« 2011年11月 | トップページ | 2012年1月 »

2011年12月31日 (土)

大晦日

昨年のきょうはブログを見てみると、雪がチラホラ降っていたようです。

さて、今年は大変な年で、3月の震災、津波に遭われた方には、真にお気の毒で、お見舞いの言葉もありません。

その当時も申しましたが、被災に遭わなかった我々が、元気で働き、税金を納めて復興に役立つことが、重要だと考えて日々生きてきましたが、残念ながら政治は全く逆方向に行っているようです。

首相は、この時期中国やインドを訪問、なぜお土産を持っていくのでしょうか?中国の国債を買うなら、なぜ被災地の皆さんの生活を少しでも楽にしてあげることを考えないのでしょうか?

そんな政府、民主党から離党して、新党を作ろうとする動きが加速しているようです。これとて、このまま民主党に残っていたら、次の選挙で敗北は必死、それなら私しゃ民主党とは、縁を切りましたよ、と国民にアピールして泥船から逃れたいという、自分のことしか考えない、三流政治屋の考えそうなことです。

いくら愚痴を言っても、来年もまともになるようなことはないでしょう。この歳になって全く悲しいことです。

それでは、一年間、私のぼやきブログにおつき合い下さり、コメントをいただいた方々、まことにありがとうございました。コメントで意見を言ってくださったり、教えていただくことは本当に有り難いことで、この歳になって新しい発見があることが多々あります。ぜひお気軽に書き込んでください。

また「生からっぽ親父」に会ってみたいという、奇特な方がお有りでしたら、ぜひご連絡下さい。夜明けのさかな村でデートしましょう。

来年も皆様のご多幸をお祈りいたします。

| | コメント (6)

2011年12月30日 (金)

かまぼこ

Kamaboko お正月用でしょうか、蒲鉾を買ってきてくれと頼まれたので、人出がやや少なくなった時間を見計らってさかな村へ行ってきました。

蒲鉾ってのも選ぶのが難しいですね~。原料の種類や比率で、安けりゃそれでいいってものでもないでしょうし、高くても本当に美味しいか分からないし・・・・・試食があると良いんですが、それもないしね~。

結局、名前ですね、小田原の蒲鉾って書いてある、紅白の蒲鉾(1本620円)と、はも板と書いてある、ハモノ蒲鉾950円を購入。

小鯛の笹漬けがあったので、発作的に購入。

歩いていたら、知り合いの方に遭って、コノワタをいただきました、ラッキ~。

蒲鉾にコノワタ挟んで食べよっと。

| | コメント (2)

2011年12月29日 (木)

スルメイカの刺身と塩辛

Ika 昨日、深谷さんに地物の大きなスルメイカが出ていて、とても新鮮だったので買ってきました。

別に何をするって決めて買ったわけじゃないんですが、とにかく処理しておかなければと、内臓を取ったらゴロ(肝)がとても上手に取れたので、全体にしっかり塩をまぶして冷蔵庫に入れておきました。

写真があると良いのですが、昨日に限って撮らなかったものですから残念です。

家に帰ってですから8時間以上塩に浸けたことになりますが、水分が少量しか出てこないので、締まっているか心配でした。

切ってみると、型くずれすることなく、上手に締まっているではありませんか。

これを、スルメイカの刺身にのせて肝をつぶしながらいただきました。もう絶品ですね、塩加減があまり強くありませんし、イカの生がまた良いのです。刺身は、身を短冊にしたものをキャベツを切るように細く切りました。

塩辛のように保存食にはなりませんが、覚えておいて損のない料理方法です。それにしても、肝を傷つけなければ、あまり塩分が染みこむものではないのですね。

次は、しょうゆ漬けに挑戦してみましょうか。

| | コメント (4)

2011年12月28日 (水)

スケトウダラ

寒い毎日なので、鍋にしたいのですが、地元の船はでていないので、送りの『スケトウダラ』を買ってきました。スケトウダラかスケソウダラか迷うところですが、スケトウダラが正式な名前のようですね。
Sukesou1 腹に真子か白子か、当たりはずれです。

このスケトウダラって、生の時は独特な匂いがします。鮮度によって違うんでしょうが、単純な生臭さとは違う匂いです。
Sukesou2 残念、中身は卵巣でした。スケトウダラの卵巣が明太子ですから、まさしく生明太子です。肝も大きかったので、取っておきました。

