« イワシのニンニクしょうゆ漬け | トップページ | 光る豆-タンキリマメ- »

2011年11月15日 (火)

ハリビユ

きょうは季節風が吹く寒さを予感させるような朝でしたが、それ程の寒さではありませんね。明日、明後日の朝はかなり冷え込むようです。
Kamo カモさん達も、次第に増えてきましたが、きょうは狩猟解禁日ではないでしょうか?あまり油断はできません。ただ近年、猟銃の規制がうるさくなり、少しずつ狩猟人口は減っているようで、きょうも鉄砲の音は一度も聞いていません。もっとも、せまい一色町では厳密に言えば、鉄砲を撃つ方向ってのは皆無でしょうから、ハンターも近寄らなくなったのかもしれません。

一昔前は、人間がいてもへっちゃらで、養鰻ハウスの上に散弾がバラバラ落ちてきたそうです。
Daizu1 おこの大豆畑はキジが住み着いているところですが、ここにもハンターの姿はありません。大豆もそろそろ色づいてきていますね。
Haribiyu 大豆畑のあちこちに見えるこの植物、これは帰化植物の『ハリビユ』ではないでしょうか。

この植物、実に困ったもので、葉や花の付け根に鋭い棘があります。
Haribiyu2 ですから、これが牧草に混じると牛の舌に突き刺さってしまい、牛の食欲が落ちてしまうそうです。人の背丈ほど伸びたハリビユの棘は爪楊枝ほどあるものもあり、かなりの脅威です。

そんなわけですから、人間も簡単に扱うわけにもいかず非常に困った外来植物だということです。

なお、この仲間で棘のある植物は他にはないそうですから、畑などで確認したら棘を見てください。ヒユの仲間で、結構背丈が高いですからすぐに分かると思いますよ。

熱帯アメリカ原産で、明治年間に日本に入り込んだといいますが、なんでこんなものが入り込んでしまったんでしょうね。困ったものです。

|

« イワシのニンニクしょうゆ漬け | トップページ | 光る豆-タンキリマメ- »

コメント

行ってきました。
高橋水産の社長に妻がかつら?地毛?と聞かれ赤毛のアンと言われていました。
高橋水産渡り蟹とコチ3匹、ホウボウ2匹、と後は不明の魚3匹200円を購入して他の店でキス、モズク、広場の方の朝市でマグロの中落ちを手に入れ大府のげんきの郷に立ち寄りましたが早かったので健康の森を1時間散歩して帰宅しました。
妻を見るとびっくりさせるといけないのでこちらの情報はわざと書き込みしませんでしたが高橋水産のお姉さんにブログを見て来ましたと伝えたらまた見て来てくださいと言われました。

投稿: 隠れファン | 2011年11月15日 (火) 16時00分

投稿: | 2011年11月15日 (火) 16時00分

なるほど、クロシビカマスかカゴカマス入りのセットを買った方がそうだったんですね。紫色の方ではなかったですか?すぐそばにいたんですがね~。

投稿: からっぽ親父 | 2011年11月15日 (火) 16時54分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« イワシのニンニクしょうゆ漬け | トップページ | 光る豆-タンキリマメ- »