、今回は身にネットリ感が出た分駄目なのか、とにかく普段小骨を気にしない私が気になるのだから、かなり駄目なんでしょうね。アイブリは、いつもアジ科の魚を食べた時に感じる、柔らかさと噛んでいる時の溶け具合のバランスが悪いのです。高価なアジ科の魚ま、マアジ、ブリ、カンパチ、シマアジなどは適度な固さと、口の中での溶け具合が良いです。以前報告した、イトヒキアジは固くて口の中での溶け具合も悪い。

ただ、アイブリのしょうゆ漬けを焼いて食べたら、非常に美味しかったです。
Iwasi2_2 イワシも、骨が気になるならと細かく切ってユッケ風にしてみたら、ニンニクは利いているしで酒にもご飯にも合うようになりました。しかし、これでも骨が硬くなったように感じますから、おかしなものですね。

今回の料理は、あまりお勧めしません。ユッケ風なら、こんなに手間暇かけなくても、もっと美味しく作ることができますから。

アイブリの干物は上手にできましたよ。
Aibiri4_2   

|

« 夾雑物 | トップページ | ハリビユ »

コメント

いつも魚と魚料理の知識にはおどろいています。
明日火曜日に妻とさかな村に行けそうです、6時過ぎには着きたいと思っていますが同じ愛知県からでも70キロ超です、もう少し近いと良いのですが・・・・・・

投稿: 隠れファン | 2011年11月14日 (月) 15時34分

隠れファンさん

な~に、いつもホラ吹いているばかりで、色々な方に教えていただいています。

愛知県内で、70kmとはかなり遠方ですね、明日の船はどうなっているか分かりませんが、私も6時過ぎくらいに徘徊しましょう。目立つカッコウをしていかなければいけませんね。

緑色のジャンパー、焦げ茶のハット、canonの一眼レフカメラってのはどうでしょうか?

それで、小太りじいさんです。

投稿: からっぽ親父 | 2011年11月14日 (月) 17時31分

今調べたところ、一色の船は出漁してないそうです。
http://www.mb.sakanamura.net/maillog.php?in=7209023&mid=20111114171000001&offset=0&com=transmittedview&pan=143&pnum=1

よその船がどれほど出ているかは不明です。カニはどうかな?

投稿: からっぽ親父 | 2011年11月14日 (月) 17時35分

アイブリの干物は私もやりましたが
旨味が濃くて好きな味でしたね。

やっぱりアイブリは死滅回遊魚なんでしょうか?

投稿: P太郎 | 2011年11月14日 (月) 21時41分

>アイブリは死滅回遊魚なんでしょうか?

さて、どうなんでしょうね?遊泳力のある魚で、30cm以上あるものが結構いますから、南方域に帰って産卵繁殖ができるんじゃないかと思うのですが・・・・・

専門家に聞いてみないと分かりませんね。

投稿: からっぽ親父 | 2011年11月15日 (火) 14時18分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 夾雑物 | トップページ | ハリビユ »