身は三枚におろして、小骨を全て抜いておきました。スケトウダラの身は煮るとバラバラになってしまうので、骨が野菜の間に落ちてしまうからです。

7時に私たち夫婦、8時に二女、9時に長女と、食事時間はバラバラですが、一番最後に食べたものが、最高に出汁が出ていて美味しかったはずです。

肝をバラバラにして入れたら、とてもコクがあって美味しくなりましたし、卵巣も柔らかで美味しかったです。

1尾600円、寒い日の鍋にはピッタリの大きさと値段でした。

| | コメント (3)

2011年12月26日 (月)

死骸

今朝、5時前に家を出たのですが、刈谷から高浜にかけては吹雪でしたね。湿った雪なので、道路に積もることはありませんでしたが、橋の上は凍結していましたので、スタッドレスタイヤに交換しておいて良かったです。長女は、知多市の保育園まで通っているのですが、昨日の日中スタッドレスタイヤに替えたとか、滑り込みセーフです、いや滑ってはいけませんね。
Sigai1 1週間ほど前、道路でカラスが騒いでました。最初は2~3羽いたのですが、私が通りかかったので1羽になってしまいました。

当然、私のことですから、車を降りて確認に行きます。
Sigai2 頭部から上半身が食べられていますね。猛禽類に襲われて、お食事中のところをカラスがちょっかいかけて、かすめ取ったんでしょうか?
Sigai3 足には水掻きがあるようなので、この鳥は大きさや色からいってもカワウでしょうか?

| | コメント (0)

2011年12月25日 (日)

Tカード提示で被災地に児童館を

クリスマス前に一枚のはがきが届きました。(画像をクリックすると大きくなると思います)
Tcard_2 クリスマスカードと言えば、ちょっとお粗末ですが、一応 Merry Chritmasとありますので、クリスマスカードだということにしておきましょう。

実は以前、私のブログでお知らせしたことがあるかもしれませんが、お買い物をした時にポイントが加算されるシステムで『Tポイント』というものがあります。

この貯まったポイントを被災地に寄付しようというキャンペーンがあって、私も寄付していたのですが、これがかなりの金額になったのを覚えています。色々なプロバイダが募った寄付の何杯という寄付がされました。現金で寄付するのではなく、ポイントで寄付できて、少額でも寄付できることが共感を得たのでしょう。

そのキャンペーンは既に終わっていますが、引き続き、毎月獲得できるポイントを、『Tカード提示で被災地に児童館を』というキャンペーンが始まっています。というか、終了間際ですが・・・・

はがきにも書いてありますが、既に一軒目の児童館は南三陸町に建設され、二軒目が釜石市に建設中だそうです。

皆様ももしTカードをお持ちなら、上記のサイトにアクセスして、ポイントの自動引き落としを手続きをしていただきたいものです。

現在の私、コンビニはファミリーマート、本やDVDはTSUTAYA、雑貨品もTカードで買い物できる、ネット上で買っていますから、結構貯まりますよ。

| | コメント (0)

2011年12月24日 (土)

ぶりこ

Hatahata1 高橋さんにハタハタが出ていたので「三河湾産ハタハタ下さい」と言ったら、「三河湾以外が産地です」とたしなめられてしまいました。

よく見ると、どのハタハタも腹が大きく膨らんでいて、中には卵の粒々が外からも見えるものもあります。
Hatahata2 いわゆる「ぶりこ」ですね。成熟したぶりこは固いと書かれていますので、どのような食感か楽しみでした。
Hatahata3 頭と内臓を取り、尾鰭も切って鍋にしました。残念ながら「しょっつる」はないので、ただの醤油味です。

火が通っても、バラバラになることはありません。取り皿にとって、すするように食べてみますと、何やらトロトロの部分があり、卵がプチプチ不思議な食感です。確かに、成熟度によって固さが違うようです。味は???あるようなないような・・・・・

ここまで、卵巣が大きいと、身は不味いかと思ったのですが、適度に脂がのってますし、鰭も柔らかでとても美味しかったです。

出汁がよく出るので、野菜も美味しくなって、たくさんいただきました。

冬は鍋に限りますね。

| | コメント (2)

2011年12月22日 (木)

