« 当たり | トップページ | 船場・・・・鍋 »

2011年12月 1日 (木)

大相撲

稀勢の里さんが大関昇進だそうです。

大関昇進に当たっては、三役の地位にあって3場所の合計勝利数が、33勝以上あることが最近の目安となっているようですね。多少のおまけはあるようで、今回の稀勢の里さんは32勝だったそうです。

さて、この大関という地位ですが、二場所連続で負け越さない限り、例え8勝6敗が続いてもやめなくて良いわけで、実にぬるま湯に浸かったような地位だと言えるわけです。何故なら、横綱という地位は、あまりにもふがいない成績が続けば、引退勧告があるのですから、横綱になっても精進しなければ、その地位を守ることはできません。

現在の、大関と呼ばれる人たちは、むしろ最高位の横綱になることは避けており、大関という地位で安穏と長い間相撲取りをした方が得だと考えているのではないでしょうか。大関が最終目的で、それまでは頑張るけど、後は手を抜いて怪我をせずにってのが見え見えで、大関になってからの相撲が全く面白くありません。

ま、この様なわけで、幕内勝利数などは大関の地位の方が有利で、横綱では不利といわざるを得ません。魁皇さんの記録をけなすわけではありませんが・・・・・

ですから、大関も昇進してからのノルマというものも必要ではないでしょうか。年間60勝以上しなければ大関陥落とか、一年間に一回は横綱に勝つとか、大関になってからも努力して、できれば横綱を目指す事を常にしていなければ、大相撲は面白くなりません。

今の大相撲、白鵬さんが強すぎるんじゃなくて、大関が横綱になる気がないから、この様な結果になっているんだと思いますよ。稀勢の里さん、昇進の口上に四文字熟語を使わなかったんですって、とても素晴らしい、書けったって書けない、意味も分からない四文字熟語を使うより、ずっと覚悟が伝わってきます。

ぜひ、横綱目指して頑張ってください。

|

« 当たり | トップページ | 船場・・・・鍋 »

コメント

>昇進の口上に四文字熟語を使わなかったんですって、とても素晴らしい、書けったって書けない、意味も分からない四文字熟語を使うより、ずっと覚悟が伝わってきます
ウンウン、全く同感です!
大関の地位にそのような考えがあるとは目から鱗です。
それにしても、大関はだらしないね~、覇気が感じられない。

投稿: 北割 | 2011年12月 2日 (金) 21時30分

昔は、これに加え「大関互助会」ってのがあって、八百長で延命工作してたんですから、相撲が面白くなくなるわけです。

大関が最終目的、ばるとさんもことおうしゅうさんも、大関になる前は面白かったし、必死でしたよね。今は、ヘタに横綱になっちゃいけないんですよ。

投稿: からっぽ親父 | 2011年12月 3日 (土) 13時49分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 当たり | トップページ | 船場・・・・鍋 »