« カサゴの煮付け | トップページ | からっぽ親父 »

2012年1月16日 (月)

鍋の季節ですね~、どんな鍋が好きかというどこかのアンケートで、トップになったのがキムチ鍋だという話がありましたが、そりゃあキムチ鍋も悪くはありませんが、一位になるとは考えられません、捏造でしょうね。我が家では一二度やったことがありますか・・・・・

この日は、朝から鍋と決めていたので、この牡蠣のむき身を買ってきました。確か昨年も買ったと思います。豊橋の天然牡蠣のむき身だそうです。
Kaki 牡蠣って養殖する場合でも餌を与えるわけではないので、味が変るって事はないように思っていたんですが、食感は確かに違いますね。天然物の方が身がしっかりしているのに、歯切れが良いといいましょうか。これは佐久島の小さな天然ガキをいただいた時にもそのように感じました。ですから、小さなものでも醤油で煮付けるとしっかりしているんです。

これって、種類の違いでしょうか?それとも、干潮時に牡蠣が干上がっているためでしょうか?まあ、同じ地区の天然物と養殖物を比較しているんじゃないから、分かりませんよね。
Kawahagi ちょっと小振りのカワハギですが、肝を傷つけないように、腹に収めてあります。

牡蠣からもカワハギからも良い出汁が出ますし、冬野菜は美味しいし、毎日鍋でも良いです。我が家は、鍋そのものに味を付けることは少なく、それでも少量の塩を入れることはkinちゃんに教えて貰ったのでやってますが、小皿に取ってから醤油や、柑橘酢に紅葉おろしや柚子胡椒などの薬味を加えて、各自お好みの味にしています。

|

« カサゴの煮付け | トップページ | からっぽ親父 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« カサゴの煮付け | トップページ | からっぽ親父 »