我が家の今年の松前漬け

スルメ・・・・・200g

昆布・・・・・・100g

ニンジン・・・小4本(多い方が食感がよい)

ゆず・・・・・・小4個皮のみ

鷹の爪・・・・適量

数の子・・・・折れ数の子250g

(漬け汁)

醤油・・・・・・300cc

酒・・・・・・・・300cc

みりん・・・・・150cc

スルメと昆布は細切りにしておく。ニンジンも細切りにして、天日に良く干し、使う前に熱湯をかけてパリッとさせておく。

数の子は塩抜きして、適当に細かくしておくが、ある程度大きい方が豪勢に感じる。

ゆずも、熱湯に通して細かく切っておく。

漬け汁は沸騰させ、アルコールを飛ばしておいてから、冷ましておく。

あとは良く混ぜて、漬け汁をかけてからまた混ぜる。漬け汁は多く感じるかもしれないが、次第に材料に吸われて少なくなるので問題ない。

定期的に、上下をかき混ぜ味をなじませて、3日ほどでとても美味しくなるが、私はその日から食べていた。

材料の量は、ある程度アバウトで構わない。何度かやってみて、好みの割合を考えればよい。

今年は、一度にこの倍量を作ったが、流石に3リットルの密封容器に2ハイと大量になってしまった。

| | コメント (0)

冬至

きょうは冬至だそうで、朝から全くお日様が顔を出さないので、肌寒い一日です。4~5日、寒い日が続くというので、タイヤを冬用に替えてきました。朝が早いので、寒冷地でなくても、これくらいの準備は必要です。

今朝の市場は、結構魚も豊富でしたが、鍋用の魚は魚屋さんの所へ行ってしまうのでしょうか、ほとんどありませんでした。

例によって、大浜の真鰯を買ってきて、塩で締め、昼休みに手開きしたのですが、これが非常に固くて、骨が取りにくいのです。新しいせいなのでしょうか?また、腹部の脂もあまりのっていなくて、予想外でした。
Houbou1 ホウボウは20日のものです、締めたばかりだといってましたが、体色が濃いので本当だと思いますよ。
Houbou2 例のごとく、肝、胃袋、浮き袋、皮を湯がいて、刺身に添えます。チビチビ酒を飲みながら、あれこれつつくのは最高ですね。

| | コメント (0)

2011年12月21日 (水)

イネゴチ

Inegochi1 イネゴチが安かったので購入しました。とても新鮮です、12尾で500円。

量が多いので、アラは無視してレッコです。

何にしても良いように、三枚におろして、小骨は全て抜いておきました。
Inegochi4 ちなみに、この姿を水産加工の業界ではフィレと呼んでいるようです。そして、これの前の姿
Inegochi3 頭と内臓を取り去ったものは、ドレスと呼ばれていますが、その語源はheadless(ヘッドレス)で、頭がないというそのままの意味だそうです。

半分ほど刺身にして、紅葉おろしでいただきました。あっさりして、味があっていくらでも食べられます。
Inegochi5_2 残りは翌日、皮付きのまま鍋にしたのですが、これは今一でした。

| | コメント (2)

2011年12月20日 (火)

パソコン

ちょうど、丸10年使ったパソコンが壊れてしまって、起動して暫くすると自動的に落ちてしまうので、これは寿命かな?と思っていたら、スイッチボックスのファンが回っていないと、ちょうど来たお客さんに教えて貰いました。

というわけで、せっかく指摘してくれたなら、交換までやってくれと、先程までてんやわんやでスイッチボックスの交換をして貰いましたが、10年前のものとはかなり変っているようで、苦労をして替えてくれました。

2980円で、暫く使えれば安いものです。でも、いつ壊れても良いように、データーだけはバックアップしておかなければいけませんね。

| | コメント (4)

2011年12月17日 (土)

子犬

Dog1 さかな広場の近くを車で通っていたら、子犬を発見しました。なかなか凛々しきお顔で、気品さえ漂っていますので、車を停めてパチリ。

すると、どこからか兄弟とおぼしき2匹が出てきました。
Dog2 親はいませんので、そろそろ乳離れか、親が捕らえられたか。

車を降りて近寄ってみると、やはり野良犬、サッと逃げますが吠えたり、歯をむくことはしません。そこで、座ってみると中の一匹は尻尾を振って近寄ってきましたので、手を出してみるとペロペロなめます。

