« モノレール | トップページ | 当たり »

2011年11月29日 (火)

大阪W選挙

いや~凄かったですね、大阪のW選挙。いえ、選挙が凄かったのではなくて、選挙前からの橋下叩きが異常すぎたとは思いませんか?出自から親族、親戚の犯罪など一斉にネガティブキャンペーンをやり、自民党、民主党と共産党までが手を組んだように、反対陣営に付き、ほとんどの大きな組織も、反橋下で固まってました。

中には、辻元某のように「究極のおまえが言うな!」応援が、平松さんにあり、これは恐らくだいぶ票を減らしたんじゃないかと思います。

今回一番驚いたのが、週刊文春、週刊新潮が揃って、えげつないほどの橋下ネガティブキャンペーンを張ったことでしょうか。両週刊誌とも、どちらかと言えば硬派で、社会悪に対して厳しい態度で臨み、近畿地方の公務員に対してはかなり批判的だと思っていたのですが、それ以上に橋下氏に危険なものを感じたのでしょうか?それとも何か特殊な力が働いたのか、さらに穿った見方をすれば、橋下氏を勝たせるためにネガティブキャンペーンを張り、「そこまでやらなくても」という世間の同情を引き起こしたかったのかも。事実、反橋下派からも、やり過ぎとの批判があったほどだとか。

先日、神戸市役所の職員が、昼休み中でもないのに、毎日、野球の練習をしていると報道されましたが、残念ながら近畿地方の公務員は、このようなことが多すぎます。全ての方ではないでしょうが、仕事をすることに対して「何で俺がやらなければいけないのか」と考えている方がいるんだと思いますね。

選挙が終わってから、大阪市の幹部職員が「橋下氏の下で働くつもりはない、どこかに飛ばしてくれ」と言ったニュースが流れましたが、全く親方日の丸の発想。辞表を書けば済む話です。

橋下氏はこういったことを言っているんだと思いますよ。働かざる者喰うべからず。本来、旗色を鮮明にして、反橋下で動いた職員は、4年間冷や飯を食っても仕方ないのですが、恐らく橋下さんはそういった報復人事はしないんじゃないでしょうか。真面目に市民のために働く職員は重用してくれるでしょうし、その反対の方々は「やめろ」と言われても仕方がないことで、これが「独裁」だとは誰も思いません。

今回の選挙、得票差で「民意」と橋下さんも言ってますが、私はあの投票日の天気で、あれだけの投票率だったことが、素晴らしい民意だったと思います。

破れた平松さん、人間性で見たらかなり良い方なんでしょうが「独裁、独裁」とヒットラーになぞらえたように連呼しているように見えるだけで、具体的な政策ってのが全く見えてこなかった。平松さんがやったことではないでしょうが、箱ものを作って無駄遣いばかりしている市政、府政に大阪の方々が本当に怒っているということに気が付いていなかった。

大阪市、大阪府の利権に群がる組織と政党、それで負けちゃったわけですから、さきの衆議院選挙の自民党の崩壊と良く似ていますよね。それで、既に民主党や自民党が連携を模索しているっていうんですから、笑っちゃいます。辻元某なんか、体中に接着剤付けて動き回るんだろうな~。

最後に一つ、橋下さんの「日の丸、君が代強制条例」ですが、聞くところによると、こういったことに反対している教師は、生徒達にもそれを強制していることが多いのです。情けないのは、このような条例を作らなければいけないという現在の日本です。

|

« モノレール | トップページ | 当たり »

コメント

お久しぶりです。
私も、橋下氏が市長になってよかったと思っています。何よりも今必要なのは、強いリーダーでしょう。
自民党と民主党はともかく、共産党まで相乗りするなんて、節操がないですね。

投稿: Kiyoko | 2011年11月29日 (火) 16時17分

kiyokoさん、お久しぶりです。

政治が極端に左に傾いたり、庶民を無視したことをやると、極右が出てくることになります。今回の、橋下氏が極右ではないと思いますが、どうしても言動が新鮮に見えてきますので、こういったことに注意は必要でしょうね。

ただ、いつも言っているように、日本って国は右には厳しいですが、左には寛容。犯罪に近いことでも、左よりは許されてしまう。

赤軍派と拉致犯の子供がいつの間にか、日本で政治家に立候補している。それを元総理達の現政権が後押ししているんですから、怖ろしい国ですよ。

橋下さんの「独裁」や「やくざの息子」よりずっと怖ろしいです。

投稿: からっぽ親父 | 2011年11月29日 (火) 17時06分

親父さん、大阪人はある面信用してません、何せ漫才人をノリで当選させる地域ですから、本人も揚句の果てセクハラでやめてしまうのですから・・・。
橋本さんには期待してますよ、何とかしてくれると思ってます、でも土俵に不安があります。
私にとって、関西人は宇宙人です。

投稿: 北割 | 2011年11月29日 (火) 21時11分

長野県では、田中知事がすごく期待されて登場したのに。
いつのまにか、元に戻ってしまったみたいに、大阪もそうならなければいいのですが、ねぇ。
勢いでいっても、日本はそんな土壌を抱えているところですから、ここ2年くらいが見物ですね。

投稿: ばんどり | 2011年11月30日 (水) 09時12分

大阪人だけでなく、ばんどりさんのおっしゃるように、日本人独特のものかもしれませんね。

お笑いの方を知事にしてしまった、ってのも大阪特有のしゃれでしょうが、流石に色々悪事が露見してくると、しゃれじゃ済まなくなってきたのかもしれません。

日本人って飽きやすいですから、次々にパフォーマンスをやっていかないと、いつの間にか忘れられてしまうかもしれませんね。「みんなの党」みたいに。

kiyokoさんは流石にアメリカ帰り、あちらで色々見てこられましたから、強いリーダーシップが必要だと、つくづく感じるのではないでしょうか。

橋下さんも、石原都知事のように揺るがないものを持っていれば、この先面白い政治家になると思いますね。

あの方だって、あれだけ左寄りの方に叩かれても、ぶれませんし、批判する方は何故あれだけ人気があるのかよく考えなければいけません。

投稿: からっぽ親父 | 2011年11月30日 (水) 14時01分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« モノレール | トップページ | 当たり »