不思議ですね、人間の子供でもそうですが、立っていると怖がられるのですが、座ると安心するのでしょうか?全体の大きさも関係するかもしれません。
Dog3 近くには餌を与えた痕もあり、ドッグフードが散らばっていました。いつまで、人間の気まぐれが続くか不安ですね。子犬たちはそんなこと、全く考えていないでしょうが、この先、生きていくのには、かなり厳しい季節と、正月休みで市場近くにはほとんど人間が集まってこないという、現実もあるのですが、その時にこの子犬たちの野良犬としての、本当の人生・・・いや犬生が始まると思います。

| | コメント (2)

2011年12月16日 (金)

トベラは扉

トベラの実が開いていました。
Tobera1 この辺は海岸沿いですが、野生のトベラを見ることはありません。公園の生け垣のトベラです。

丸い実が三つに割れ、外の殻が反り返って赤い実を押し出すようにしています。実には粘液で覆われていて、鳥の体に付着して運ばれるという説もあるようですが、それ程の粘着力はないような気もします。
Tobera3 ただ、小さい昆虫などは粘液に付着して逃げられなくなってしまいますね。
Tobera2 トベラの学名はPittosporum tobira なんだそうですが、この種名tobiraは「扉」からきているそうです。Wikipediaによりますと、「枝葉は切ると悪臭を発するため、節分イワシの頭などとともに魔よけとして戸口に掲げられた。そのため扉の木と呼ばれ、これがなまってトベラとなった(学名もこれによる)。」

ヒイラギと同じように使われていたんでしょうか。

| | コメント (2)

2011年12月15日 (木)

ハモのミンチ

季節外れのおおきなハモが最近出ているので、ミンチにしようかと買ってきました。ハモにしてみれば、季節外れでも何でもないわけで、そんなこと言われたくないでしょうね。
Hamo1 ハモもウツボもそうですが、長いからと言って「まな板に乗らないから・・・」と躊躇する必要はありません。適当な長さに出刃で、スッパリ切ってしまい、普通の魚を三枚におろす要領でやれば、かえってきれいに開けますし、鰭も取り除くのが楽です。

以前、大きなハモでミンチを作った時に、フードプロセッサーで骨が細かくなるだろうと、甘い考えで行ったところ、1cm位の骨が結構たくさん出てきて驚いたので、今回は銀の爪で1本、1本骨を抜いてからミンチにしてみました。

これは、大変ですよ。途中で飽いて来ちゃいました。

Hamo2 250gのハモに対して、卵白1個、片栗粉大さじ2、塩少々でやってみました。

これにネギを混ぜ、鍋にしてみましたが、固い。味はよいのですが、固い。もう少しふんわり仕上げたかったです。身に粘着があるので、卵白だけで柔らかくフワッとさせて、片栗粉はいらないのか?長芋などを使ってみるべきか?難しいところですが、次回、骨を抜いてミンチを作ろうとは思いません。

まあ、骨を気にならないようにミンチを作るなら、三枚におろした後、皮を引き、骨切りをした後にミンチにかければよいかもしれません。

きょうも大きなハモが600円で売られていましたが、味はよいのですからぜひ挑戦してみてください。

| | コメント (4)

2011年12月13日 (火)

ウツボ料理

先日のウツボですが、あまり代わり映えのしない料理で、頭部を取った前三分の一は塩焼きに、その他の部分は骨切りしてから、唐揚げにしました。
Utubo1 塩焼きはやはり絶品ですね。皮がパリッとしながらも、ネットリして身は上品な脂がのっています。癖は全くありませんので、誰でも食べられると思いますよ、基の姿が分からなければ。
Utubo2 骨切りは、ハモより固いので、しっかりやっておかなければいけませんが、皮もしっかりしているので、思い切り出刃を押しても大丈夫でしょう。

とにかく、美味しい魚ですから、お近くの魚屋でお見かけの際は、迷うことなくご購入してください。買わなければ後悔しますよ。

| | コメント (0)

2011年12月12日 (月)

風邪

金曜日の晩くらいから、のどが痛くなってきて、以前の私ならそのまま熱が出てダウンなのですが、最近はこのまま乗り切ることが多くなりました。と言っても、体のあちこちの気分の悪さは最悪で、眼球の奥や鼻の奥など、顔面の気分の悪さ、足腰のだるさ、など、これが酷くなるとインフルエンザじゃないかと疑われるような症状です。

インフルエンザの予防注射は10数年受けていて、酷くなることはなくなったんですが、もしかしたら現在、軽いインフルエンザに罹っていて、予防注射のお陰で現在の症状に収まっているのでしょうか。

土曜日の晩は、下の娘が焼き肉を奢ってくれるというので、這ってでも出掛けなければいけないと、体調の悪さを家族に伝えることはしませんでした。
Hi3f0302 私が住む町では、比較的高級と言われる焼き肉屋さんでしたが、このカルビ、脂だらけでひどいものは、赤いところが1割くらいしかない部分もあります。これが、世間で言うところの高級な肉だと言うんでしょうか?どうにも理解できない・・・・・いやいや、奢って貰ってケチをつけるんじゃないです。単に肉の評価について言っているだけで、よくテレビで「肉汁が・・・・」と言われますが、これ「脂汁」ですよね。そうそう、「にくじる」じゃなくて「にくじゅう」ですよね。

その後、近所のオジサン連中から電話があったので、飲みに出掛けました。

悪いことばかりやっていたので、その夜はのどの痛みは最高潮、昨日もほとんど家の中でゴロゴロしていました。

| | コメント (4)

2011年12月10日 (土)

冷たい朝

今朝は、この冬一番の寒さでしたね。

と言っても、私が出勤する頃はまだそれ程冷たくないので、霜も降りていませんでしたが、日の出前になると停めてある車のフロントガラスが真っ白になっていました。本当に寒い朝は、私が出かける時間に、霜が降りています。
Chidori 海岸にシロチドリの小さな群れが来ていました。ぷっくり膨らんで、とても可愛いです。

きょうの市場はほとんど送りの荷でしたが、ナマコが出ていましたね。それと、コノワタも、1瓶3,500円でした。正月までは高いでしょうね~。

| | コメント (0)

2011年12月 9日 (金)

今年二度目のウツボ

Utsubo1 ウツボが出ていました。先日も出ていたのですが、鮮度にやや難があったので敬遠したら、昨日のヤツは結構新しかったので買ってきました。
Utsubo2 周りのお客さんは「こんな物買ってなにするんだろう?」といった好奇といいましょうか、嘲りといいましょうか、とにかく不思議な目で見られることは確かですよ。

| | コメント (0)

2011年12月 8日 (木)

忘年会

昨夜は、忘年会でした。

近所の料理屋さんで、約40名、これくらいいると大声で話さないと、話が成立しませんし、そのお陰でまた話が聞き取れません。
Bounennkai その昔は、酒とビールが次々に持ち込まれたのですが、昨日は日本酒は5本(5合)しかも、そのうちの3本は、残ってはもったいないと私が飲んだものです。

いつ頃からでしょうか、こういった席で焼酎が飲まれるようになったのは?長崎では、少なくとも昭和50年前後でも、学生という身分でさえ、あまり焼酎は飲まれませんでしたし、宮崎のスナックでも「焼酎」というと「うちには置いてありません」と断られたものです。

その頃、宮崎ではアルコール度数20度のものが主流で、宴会などではそれをお銚子に入れて、燗をつけて飲んでいましたね、お湯割りではなく前もって度数が少ないものを、直接燗をするのです。

焼酎が、九州以外で、家庭でも夜の町でも市民権を得てきたのは、平成に入ってからでしょうか?写真の「いいちこ 下町のナポレオン」ってのはなかなかの、キャッチコピーだったと思います。

隣の「天孫降臨」は芋焼酎ですが、この芋焼酎こそ、ここ数年間でブームになったものだと思います。ただ、偉そうに言うわけではありませんが、あきらかに現在出回っている芋焼酎は、芋の癖が少なくなった大衆迎合芋焼酎だと思います。

今でも、鹿児島の片田舎へ行けば、怖ろしく癖のある焼酎が存在して、地元の方々に飲まれているんだと思います。

ソルマックは、飲んでいません。

| | コメント (2)

2011年12月 7日 (水)

スライム肉まん

ドラゴンクエストシリーズが25周年を迎えたことは以前お知らせしましたが、それを記念してファミリーマートから『スライム肉まん』が売り出されると聞きました。
Dq1 売り出されるとすぐに、ツイッターやブログで紹介されたので、私も近くのファミマに行ったんですが、ありません。

店員さんに聞くと、すぐに売り切れてしまうそうです。ですから、朝晩行っていたのですが、なんと昨日、「100万個売り切れ」になったそうです。100万個ですよ、100万個!
Dq2 こんな色の肉まん、食欲がわかないでしょう。誰が買い占めたんだ!100万個なんてけちけちせずにもっと売り出せ~。次は、赤く色を付けた、スライムベスにしたら。
Dq3

| | コメント (0)

2011年12月 6日 (火)

サヨリヤドリムシ

Sayori1 またサヨリ買いまして、今回は面倒なので、すべて塩焼き用にと、内臓と鰓を取り出すことになりました。そうしたら、いるわいるわ、15尾のサヨリ全てに『サヨリヤドリムシ』と呼ばれる、寄生虫がお住まいになってました。
Sayori3 寄生率100%、鰓は左右にありますから、両方に寄生していたものが約半数の8尾いました。
Sayori2 私、勘違いしてまして、この寄生虫はタイやアカムツに寄生するものたちと同じで、口腔内にいるのかと思ったら、鰓蓋と鰓の間に棲んでいるのですね。

それにしても、魚体の割に大きな寄生虫です。

寄生虫の位置からして、鰓耙に引っかかったサヨリの食べ物を横取りしているんでしょうか?
Sayori4 塩焼きも上品で美味しいですね~。

| | コメント (9)

2011年12月 5日 (月)

いったい、何なの?

Oosaka 選挙が終わった後、最新号の週刊新潮と週刊文春の新聞宣伝です。

あの、橋下バッシングはどうしちゃったんだろう?というくらい、記事はありません。いくら何でも、あれだけ世間を騒がせたW選挙ですし、あれだけ異常に叩きまくったんですから、この扱いはないでしょう。

あそこまで書いてしまって、人権侵害とか考えなかったんでしょうか?

まあ、そのおかげでこれだけの大差がついて、橋下一派が当選できたんだという説が多くありますから、新潮、文春様々かもしれません。あの記事は、見ていても気分悪くなるような、人間としてとても我慢できないような内容でしたからね。

週刊新潮の「私はこう見た」有識者達の「大阪冬の陣」という記事で。有識者なんでしょう、作家・高村薫さんはこうおっしゃってます。「市長選の60.92%という高い投票率をみると、普段は選挙に行かない若者や女性が投票したのでしょう」ここまでは良いですよね。しかし「正直なところ、政治意識が高く地方自治を自分たちの問題として日々考えている層とは異なる層です。大阪を変えて欲しいという漠然とした気分で投票した・・・・・そうでなければ、維新の会の圧勝は説明がつきません」この方、かなり今回の結果が気に入らなかったんでしょうが、それ程までに庶民が怒っているということに気がつかないし、庶民を馬鹿にしてますよね。

どのような形にしろ、正当な有権者が、清き一票を投じたわけですから、その結果投票率がぐんと上がったのです。有識者として、そのことに賛辞を呈するべきじゃないでしょうか。

「政治意識が高く地方自治を自分たちの問題として日々考えている層とは異なる層です」これ以外の方が投票したからいかんのだ、と言いたいのでしょうか?最終的には、ヒットラーやナチスより悪い、と結論づけていますが、いくらなんだってね~・・・ヒステリックすぎます。まあ、この方の本だけは読まないようにしましょう。

| | コメント (0)

2011年12月 4日 (日)

除染と移住

News_3 私、業界新聞だとか、××ジャーナリストだとかは、あまり信用していないんですが、これは私の弟ですのであまりけなすわけにはいきません。

なにしろ、政府の震災復興がまるっきりお話になりませんので、いろいろな方がいろいろな考えで 手助けして欲しいものです。

新聞の画像をクリックすると大きくなって読むことができると思います。

また1月~6月まで、東京新聞(中日新聞)夕刊で、週一回「紙つぶて」というコラムを担当するそうです。私は朝日新聞なので読むことができませんが・・・・・

| | コメント (0)

2011年12月 3日 (土)

イカ墨

魚兼さんのおにーちゃんに「アオリイカありますよ、好きでしょ」と言われてしまったけど、おにーちゃん、アオリイカが好きなんじゃなくて、安いアオリイカが好きなんだよ、良く覚えておいてね。
Aori1 でも、買ってきました。3バイ1,000円、決して安くはありませんが、隣のコウイカが同じくらいで800円でしたから、それを見てしまうと、こりゃ安いってことになるのです    よ。
Aori3 手前がアオリイカの刺身、奥の糸造りは前日仕入れたヤリイカです。ヤリイカ、ちょっと固いので糸造りにせざるを得なかったですが、味は良いです。

アオリイカも固いかと思って、表面に飾り包丁を入れてありますが、それ程固くはありませんでした。味も良いです、ヤリイカとアオリイカ、イカの刺身の双璧ですね。
Aori2 さて、ゲソと耳はイカ墨炒めにしてみました。

ニンニクをオリーブオイルで炒め、白ワインを入れてから、イカ墨を溶かし、ゲソを入れて炒めただけです。味付けは塩のみ。

これがまた、美味しくて大評判でした。

茹でたパスタを入れれば、イカ墨パスタかな?

| | コメント (0)

2011年12月 2日 (金)

船場・・・・鍋

大きなサバがあったので買ってきました。
Saba1 全長50cmあります。産地を聞いたら、長崎、五島だそうです。
Saba2 とりあえず、塩をして締めます。

これで、酢に浸ければしめ鯖ですが、しめ鯖は先日しっかり食べたので、今回は「船場汁」ならぬ「船場鍋」をやってみました。

ご存知、船場汁は、大阪船場で塩鯖の頭や、アラをダシにして大根やネギを入れた汁にしたもの。早い話が節約料理です。

今回、もちろんアラも使いますが、脂ののった身も薄切りにして(小骨は全て抜いておきました)、サッと湯に通した塩鯖と野菜たっぷりでいただきました。
Saba3 野菜は、ネギ、大根だけでなく、何でも合いますが、水菜もシャキッとしてとても美味しいですよ。
Saba4 野菜もサバも火が通りやすく切ってありますので、煮えると同時に食べていきます。

これから、大根や白菜が美味しい季節になりますから、寒い晩にはぜひお試し下さい。市販の塩鯖で充分です。

| | コメント (4)

2011年12月 1日 (木)

大相撲

稀勢の里さんが大関昇進だそうです。

大関昇進に当たっては、三役の地位にあって3場所の合計勝利数が、33勝以上あることが最近の目安となっているようですね。多少のおまけはあるようで、今回の稀勢の里さんは32勝だったそうです。

さて、この大関という地位ですが、二場所連続で負け越さない限り、例え8勝6敗が続いてもやめなくて良いわけで、実にぬるま湯に浸かったような地位だと言えるわけです。何故なら、横綱という地位は、あまりにもふがいない成績が続けば、引退勧告があるのですから、横綱になっても精進しなければ、その地位を守ることはできません。

現在の、大関と呼ばれる人たちは、むしろ最高位の横綱になることは避けており、大関という地位で安穏と長い間相撲取りをした方が得だと考えているのではないでしょうか。大関が最終目的で、それまでは頑張るけど、後は手を抜いて怪我をせずにってのが見え見えで、大関になってからの相撲が全く面白くありません。

ま、この様なわけで、幕内勝利数などは大関の地位の方が有利で、横綱では不利といわざるを得ません。魁皇さんの記録をけなすわけではありませんが・・・・・

ですから、大関も昇進してからのノルマというものも必要ではないでしょうか。年間60勝以上しなければ大関陥落とか、一年間に一回は横綱に勝つとか、大関になってからも努力して、できれば横綱を目指す事を常にしていなければ、大相撲は面白くなりません。

今の大相撲、白鵬さんが強すぎるんじゃなくて、大関が横綱になる気がないから、この様な結果になっているんだと思いますよ。稀勢の里さん、昇進の口上に四文字熟語を使わなかったんですって、とても素晴らしい、書けったって書けない、意味も分からない四文字熟語を使うより、ずっと覚悟が伝わってきます。

ぜひ、横綱目指して頑張ってください。

| | コメント (2)

« 2011年11月 | トップページ | 2012年1月 »